SEO

ベニス・アップデート後に考えること

ベニス・アップデートに伴い、ベニスの対象となるキーワードを施策しているサイト運営者の中には「どうしたら良い?」と嘆かれている方も多いと思います。私もすでに何件もご相談いただいておりまして…そこで、今回はベニス対策の一環としてのご進言内容をまとめました。全てではないと思いますが、何かのご参考としてお含みおきください。 そもそもサービス対象外のエリア … “ベニス・アップデート後に考えること” の続きを読む

検索ニーズを拾った施策事例

今回は検索クエリから考えたページの成功事例についてふわふわっとご紹介します。 その前に一般検索結果からのクリック率を再度おさらいしましょう。ここ最近の事例では、「海外SEO情報ブログ」でご案内されていたCATALYSTのCTRデータとNetBoosterのCTRデータが私にとって記憶に新しいのですが、私は一般検索結果のクリック率をざっくりこんな感じで把握して … “検索ニーズを拾った施策事例” の続きを読む

AnalyticsがWMTの情報を含有!?

以前「ベニス・アップデートが検証方法を深める!?」にてSEOの効果検証方法をアクセス軸にする旨をご紹介しました。要は「一般検索からのアクセス数を最大化するために検索順位を上げるのが目的であれば、(ベニスが良い機会だし)そもそものアクセス数で効果検証すべきではないか」というお話です(※「どうしてもあの競合他社サイトよりも検索順位を上にしたい」とかの感情論を除く … “AnalyticsがWMTの情報を含有!?” の続きを読む

やっぱりレスポンシブデザイン!?

今年は間違いなくモバイルSEO(≒スマホSEO)元年となるでしょう。なると思います。ですので私も改めて「スマホ専用URLにおけるアノテーション」をご案内しましたし、つい先日もGoogleはWebmastersのGoogle+で再喚起していました(Google公式のアノテーション設定法はコチラ)。そこで、今回はそもそもスマホサイトにおいて”レスポン … “やっぱりレスポンシブデザイン!?” の続きを読む

美しいディレクトリ構造とは

企業のサイトを拝見しているとどうしても自社サービス紹介のためのサイトという作りになりがちで、ディレクトリ構造も自社サービスを細分化していくような構造になっているケースが多いです。にも関わらずそのサイトを「〇〇(一般用語)というキーワードで検索順位を上げたい」等と考えたりするケースがあり、酷い場合は「サイト内部を一切修正できないけど検索順位を上げたい」という方 … “美しいディレクトリ構造とは” の続きを読む

見出しタグの設定について

titleの設定やdescriptionの設定について今までご紹介してきましたが、せっかくなので色々と紹介していこうと思い、今回は見出しタグの設定についてご紹介します。意外と侮るなかれっていうイメージが私にはあるのですが、皆様がどれくらい注視しているのか気になるところでもあります。私が仕事で実際に見出しタグを入念に考える際は(ルール付け含めて)サイト作成時や … “見出しタグの設定について” の続きを読む

descriptionの設定について

※ 2018年1月現在でdescriptionの仕様に変化がございましたので、書き直しています。 こういう機会なので、今回は<meta description>の設定についてご紹介したいと思います。以前に「タイトルの設定について」はご紹介しましたが、意外と疎かにしてしまいがちなのはdescriptionです。私がご提出する内部指示書でも2番バッタ … “descriptionの設定について” の続きを読む

ベニス・アップデートが検証方法を深める!?

ここ最近、お取引先企業サイトで施策していることが多い「〇〇師 求人」等で検索すると、同じ時刻でも別IPで検索した場合の検索順位が異なるケースが多くなってきています。もちろんシークレットモード(例えばGoogle Chromeだと「Shift+Ctrl+N」で出現する別ウィンドウ)や各種順位チェックツールでも微妙に順位が異なります。これはいよいよベニス・アップ … “ベニス・アップデートが検証方法を深める!?” の続きを読む

手が空いている時にやっておきたいこと

私の考え方は「キーワードとサイト設計」でも述べている通り、あらゆる派生ワードや関連ワードで1位を奪取していれば、最も順位を上げたいビッグワードでも1位を取れるということに変わりはありません。さらに全体のアクセス数を向上させたいのであれば、派生ワードや関連ワードとなるミドル~ロングテールキーワードでの順位向上は必須となります。派生ワードや関連ワードの確認は前述 … “手が空いている時にやっておきたいこと” の続きを読む

スマホ専用URLにおけるアノテーション

最近は、Googleもスマホに対する注意やガイドラインが多くなってきており、私は来年あたりにスマホ専用のクローラーが飛躍的に開発されるのではないか、と予測しています。モバイルフレンドリーテストでAwesome(問題ありません)と出現するようであれば、スマホの検索結果のスニペットに「スマホ対応」と出現するようにもなっておりますし、WebMastetToolでの … “スマホ専用URLにおけるアノテーション” の続きを読む