Search Console Insightsのβ版

Googleはこの度、一部のサイトに対して(ユーザーではない)、Search Console Insightsのベータ版を提供するようになりました。私も管理しているサイトの1つがベータ版の対象として閲覧できましたので、ご紹介します。

ふわふわ

Googleからの発表内容

Googleが公式ツイートした内容は以下の通りです。

本日、新たな体験サービスであるSearch Console Insightsのベータ版を提供開始しました。これは、情報に基づいた判断とコンテンツ改善に役立つデータをサイトオーナーに提供することを目的としています。詳細はこちら→ https://search.google.com/search-console/insights/about

引用)@googlewmcより和訳

急な発表でしたね。ちなみに私には招待メールは届いておらず、普通にSearch Console Insightsで閲覧できる状態になっていましたが、翌日↓の招待メールが届きました。

メール

ふわふわ

Search Console Insightsとは

Search Console Insights(以下:SCI)は、登録しているGoogle AnalyticsとGoogle Search Consoleで確認できるデータの中から主要な部分だけ抜き取り、簡易的にどこからでも分かりやすくチェックできる(要はスマホで閲覧できる)アプリケーションです。詳細はそれぞれGoogle AnalyticsやGoogle Search Consoleを確認すれば良いのですが、ザックリ状況をサクッと知りたい人には便利かもしれません(個人が自分のWebサイトを見る程度であれば充分ですが、ビジネスとして法人サイトを見るのであれば別に使わない気がします…ザックリ過ぎますので)。

ただ、Googleのイメージ的にはSite Owner(サイト所有者、運用者)というよりもContents Creator(コンテンツ作成者)向けの機能としての狙いが強そうです。にしても、ザックリすぎますが…(笑)。
 

Search Console Insightsは、コンテンツの作成者とパブリッシャー向けに調整された新しいエクスペリエンスです。オーディエンスがどのようにしてサイトのコンテンツを発見し、何に興味を引かれるのかを理解するのに役立ちます。この新しいエクスペリエンスは、Search ConsoleとGoogleアナリティクスの両方のデータで強化されています。

引用)Search Console Insights

 

私が管理しているウ○コみたいなWebサイトが今回のベータ版に招待されていましたので(Googleは本当に任意抽出したのだと思います)、数値が悪すぎて微妙ですが、以下色々と詳細をご紹介します。
 

Search Console Insightsのベータ版で確認できる項目

  • サイトのパフォーマンス:過去28日間のページビューと平均ページビュー時間
  • 新しいコンテンツ:過去28日間の新規ページ
  • 最も人気のコンテンツ:過去28日間のPV数順ページ
  • 上位のトラフィック チャネル:過去28日間の訪問者のアクセス元のチャネル
  • Google検索:過去28日間のGoogleでのサイトへのアクセス経路(クエリ)
  • 他のサイトからの参照リンク:外部リンクしているウェブ上のページ
  • ソーシャル メディア:ソーシャル メディアからのサイトへのアクセス経路

 

各項目の横にある説明アイコンをタップすると以下のように項目説明がポップアップします。
 

Search Console Insightsのベータ版で確認できる項目説明

項目説明キャプチャ

 

画面自体を以下キャプチャーでご紹介します。数値が悪すぎて一部表示されていません。これじゃあフィードバックもしづらいのですが…Google側もベータ版のサイト選定基準に、最低PV数を設けていただければ…ありがたいのですが…(笑)。

ベータ版サンプル

ふわふわ

個人ブログサイズなら有益

繰り返しますが、とにかく情報がザックリ過ぎてまして…ビジネスとして活かすにしてはだいぶ物足りません。このSCIの利用シーンとして、通勤時の電車の中や入浴時等を考えると、ある程度お気楽なWebサイトの方が良いので、個人ブログ等の確認がうってつけのような気がします。

「このタイミングで流入が激増した背景には検索クエリとしてこの評価が高まったためであり、それはつまりコンテンツとして……」みたいな感じでビジネスライクに考えるより、「おっ、なんか伸びてるぅー」くらいの心意気が求められるでしょう(笑)。

でもまだベータ版ですし、これからもっと色々な見せ方や分かりやすさの進化があるかもしれませんので期待しましょう。
一方で、Google AnalyticsやGoogle Search Consoleを超える情報にはならないはずですので、情報自体の進化には期待しないほうが良いかもしれませんね。


関連記事

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

WebフォントとSEO

最近、5Gや表示速度、Core Web Vitals等に対する世間での意識が高まっているせいか、「Webフォントってどう思います?」というご質問をよくいただきますので、私なりの意見をご紹介しておこうかと思います。 Webフォントとは 今さらご説明も不要かと思いますが、Webサイトに表示するテキストフ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。