リダイレクト元のURLが検索結果に表示される

URLやドメインを移行した際、しっかりと301リダイレクトしているにも関わらず、リダイレクト元の方のURLがGoogleの検索結果に表示されるケースがあります。これについて、Googleの中の人が明言してくれていますのでご紹介したいと思います。

カート風景

ふわふわ

どういうケース?

例えばドメインの引越しをしたとしましょう。当然以前のドメインから新しい(正規の)ドメインにリダイレクトを設定するわけですが、これをしっかり301リダイレクト設定したとします。手法としては間違っていません。たまに302リダイレクトを設定してしまう人がいますが、元来302リダイレクトとは短期的な移行の際に用いられるステータスコードですので、今後もずっと新しいドメインを正規化するのであれば、301リダイレクトが正しいです。

一応、Googleも長期的な302リダイレクトは301リダイレクトと同じ扱いをするようにしてくれているらしいのですが、出来るのであれば301リダイレクトが好ましいですね。ちなみに、302リダイレクトの場合は検索結果にリダイレクト元(以前のほうのドメインやURL)が表示される仕様になっているようです。302リダイレクトは短期的な移行を目的としているはずですので、都度正規ドメインURLを表示するのではなく、本来のドメインURLを表示しようとしてくれているのかもしれません。長期的に302リダイレクトを行っている場合は…都度確認した方が良いでしょう。

さて、今述べてきた内容が現時点でのリダイレクトとその扱いなわけですが、実際に301リダイレクトを設定していても、リダイレクト元のほうが検索結果画面に表示されるケースもあるようなのです。

状況

「しっかりと301設定してるのになぜ?」と思うサイトオーナーもいるでしょう。この件に関して、ちょうど「Search Engine Roundtable」で触れられていました。

ふわふわ

以前のドメインURLで検索した場合はそのドメインURLで表示する仕組み

Search Engine Roundtableでの記事の内容は、「siteコマンドでリダイレクト前のドメインを入力すると、301リダイレクトを設定しているのにも関わらずリダイレクト前のURLが表示される」というものです。

GoogleのJohn Mueller氏は、これについて「古いURLを明示的に要求している場合は、現在の(新しい)コンテンツを古いURLで表示します」とツイートしています。「明示的」という言い方だと分かりづらいとは思いますが、要はリダイレクト前のドメインURLをそのまま検索したり、siteコマンドで検索にかけると、そのままリダイレクト前のURLが表示される仕組みになっているようです。

Googleのsiteコマンドは、301リダイレクトを使ってURLがリダイレクトされた場合でも、入力したsiteコマンドに合わせてURLを表示します。このような形でsiteコマンドが機能してきたのを何年も見てきました。Googleがなぜこのような手法を取るのか、GoogleのJohn Mueller氏とDanny Sullivan氏がそれぞれの見解を述べています。

引用)Search Engine Roundtableより意訳

Danny Sullivan氏のツイート「あなたが特定のドメインでsiteコマンドを使った際、301リダイレクトであろうがなかろうが、Googleはあなたが検索したほうのドメインを表示します、一方で検索順位を決定する際にその301リダイレクトがあることは認識しています。John Mullerの方が上手く説明できるかな。」

引用)Search Engine Roundtableより意訳

John Mueller氏のツイート「私たちは古いURLが新しいものと同等の意味を成すと分かっているので(古いURLをクリックしたら新しいURLに行きますよね)、新しいコンテンツであっても古いURLで画面に表示することもあります。リダイレクトの処理が終わっていれば、古いコンテンツが表示されることはありません。」

引用)Search Engine Roundtableより意訳

実際、ドメインURLやsiteコマンドで検索するということは、そのドメインURLを探しているわけですので、新しいドメインURLで表示するより検索者には理解しやすいだろうという考えなのでしょう。このGoogleの仕様には合点がいきます。ドメインが移行した際、以前のドメインしか知らないユーザーにだって、ちゃんと新しいドメインに来訪してもらいたいですもんね。

というわけで、以前実際にこの場面に遭遇された人にご相談を受けた際、私は明確に回答できなかったので、今回こうしてご紹介してみました。


関連記事
新型コロナウィルスの影響により、実店舗だけでなく(特に物流ビジネスを主としている)オンラインビジネスでも停滞を余儀なくされているサイト運用者もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな運営の停滞に伴って、Google検索におけるSEO上の措置についてGoogleが案内してくれていますので、ご紹介します ...(続きを読む)
SEOに向けて分析している中で、「競合サイトや他の業界はどのくらいのペースや頻度でページを増加しているんだろう」と思ったことはございませんか? 以前、before/after:の検索コマンドをご紹介したことはありましたが、厳密に日付単位で順位状況は分かっても、その時期に公開されたページかどうかは分か ...(続きを読む)
コロナウィルスによって、エンターテイメント業界中心に数多くのイベントや催事が世界レベルで中止や延期になっていますよね。経済破綻の恐れもある中で、各運営元も選択を余儀なくされています。そんな時、検索ユーザーに対してもいち早く対応できるよう、構造化データの共同母体であるSchema.orgの情報更新に伴 ...(続きを読む)
最近耳にするようになった「リードナーチャリング」という言葉。マーケティング用語の一環ですが、その名の通り「lead(導いて)」「nurturing(育てる)」という意味からも、潜在顧客にアプローチし購買意欲を高めるための見込み顧客育成として使われます。要はリーチした潜在顧客をCold→Cool→Wa ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。