リダイレクト元のURLが検索結果に表示される

URLやドメインを移行した際、しっかりと301リダイレクトしているにも関わらず、リダイレクト元の方のURLがGoogleの検索結果に表示されるケースがあります。これについて、Googleの中の人が明言してくれていますのでご紹介したいと思います。

カート風景

ふわふわ

どういうケース?

例えばドメインの引越しをしたとしましょう。当然以前のドメインから新しい(正規の)ドメインにリダイレクトを設定するわけですが、これをしっかり301リダイレクト設定したとします。手法としては間違っていません。たまに302リダイレクトを設定してしまう人がいますが、元来302リダイレクトとは短期的な移行の際に用いられるステータスコードですので、今後もずっと新しいドメインを正規化するのであれば、301リダイレクトが正しいです。

一応、Googleも長期的な302リダイレクトは301リダイレクトと同じ扱いをするようにしてくれているらしいのですが、出来るのであれば301リダイレクトが好ましいですね。ちなみに、302リダイレクトの場合は検索結果にリダイレクト元(以前のほうのドメインやURL)が表示される仕様になっているようです。302リダイレクトは短期的な移行を目的としているはずですので、都度正規ドメインURLを表示するのではなく、本来のドメインURLを表示しようとしてくれているのかもしれません。長期的に302リダイレクトを行っている場合は…都度確認した方が良いでしょう。

さて、今述べてきた内容が現時点でのリダイレクトとその扱いなわけですが、実際に301リダイレクトを設定していても、リダイレクト元のほうが検索結果画面に表示されるケースもあるようなのです。

状況

「しっかりと301設定してるのになぜ?」と思うサイトオーナーもいるでしょう。この件に関して、ちょうど「Search Engine Roundtable」で触れられていました。

ふわふわ

以前のドメインURLで検索した場合はそのドメインURLで表示する仕組み

Search Engine Roundtableでの記事の内容は、「siteコマンドでリダイレクト前のドメインを入力すると、301リダイレクトを設定しているのにも関わらずリダイレクト前のURLが表示される」というものです。

GoogleのJohn Mueller氏は、これについて「古いURLを明示的に要求している場合は、現在の(新しい)コンテンツを古いURLで表示します」とツイートしています。「明示的」という言い方だと分かりづらいとは思いますが、要はリダイレクト前のドメインURLをそのまま検索したり、siteコマンドで検索にかけると、そのままリダイレクト前のURLが表示される仕組みになっているようです。

Googleのsiteコマンドは、301リダイレクトを使ってURLがリダイレクトされた場合でも、入力したsiteコマンドに合わせてURLを表示します。このような形でsiteコマンドが機能してきたのを何年も見てきました。Googleがなぜこのような手法を取るのか、GoogleのJohn Mueller氏とDanny Sullivan氏がそれぞれの見解を述べています。

引用)Search Engine Roundtableより意訳

Danny Sullivan氏のツイート「あなたが特定のドメインでsiteコマンドを使った際、301リダイレクトであろうがなかろうが、Googleはあなたが検索したほうのドメインを表示します、一方で検索順位を決定する際にその301リダイレクトがあることは認識しています。John Mullerの方が上手く説明できるかな。」

引用)Search Engine Roundtableより意訳

John Mueller氏のツイート「私たちは古いURLが新しいものと同等の意味を成すと分かっているので(古いURLをクリックしたら新しいURLに行きますよね)、新しいコンテンツであっても古いURLで画面に表示することもあります。リダイレクトの処理が終わっていれば、古いコンテンツが表示されることはありません。」

引用)Search Engine Roundtableより意訳

実際、ドメインURLやsiteコマンドで検索するということは、そのドメインURLを探しているわけですので、新しいドメインURLで表示するより検索者には理解しやすいだろうという考えなのでしょう。このGoogleの仕様には合点がいきます。ドメインが移行した際、以前のドメインしか知らないユーザーにだって、ちゃんと新しいドメインに来訪してもらいたいですもんね。

というわけで、以前実際にこの場面に遭遇された人にご相談を受けた際、私は明確に回答できなかったので、今回こうしてご紹介してみました。


関連記事
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)
今回は個人的な見解の話です。 最近は、ブラックなSEO業者もあぶり出されつつあるようで、SNSでも悪質なSEO業者だと指摘されるケースも多く見受けられます。それはそれでSEOが健全になっている証拠かとも思いますし、非常に良いことです。しかし同時に、それはSEO発注元とホワイトなSEO業者の声が強いわ ...(続きを読む)
Googleは、米国現地時間2019年8月7日、Googleの各種ツール内でもレンダリング結果を最新で確認できるようになったとWebmaster Central Blogで発表しましたので、その内容をご紹介します。 あらゆるツールでGoogleのレンダリング状況を最新に Googleでは、今年の5月 ...(続きを読む)
既に何度かテスト的に経験したことがあるかとは思いますが、米国現地時間8月6日、Googleは正式に検索結果画面のUIデザインを変更したことを発表しました。The Keywordより意訳してご紹介します。 画像検索から検索心理を満たしやすくするために... The Keywordでは、以下のように紹介 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。