ウェブストーリー対応を確認する

Googleは、従来のAMPテストツールに関して、ウェブストーリー化できているかの確認もできるようになったと発表しました。ウェブストーリーはもともとAMPストーリーと呼ばれていたものでして、検索結果から対応しているサイトページ内の画像や動画のスライドショーを閲覧できる機能(Instagramストーリーズみたいな見え方)です。

ウェブストーリー

ふわふわ

どんな内容?

今回Googleが発表したのは、AMPテストツールでウェブストーリー対応しているかどうかの確認が出来るようになったことと、Google Search Consoleでの検索パフォーマンスレポートの[検索タイプ]内表記が[AMPストーリー]から[ウェブストーリー]に変わったことの2点です。

本日より、AMPテストツールにおいて、AMPドキュメントがウェブストーリーでも有効かを検証できるようになりました。AMPテストツールと検索パフォーマンスレポートでは、ウェブストーリーという用語を使用してこの形式を識別します。
詳細はこちら→ https://amp.dev/about/stories/
ページのテストはこちら→ https://search.google.com/test/amp

引用)@googlewmcより和訳

実際にAMPテストツールを開きながら、ウェブストーリー対応しているかどうか確認すると、以下のように「有効なウェブストーリー」有無だけでなく「結果をプレビュー」で2パターンの表示イメージを確認することが出来ます。

AMPテストサンプル

AMPテストサンプル2

Google検索デベロッパーガイド内の記事でもAMPテストツールの使用を促進していますね。

Google検索デベロッパーガイド
ガイド記事

ふわふわ

AMPも重要

Core Web Vitalsによる表示速度の話の陰に隠れてあまり目立たなかったAMPの話ですが、引き続きGoogleは注力していますし、こうしてウェブストーリーにも影響しますので、引き続きAMPには注視しておくと良いでしょう。

自動的にページがAMP化されるようにシステムを組むことが出来れば最高ですね。WordPressはプラグインで対応可能なので、あとは元のページに合わせてデザインをカスタムすれば良いだけです。


関連記事

Search On 2020の内容

米国現地時間10月15日にGoogleがオンライン開催したSearch On 2020。このフォローアップ記事がThe Keywordに掲載されていますので、和訳しながらご紹介したいと思います。結構長いので、挫けず頑張ります...。 The Keywordより ブログ掲載されている内容をまずは和訳し ...(続きを読む)

文節(passages)単位でマッチング

Googleは検索クエリに対するマッチングとして、ただのページ単位での概念でなく、コンテンツの一節のみでも最適な回答になっていると判断した場合、検索上位に影響してくる旨を発表しました。Search Onのイベント内で発表したようですが、Twitterでもフォローアップしていましたので、ご紹介したいと ...(続きを読む)

今後のコンテンツと目次

Googleのニューラルマッチングシステムの技術により、検索クエリを通して検索者を理解する概念が高まっています。検索者を理解する概念というのは、つまり「どんな人によるニーズか」という概念です。そして、その概念が、(今度はRankBrainによって概念化された)コンテンツとどうマッチングして検索ランキ ...(続きを読む)

鼻歌検索

いよいよGoogle検索を通して鼻歌で曲を探すことができるようになりました。(Googleアシスタント等に入力される)音声検索で音の連鎖でマッチングした結果を表示するようです。米国現地時間10月15日にGoogleが発表しました。 Googleの発表内容 The Keywordで発表されたGoogl ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。