ウェブストーリー対応を確認する

Googleは、従来のAMPテストツールに関して、ウェブストーリー化できているかの確認もできるようになったと発表しました。ウェブストーリーはもともとAMPストーリーと呼ばれていたものでして、検索結果から対応しているサイトページ内の画像や動画のスライドショーを閲覧できる機能(Instagramストーリーズみたいな見え方)です。

ウェブストーリー

ふわふわ

どんな内容?

今回Googleが発表したのは、AMPテストツールでウェブストーリー対応しているかどうかの確認が出来るようになったことと、Google Search Consoleでの検索パフォーマンスレポートの[検索タイプ]内表記が[AMPストーリー]から[ウェブストーリー]に変わったことの2点です。

本日より、AMPテストツールにおいて、AMPドキュメントがウェブストーリーでも有効かを検証できるようになりました。AMPテストツールと検索パフォーマンスレポートでは、ウェブストーリーという用語を使用してこの形式を識別します。
詳細はこちら→ https://amp.dev/about/stories/
ページのテストはこちら→ https://search.google.com/test/amp

引用)@googlewmcより和訳

実際にAMPテストツールを開きながら、ウェブストーリー対応しているかどうか確認すると、以下のように「有効なウェブストーリー」有無だけでなく「結果をプレビュー」で2パターンの表示イメージを確認することが出来ます。

AMPテストサンプル

AMPテストサンプル2

Google検索デベロッパーガイド内の記事でもAMPテストツールの使用を促進していますね。

Google検索デベロッパーガイド
ガイド記事

ふわふわ

AMPも重要

Core Web Vitalsによる表示速度の話の陰に隠れてあまり目立たなかったAMPの話ですが、引き続きGoogleは注力していますし、こうしてウェブストーリーにも影響しますので、引き続きAMPには注視しておくと良いでしょう。

自動的にページがAMP化されるようにシステムを組むことが出来れば最高ですね。WordPressはプラグインで対応可能なので、あとは元のページに合わせてデザインをカスタムすれば良いだけです。


関連記事
Googleは画像ライセンスに関する構造化データのマークアップに関して、2020年2月に導入して以来、ずっと開発中でした(マークアップしておくことはできた)。ベータ版というのはそのままですが、この度、その画像ライセンスに関して、リッチリザルトテストツールで検証でき、Google Search Con ...(続きを読む)
今年3月にGoogleは9月に全サイトページを強制的にモバイルファーストインデックス(以下:MFI)化すると発表していましたが、コロナ禍ということもあり、来年(2021年)3月に延期することを決めました。併せて、改めてMFIに向けて事前に準備しておきましょう的な記事を公開しておりますので、和訳してご ...(続きを読む)
昨年12月にGoogleニュース検索での表示に関して、サイトオーナー側は特別な申請が無くなりました。つまり、Googleニュースのコンテンツポリシーさえ遵守していればどんなサイトメディアでもニュース枠への掲載候補となっています。そして、この度そのニュース枠掲載状況をサイトオーナーはGoogle Se ...(続きを読む)
Google Discoverにおいて、サイトオーナーに向けてSearch Consoleヘルプ内のサポート記事を更新したとGoogleは発表しました。日本語版では未更新ですが、英語版は更新されていますので、ご紹介したいと思います。 We’ve updated our publisher suppo ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。