SEO

AMPとオリジナルページは同じ内容に

Googleは米国現地時間11月16日、AMP対応ページと(そのcanonical先である)オリジナルページの内容が同じであることをAMP条件にすると発表しました。2018年2月1日からこのルールが適用されるとのことです。 新しいAMPルールの背景 Google Webmaster Central Blog(英文)によれば、2015年に始まったAMPは現在2 … “AMPとオリジナルページは同じ内容に”の続きを読む

1社で複数サイトを運用すること

1社で似たようなサイトを複数運用しているケースがまだまだ多く存在しているように見受けられます。例えば、対象エリアが違うだけの賃貸情報サイト、職種や業界が違うだけの求人サイト、相談切り口が違うだけの士業サイト等です。今回はこういったケースについて、私の持論も含め見解をご紹介したいと思います。 複数サイトを運用している例とは イチ企業が複数のサイト運用を行ってい … “1社で複数サイトを運用すること”の続きを読む

MFIに向けた対応策は?

この仕事をしていると「今後のMFIに向けて、改善策や取り組みを教えてください」とよく問い合わせを受けます。しかし、この手の質問をしてくる人はMFIを漠然としか理解していないからだと思います。ですので、ここにふわふわっと記載しておきます。 MFIとは何か 今さらながら、おさらいのおさらいのおさらいとして記載しておきますと…Googleにおける検索デ … “MFIに向けた対応策は?”の続きを読む

FCFからフレキシブル サンプリングへ

以前にも海外SEO情報ブログで取り上げられていましたFCFの廃止に関して、Googleウェブマスター向け公式ブログでも取り上げられていましたので、そのご紹介です。 FCFとは 以前にもご紹介しましたが、会員(有料)登録しないと読めない記事等(ペイウォールコンテンツ)に関して、Google検索から該当ページに入った場合は、1日3本まではその記事ページを全部読む … “FCFからフレキシブル サンプリングへ”の続きを読む

外部サイトにウケるを図る

SEOランキングシグナルのひとつとして外部リンクがありますが、単純に数多くのサイトからリンクされていれば効果的と言い切れる時代は随分前に終わっています。そして外部リンク…いや、外部施策は作るのではなく、仕掛ける努力をする時代です。今回はそんな、外部サイトから支持を受ける手段についてふわふわっとご紹介したいと思います。 3つのウケを探る 外部評価と … “外部サイトにウケるを図る”の続きを読む

さくらがLet’s Encrypt実装可能に

先日、シマンテック傘下SSLをChromeが失効するということをお伝えしました。その際、私は「他にもさくらサーバーはRapidSSLを使用していたり、レンタルサーバーも提携する証明書を見直さなければなりません。いっそのこと、全部Let’s Encryptで良いんじゃないか的な考えも沸き起こってきますよね。」と感想を述べていましたが、一部現実になりましたので( … “さくらがLet’s Encrypt実装可能に”の続きを読む

意外とある課題点

仕事柄、色々なサイトにおいて(SEO目線での)課題点を指摘させていただくことが多くありますが、ここ最近「結構指摘することが多いなぁ」と私自身が感じている箇所を3つご紹介したいと思います。 インデックス方針 大きなサイトになればなるほど(この場合数十万ページあるサイト)、施策キーワードに対する対象ページが明確化されていなかったり、同じようなページが乱立している … “意外とある課題点”の続きを読む

レスポンシブウェブデザインのすゝめ

MFI開発の進捗について先日ご紹介しまして、そこでGoogleが公式にレスポンシブウェブデザインを推奨したこともお伝えしました。そして、先日Googleウェブマスター向け公式ブログでレスポンシブへの移行方法が紹介されていました。 モバイルファイル対応の種類 Googleがこの度正式にレスポンシブを推奨した背景として、今一度モバイル対応方法の種類をおさらいした … “レスポンシブウェブデザインのすゝめ”の続きを読む

シマンテック傘下SSLをChromeが失効

米Googleは現地時間9月11日、シマンテックのSSL/TLS証明書に関して、今後Chromeでは徐々に失効させる(=要はHTTPS扱いしない)意向を明らかにしました。…ということは今後SEO上はどうなってしまうのでしょう…? 失効の背景と方向性 シマンテックといえば、「VeriSign」を始め「GeoTrust」「RapidSSL … “シマンテック傘下SSLをChromeが失効”の続きを読む

クエリ毎のセッションを分析してみた

Googleは検索クエリを3つのタイプに分けて捉えていますが、私が個人運用しているサイトで、クエリ毎のセッションを追っていくと、各種類のクエリに合わせてセッションやユーザー動態もそれぞれの特異性が見られるようになりました。ですので、そこで気付いた点をふわふわっとご紹介したいと思います。 対象クエリの種類 冒頭で申し上げましたGoogleが捉える3つのクエリの … “クエリ毎のセッションを分析してみた”の続きを読む