サイト構造マップ例

私は、サイト制作(またはリニューアル)時にサイトマップを作成しますが、それだけではなかなかサイトマップ作成意図が伝わらず…さらにパワーポイントで提案意図を何枚も作成したところで、取引先の上層部の方は見ない傾向が強いです(笑)。そこで、サイト構造マップ案というものを作成するようにしていまして…今回はそのご紹介です。

SITEMAP

ふわふわ

サイト構造を理解してもらうために

コンサルテーションを行う中で、SEO上のテーマ性を考えたディレクトリ構造と、ユーザー遷移(カスタマージャーニー)を捉えたリンク導線を伝えるために、サイトマップを作成することがあります。

しかし、相当考えて作成したサイトマップにも関わらず、その意図をうまく伝達できず…課題と解決策を取引先とマージしづらいケースが多々あります。だからといって、なぜそういうサイトマップにしたのかを説明しようと思うと、説明資料が膨大になってしまい、相手のリテラシーによっては混沌とさせてしまうかもしれません。

そこで、ある程度直感的にサイトマップ意図を理解してもらうためにサイト構造マップという(概念レベルで訴求する)ドキュメントを挟むようにしました。

<サイト構造マップ例>

サイト構造マップ例

このドキュメントを使用することで、以下の要素を理解してもらいやすくなります。

  • ユーザー心理に合わせたページ展開意図とナビゲーション意図
  • ユーザー心理に合わせた導線意図
  • ユーザーニーズに適した情報設計意図
  • サービス展開に適した情報設計意図
  • どの辺のカテゴリでどのキーワードを施策付けするか

そして、この概念レベルで紹介したサイト構造マップに合わせて具体的なサイトマップ案を提出することで、相手の理解を得られるようになりました。

ふわふわ

当然のドキュメントなのですが…

通常、しっかりしたサイト制作会社であれば、アカウントプロデューサーやディレクターはこういう資料は作成していますし、提出もしているかと思います。だから当然の資料と言われればそれまでかと思います。しかし、SEO発信のサイトマップの場合はなかなかこういったものが無いのかと思いまして…今回、私自身の経験を元にここに共有させていただきました。

SEO発信でこういう資料があれば、インデックス有無も考えたシステム設計や要件定義も出来るようになるでしょうし、SEO上の内部チューニングが後手後手になることも防げるかと思います(この話をして、「おお!」と思われた方は…恐らく私と同じ“もどかしさ”を感じられているのではないでしょうかw)。

当然SEOを考えていく上で実行力が最も大事なのですが、その前に意図を共有・理解してもらう力も大事かと思いましたので、是非ご参考ください。


関連記事
ちょうど1年前に新Search Consoleがβ版から卒業し、それから今まで新Search Consoleと旧Search Consoleと両方のインターフェースを活用できていましたが、ついに旧Search Consoleが終わりました。Google Webmaster Central Blogで ...(続きを読む)
「表示速度上げても検索順位が上がるか分からないんでしょ? じゃあ、そこに作業工数をかけません。」と言う人もいます。そんな時、私は閉口してしまいますが、それって本末転倒ではないでしょうか。 そこで、ちょっと私なりの意見を書いておこうかと思います。 目的は何か? 「検索順位を上げる」という目標を立てる人 ...(続きを読む)
「御社のサブドメインを使って情報発信メディアを作りませんか?情報発信メディアの作成やコンテンツライティング、SEOは弊社側で独自に行います!」という営業を受けたことはあるでしょうか? これ、海外では意外とそういう業者が横行しているようです。私は今のところ1回しかそういう業者に出くわしていませんが、G ...(続きを読む)
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。