ソーシャルからのリンクについて

先日、新しく立ち上げたサイトに対してせっかくなので検証した結果をこちらでご紹介させていただきます。何をしたかと言いますと、新しく立ち上げた真っ新なサイトを9月1日にアップして、すぐにCGMからリンク紹介しました。
(【対象メディア】Google+、Twitter、社員のブログ、はてなブックマーク、Pinterest)
また、少し遅れてNAVERまとめでたまたま紹介されているのを確認したのが9月中旬頃だったかと思います。

まだまだコンテンツ不足のサイトなので、集客活動はしていなかったのですが、GoogleのWebMasterToolを見たところ
最新のリンクダウンロード結果で以下のような検出結果が出ています。

最新のリンクダウンロード結果

Google+のクローラビリティ恐るべし(笑)。

最近は、サイト構築やページ構築に伴って、XMLサイトマップだけでなくRSSフィードを送信することもGoogleは推奨していますが、私の場合はさらに(更新頻度に合わせて)Fetch as Googleを使ったり、PubSubHubbubを使ったりすることもあります。なんとなくブログの場合のイメージもありますが、WordPress利用者にはいずれも有効的かもしれませんね。そして、そこにGoogle+のクローラビリティに期待してリンク紹介していくこともアリかもしれません(Google+で単純にリンク紹介するだけではSNS本来の使い方として機能しづらいことはコチラで話していますので、うまくやらないといけませんが…)。ちなみに私の経験ですと、Fetch as Googleのインデックスするスピードには波がありそうな気がしています。ですので、本当にすぐにインデックスさせたい場合はPubSubHubbubやGoogle+の方が機能的かもしれません。

NAVERまとめは偶発的でしたし掲載開始時期も分からないので、検証対象からは外れますが、それでもWebMasterToolを見る限りは検知されるのが早そうです。Twitterに関しては直接リンクで紹介したのですが、そもそもWebMasterToolに被リンクとして出現しているのを確認したことがないことと、GoogleAnalyticsでアクセスもないところを見る限り、本当にフォロワーのあるアカウントから紹介されないと(アクセスによる間接効果も含め)リンク効果と言える程のモノにはならないようです。

今回は各CGMやソーシャルもサイト運営者として投稿した際の被リンク検知スピード比較だったので何とも言えませんし、一例に過ぎません。本当に第3者からリンク紹介されるようになればまた違った結果になったかもしれません。ですが、ちょっと面白い結果が出たのでご紹介してみました。

これからもこんな小さな検証結果を都度ご紹介していきたいと思います。


関連記事

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

WebフォントとSEO

最近、5Gや表示速度、Core Web Vitals等に対する世間での意識が高まっているせいか、「Webフォントってどう思います?」というご質問をよくいただきますので、私なりの意見をご紹介しておこうかと思います。 Webフォントとは 今さらご説明も不要かと思いますが、Webサイトに表示するテキストフ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。