制作時におけるサイトマップの作り方

XMLサイトマップとかHTMLサイトマップとかではなく、制作時に管理するためや起案する際に作成するサイトマップに関しまして、私の作成するサイトマップが意外と好評(?)ですので、ご紹介したいと思います。

なぜか鹿

ふわふわ

目的

サイトマップを作成する際のポイントは以下の通りです。

  • サイト構造を直観的に理解できるようにすること
  • SEO上のサイトテーマ性やツリー構造がきちんと把握できること
  • SEO上の施策キーワードと対象ページが整理されていること

 
サイト制作が始まってから上記を見直し、修正するのはかなり面倒な作業です。ですので、一番初めにこういったサイトマップを把握、共有することで、事前にキーワードのサイト内カニバリゼーションを防ぐことが必要です。

ふわふわ

具体例

実際にはこんな感じでエクセルで組んでみると良いでしょう。

サイトマップ例

こういった作りですと、ディレクトリ構造においても理解しやすいはずです。例えば、表で言うところの「AAAについて > aについて > サービス2」のページURLは「XXX.jp/aaa/a/a-service2」となるわけです。

さらにその横項目にはtitleやdescription、見出しタグまで記載できるようにすることで、各ページがオリジナルで設定され、且つどういう内容のページになるかも推察できるようになります。自ずとパンくず構造も決定できますね。
そして、対象クエリを想定で入力できる項目を設置しておけば、後になってキーワードのカニバリゼーションを引き起こす心配も最小限に抑えることが可能なわけです。

ふわふわ

内部リンク構造は別

その上で、コンバージョン導線設計やページの強弱、ユーザー体験を考えた時、どういう内部リンク導線を敷いていくべきかは別途考える必要がございます。内部リンク動線まで同じ表には記載しきれませんので。

サイトマップ制作におけるエクセルの雛形をここで上げるのは…ですが、是非上記をご参考の上、サイト制作時にご活用くださいませ。


関連記事
何においても基本情報はあるものです。サービスに関しても一般的で基本的なサービスや情報があるからこそ、特殊なサービスや情報が活きてきます。そこで今回は、それと同様に「検索結果においてもまずは基本情報やサービス等、マジョリティとなるコンテンツが優先されるのでは...?」という持論の話です。民主主義な検索 ...(続きを読む)
リッチリザルトに関しては、リッチリザルトテストツールを使うことで、リッチリザルト対象ページの有無や構造化データマークアップの整合性やリッチリザルト化した表示例(結果のプレビュー)を確認することが出来ました。一方でSearch Console(以下:GSC)における[拡張]機能内にある構造化データのマ ...(続きを読む)
Google検索がWebmaster Central Blogにて2020年1月に行ったことを発表しました。同じく12月の際に、Google検索が2019年11月に行ったことを発表しましたが、その続編的に2020年1月にGoogle検索が行ったことを教えてくれていますので、ここでおさらいとしてご紹介 ...(続きを読む)
先日、強調スニペット化したサイトページの所在についてご紹介しましたが、まだまだこれが結構厄介な状態になっています。本来、強調スニペット化することでサイトページイメージの向上や通常スニペット部分のクリック率の向上、GoogleにとってもGoogleアシスタント機能への好転(強調スニペット部分を音声で回 ...(続きを読む)

コメント一覧(2件)

ゆるり旅 さん 2018/12/19 17:05 返信

ありがとうございます。早速参考にさせていただきました。

    清野@ふわふわビジネス 2018/12/19 20:28 返信

    ご連絡ありがとうございます。是非ぜひご参考くださいませ。

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。