制作時におけるサイトマップの作り方

XMLサイトマップとかHTMLサイトマップとかではなく、制作時に管理するためや起案する際に作成するサイトマップに関しまして、私の作成するサイトマップが意外と好評(?)ですので、ご紹介したいと思います。

なぜか鹿

ふわふわ

目的

サイトマップを作成する際のポイントは以下の通りです。

  • サイト構造を直観的に理解できるようにすること
  • SEO上のサイトテーマ性やツリー構造がきちんと把握できること
  • SEO上の施策キーワードと対象ページが整理されていること

 
サイト制作が始まってから上記を見直し、修正するのはかなり面倒な作業です。ですので、一番初めにこういったサイトマップを把握、共有することで、事前にキーワードのサイト内カニバリゼーションを防ぐことが必要です。

ふわふわ

具体例

実際にはこんな感じでエクセルで組んでみると良いでしょう。

サイトマップ例

こういった作りですと、ディレクトリ構造においても理解しやすいはずです。例えば、表で言うところの「AAAについて > aについて > サービス2」のページURLは「XXX.jp/aaa/a/a-service2」となるわけです。

さらにその横項目にはtitleやdescription、見出しタグまで記載できるようにすることで、各ページがオリジナルで設定され、且つどういう内容のページになるかも推察できるようになります。自ずとパンくず構造も決定できますね。
そして、対象クエリを想定で入力できる項目を設置しておけば、後になってキーワードのカニバリゼーションを引き起こす心配も最小限に抑えることが可能なわけです。

ふわふわ

内部リンク構造は別

その上で、コンバージョン導線設計やページの強弱、ユーザー体験を考えた時、どういう内部リンク導線を敷いていくべきかは別途考える必要がございます。内部リンク動線まで同じ表には記載しきれませんので。

サイトマップ制作におけるエクセルの雛形をここで上げるのは…ですが、是非上記をご参考の上、サイト制作時にご活用くださいませ。


関連記事

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

About This Result機能の更新情報

まだ日本には導入されていませんが、既に英語圏では「About This Result(この検索結果について)」機能が実装されています。今回はこの機能によって知り得る情報に新しい情報が追加されたとのことで、The Keywordでその説明がされています。この「About This Result」機能は ...(続きを読む)

コメント一覧(2件)

ゆるり旅 さん 2018/12/19 17:05 返信

ありがとうございます。早速参考にさせていただきました。

    清野@ふわふわビジネス 2018/12/19 20:28 返信

    ご連絡ありがとうございます。是非ぜひご参考くださいませ。

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。