制作時におけるサイトマップの作り方

XMLサイトマップとかHTMLサイトマップとかではなく、制作時に管理するためや起案する際に作成するサイトマップに関しまして、私の作成するサイトマップが意外と好評(?)ですので、ご紹介したいと思います。

なぜか鹿

ふわふわ

目的

サイトマップを作成する際のポイントは以下の通りです。

  • サイト構造を直観的に理解できるようにすること
  • SEO上のサイトテーマ性やツリー構造がきちんと把握できること
  • SEO上の施策キーワードと対象ページが整理されていること

 
サイト制作が始まってから上記を見直し、修正するのはかなり面倒な作業です。ですので、一番初めにこういったサイトマップを把握、共有することで、事前にキーワードのサイト内カニバリゼーションを防ぐことが必要です。

ふわふわ

具体例

実際にはこんな感じでエクセルで組んでみると良いでしょう。

サイトマップ例

こういった作りですと、ディレクトリ構造においても理解しやすいはずです。例えば、表で言うところの「AAAについて > aについて > サービス2」のページURLは「XXX.jp/aaa/a/a-service2」となるわけです。

さらにその横項目にはtitleやdescription、見出しタグまで記載できるようにすることで、各ページがオリジナルで設定され、且つどういう内容のページになるかも推察できるようになります。自ずとパンくず構造も決定できますね。
そして、対象クエリを想定で入力できる項目を設置しておけば、後になってキーワードのカニバリゼーションを引き起こす心配も最小限に抑えることが可能なわけです。

ふわふわ

内部リンク構造は別

その上で、コンバージョン導線設計やページの強弱、ユーザー体験を考えた時、どういう内部リンク導線を敷いていくべきかは別途考える必要がございます。内部リンク動線まで同じ表には記載しきれませんので。

サイトマップ制作におけるエクセルの雛形をここで上げるのは…ですが、是非上記をご参考の上、サイト制作時にご活用くださいませ。


関連記事

Search On 2020の内容

米国現地時間10月15日にGoogleがオンライン開催したSearch On 2020。このフォローアップ記事がThe Keywordに掲載されていますので、和訳しながらご紹介したいと思います。結構長いので、挫けず頑張ります...。 The Keywordより ブログ掲載されている内容をまずは和訳し ...(続きを読む)

文節(passages)単位でマッチング

Googleは検索クエリに対するマッチングとして、ただのページ単位での概念でなく、コンテンツの一節のみでも最適な回答になっていると判断した場合、検索上位に影響してくる旨を発表しました。Search Onのイベント内で発表したようですが、Twitterでもフォローアップしていましたので、ご紹介したいと ...(続きを読む)

今後のコンテンツと目次

Googleのニューラルマッチングシステムの技術により、検索クエリを通して検索者を理解する概念が高まっています。検索者を理解する概念というのは、つまり「どんな人によるニーズか」という概念です。そして、その概念が、(今度はRankBrainによって概念化された)コンテンツとどうマッチングして検索ランキ ...(続きを読む)

鼻歌検索

いよいよGoogle検索を通して鼻歌で曲を探すことができるようになりました。(Googleアシスタント等に入力される)音声検索で音の連鎖でマッチングした結果を表示するようです。米国現地時間10月15日にGoogleが発表しました。 Googleの発表内容 The Keywordで発表されたGoogl ...(続きを読む)

コメント一覧(2件)

ゆるり旅 さん 2018/12/19 17:05 返信

ありがとうございます。早速参考にさせていただきました。

    清野@ふわふわビジネス 2018/12/19 20:28 返信

    ご連絡ありがとうございます。是非ぜひご参考くださいませ。

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。