英語圏で検索結果通常枠のAMP化ロールアウト

以前、スマホ検索結果の通常枠にラベル付でAMPが入るとご案内しておりましたが、ついに英語圏でロールアウトしたとアナウンスがありました。

AMP

ふわふわ

どんな感じ?

もともとGoogleは(カルーセル表示を含めAMP専用枠以外に)通常枠にも「AMP」ラベル付でAMPを入れ込んでいくと発表していましたが、いよいよ英語圏でスタートしたようです。日本での対応も間もなくのようです。

以前にもご紹介しましたが、日本語だとこんなイメージ↓になると思います。
AMPのSERPs

スマホでは既に開発者プレビューとしてご紹介されていますので事前にどんな感じかご確認ください。

ふわふわ

影響は?

AMP化はそれ自体が検索順位に直接影響するわけではございませんが、表示速度という意味では間接的に影響してくるとは思います。また、日本語でも「AMP」とラベル表示されるのかどうかは疑問ですが、これは日本語版のロールアウト時に確認するしかなさそうです。

海外SEO情報ブログによると、既に日本でもテスト的に実施しているようですが、まだバグがありそうです…。

SERPsのAMP

私もiOSのSafariでAMPが通常検索結果画面に出現しましたが、スニペット(≒description)部分への文字数影響もなさそうな気がしています。

GoogleはAMPを推進中ですので最近AMPの話が多いですが、今回に関してはユーザーにとって検索結果のラベルの見た目が変わり、該当ページを早く閲覧できるようになる感じでしょうか。

ただ、「スマホ対応」ラベルが無くなった時もあんまり話題にはなりませんでしたので、「AMP」ラベルが付いてもあまり話題にならなそうな気がします。実際に表示速度が速くなったことに気付くユーザーよりも、なんとなくストレスなくスマホを見られるようになった(=最近、電波の入りが良い?)程度なのかもしれません(笑)。


関連記事
何においても基本情報はあるものです。サービスに関しても一般的で基本的なサービスや情報があるからこそ、特殊なサービスや情報が活きてきます。そこで今回は、それと同様に「検索結果においてもまずは基本情報やサービス等、マジョリティとなるコンテンツが優先されるのでは...?」という持論の話です。民主主義な検索 ...(続きを読む)
リッチリザルトに関しては、リッチリザルトテストツールを使うことで、リッチリザルト対象ページの有無や構造化データマークアップの整合性やリッチリザルト化した表示例(結果のプレビュー)を確認することが出来ました。一方でSearch Console(以下:GSC)における[拡張]機能内にある構造化データのマ ...(続きを読む)
Google検索がWebmaster Central Blogにて2020年1月に行ったことを発表しました。同じく12月の際に、Google検索が2019年11月に行ったことを発表しましたが、その続編的に2020年1月にGoogle検索が行ったことを教えてくれていますので、ここでおさらいとしてご紹介 ...(続きを読む)
先日、強調スニペット化したサイトページの所在についてご紹介しましたが、まだまだこれが結構厄介な状態になっています。本来、強調スニペット化することでサイトページイメージの向上や通常スニペット部分のクリック率の向上、GoogleにとってもGoogleアシスタント機能への好転(強調スニペット部分を音声で回 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。