英語圏で検索結果通常枠のAMP化ロールアウト

以前、スマホ検索結果の通常枠にラベル付でAMPが入るとご案内しておりましたが、ついに英語圏でロールアウトしたとアナウンスがありました。

AMP

ふわふわ

どんな感じ?

もともとGoogleは(カルーセル表示を含めAMP専用枠以外に)通常枠にも「AMP」ラベル付でAMPを入れ込んでいくと発表していましたが、いよいよ英語圏でスタートしたようです。日本での対応も間もなくのようです。

以前にもご紹介しましたが、日本語だとこんなイメージ↓になると思います。
AMPのSERPs

スマホでは既に開発者プレビューとしてご紹介されていますので事前にどんな感じかご確認ください。

ふわふわ

影響は?

AMP化はそれ自体が検索順位に直接影響するわけではございませんが、表示速度という意味では間接的に影響してくるとは思います。また、日本語でも「AMP」とラベル表示されるのかどうかは疑問ですが、これは日本語版のロールアウト時に確認するしかなさそうです。

海外SEO情報ブログによると、既に日本でもテスト的に実施しているようですが、まだバグがありそうです…。

SERPsのAMP

私もiOSのSafariでAMPが通常検索結果画面に出現しましたが、スニペット(≒description)部分への文字数影響もなさそうな気がしています。

GoogleはAMPを推進中ですので最近AMPの話が多いですが、今回に関してはユーザーにとって検索結果のラベルの見た目が変わり、該当ページを早く閲覧できるようになる感じでしょうか。

ただ、「スマホ対応」ラベルが無くなった時もあんまり話題にはなりませんでしたので、「AMP」ラベルが付いてもあまり話題にならなそうな気がします。実際に表示速度が速くなったことに気付くユーザーよりも、なんとなくストレスなくスマホを見られるようになった(=最近、電波の入りが良い?)程度なのかもしれません(笑)。


関連記事

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

WebフォントとSEO

最近、5Gや表示速度、Core Web Vitals等に対する世間での意識が高まっているせいか、「Webフォントってどう思います?」というご質問をよくいただきますので、私なりの意見をご紹介しておこうかと思います。 Webフォントとは 今さらご説明も不要かと思いますが、Webサイトに表示するテキストフ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。