絶賛AMP推進中(笑)

BingのAPPもAMP対応を始めましたが、Googleは引き続きAMPキャンペーンを実施していますので一応取り上げておきます。

マック

ふわふわ

AMP化へのヒント

かなり簡潔にまとめて説明されているところがございましたのでピックアップしてご紹介します。

簡単に始められる

メジャーなコンテンツ管理システム(CMS)を使用しているサイトであれば、プラグインをインストールするような感覚で簡単にAMPページを作成できます。

どんなサイトにも効果的なわけではない

動的で双方向性を重視した単一ページのサービス(地図の経路案内、メール、ソーシャル ネットワークなど)にはあまり効果的ではありません。

サイト全体をAMP化する必要はない

ユーザーがプラットフォームや検索結果を通じてアクセスするページですので、少し変更を加えるだけでAMPのメリットを存分に活かすことができます。

AMPページを特定の場所に表示するために追加要件を満たさなければならない場合がある

AMPページをGoogleトップニュースに表示するためには、構造化データを使ってArticleマークアップとしてAMPページをマークアップする必要があります。

検索結果のランキングに影響はない

有効で表示可能なAMPページが含まれているかどうかは、検索結果ページでのサイトのランキングには一切影響しません。

AMPに対応したGoogle検索結果は世界中に拡大

Googleでは、今後数週間にわたってAMPの検索結果を世界中に拡大する予定です。

引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
AMPは狙いたいページのみでユーザーに即座に案内したい末端(そのページで情報が完結できるような)ページを中心に着手し、しっかりとGoogleにAMP対応している信号を送ってあげてください、とのことです。

また今後、AMP枠としてカルーセル表示はしますが、それとは別に通常の検索結果画面にもAMPラベルは貼付されていきます。ただし、AMPラベルが付くからといって検索順位に影響するとかでは一切ないとのことです。

いずれにしましてもGoogleは鋭意推進中とのことで、「今後のサポート体制は充実させつつあるよ」感がよく伝わってきます。

ふわふわ

AMPの必要性

的確に回答されたQ&Aがございましたのでこちらもご紹介します。

Q:サイトに追加するAMPページの作成を検討しています。AMPにはどのようなメリットがありますか。また、どのようなサイトやページがAMPに適していますか。

ユーザーは待つのが嫌いです。コンテンツがすばやく読み込まれることを望んでいます。AMP形式を使用してモバイル端末にコンテンツをすばやく読み込むことで、サイトやページの魅力をさらに高めることができます。ある研究によると、コンテンツの読み込みに3秒以上かかると、40%のユーザーが他のページに移動することがわかっています。The Washington Postでは、AMPの採用により記事の読み込み時間を88%短縮した結果、モバイル検索からのリピーターが23%増えました。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
そういうことですね。表示速度を最大化するためにAMPは便利だということです。しかしながら、これはGoogleの検索結果からの推移における表示速度に限った話ではありません。他サイトからのリンクや流入時等でも充分同じことが言えるはずです。もちろんAMPは他のどんな表示速度よりも速いレスポンスを得られるかもしれませんが…。

一応、AMP対応は飽くまでGoogle(やBing App)検索結果画面からの流入であって、サイト全体のユーザー体験を考えた時の抜本的施策ではないこともご理解ください。

やはりそもそもの表示速度のためのページ最適化を地道に行っていくことの方が、サイト保有者からすればプライオリティは高いと思います。


関連記事

英語版にて検索関連情報を通知

英語版のみですが、Google検索で知らない単語や難しい単語を検索した際、関連する情報の通知を設定できるようになりました。米国現地時間10月21日にThe Keywordにて案内されていますので、和訳してご紹介します。日本に導入した際、ちょっと捻ればSEOにも使えそうですので取り上げておきます。 辞 ...(続きを読む)

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。