スマホ検索結果の通常枠にAMP

Googleウェブマスター向け公式ブログで発表されましたように、今後AMP対応ページがモバイル検索結果の一般的な枠に組み込まれるようになるとのことです。

AMP

ふわふわ

目下開発中

Google は「トップニュース」枠だけでなく、全検索結果に対してAMPのサポートを拡大し、その開発者プレビューを公開いたします。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
現在、AMPを通常の検索結果に組み込むのは開発中とのことで、スマホでこちらから確認することしかできません。今のところはAMP枠はカルーセル表示か、先日お見せしたような枠でしか表示されません。でも、今後は以下のような表示方法になってくると思われます。
AMPのSERPs
つまり、モバイル検索結果の通常枠には“スマホ対応”ラベルか“AMP”ラベル、もしくは何も記載されない(=スマホ対応していない)表示パターンに分けられてくるのでしょう。

ふわふわ

AMP有無は検索順位に影響しない

混乱を避けるために説明しますが、これはサイトの検索ランキングを変更するものではありません。メディアやコンテンツ提供者によるAMPの適用事例が増え、私たちもユーザーの皆様により簡単にこの表示が速いウェブ体験にアクセスしてもらえるようにしたいと考えていました。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
Googleは単純にAMPの速度をユーザーに体験してもらいたいために一般の検索結果に組み込むに過ぎず、AMP対応しているから検索順位が向上するというわけではないことを念押ししています。

日本でも、アメーバ、楽天、リクルート、朝日新聞、産経新聞、日刊スポーツ、毎日新聞をはじめとする多くのサイトがAMPのページを提供しています。
ユーザー、開発者、サイト運営者のみなさまからより多くのフィードバックを得て、今年の後半にはより広い範囲で私たちがより良い検索体験を提供できるよう、まずはプレビューとしてこの機能を公開します。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
今年の後半?ということは秋頃を目処に一般化するのでしょうか。いきなり“AMP”ラベルが表示されても一般ユーザーは分からないと思うのですが…(笑)。

もしかしたら“AMP”というラベルではなく(以前にもお伝えしましたが)“速い”というラベルになるのかもしれませんね。

一応このブログをページ単位でAMP対応している私としましては、個人的にWordPressでAMP対応可能なプラグインが増えていくことを期待しています。