「スマホ対応」ラベルが無くなった

遅ればせながらの情報で恐縮です…Googleモバイル検索結果にあった「スマホ対応」ラベルは無くなっていくようです。Googleウェブマスター向け公式ブログで発表されています。

スマホの上で寛ぐ

ふわふわ

単純にラベルがなくなるだけ?

2年前、Googleでは、モバイル検索結果にスマホ対応ラベルを追加しました。このラベルを見ることで、テキストやコンテンツを拡大しなくても読むことができ、また、タップ ターゲットが程よい間隔で配置されているなど、モバイルフレンドリーなページかどうかを一目で判断できるようになりました。それ以降、エコシステムは徐々に発展し、今ではモバイル検索結果に表示されるページの85%に、スマホ対応ラベルが表示されるようになりました。それを受け、このたびGoogleでは、検索結果の表示項目を整理してスマホ対応ラベルの表示を停止することにしました。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
要は2014年11月から「スマホ対応」ラベルを記載していたけど、もうほとんどがスマホ対応しているから今後表示を無くしていきます、ってことですね。でも、モバイルフレンドリーは非常に重要だし検索順位には影響するから、引き続き対応してくださいという話です。

ふわふわ

今日から無くなっている

…で、なぜこのタイミングからか、と申しますと、私のスマホでは本日からこのラベルが無くなったのです。そこで遅ればせながらのご紹介でした(笑)。

個人的には「スマホ対応」ラベルが無くなることで、(上記の)スマホ対応していない残りの15%のサイトが「まぁ、対応しなくていいや」という風になりそうな気がしないでもないのですが…(笑)。

今後モバイルフレンドリーは強化されるはずです。
先日のインターステイシャルだけでなく、本格的に表示速度等もアップデートされてくると思います。今まで「表示速度の対応は後回し」とお考えされていたサイト運営者様はいよいよ本腰を入れた方が良いのではないでしょうか。私の取引先企業のご担当者様もいよいよ着手し始めてくださいました。

面倒だからこそお早目にー♪


関連記事
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)
今回は個人的な見解の話です。 最近は、ブラックなSEO業者もあぶり出されつつあるようで、SNSでも悪質なSEO業者だと指摘されるケースも多く見受けられます。それはそれでSEOが健全になっている証拠かとも思いますし、非常に良いことです。しかし同時に、それはSEO発注元とホワイトなSEO業者の声が強いわ ...(続きを読む)
Googleは、米国現地時間2019年8月7日、Googleの各種ツール内でもレンダリング結果を最新で確認できるようになったとWebmaster Central Blogで発表しましたので、その内容をご紹介します。 あらゆるツールでGoogleのレンダリング状況を最新に Googleでは、今年の5月 ...(続きを読む)
既に何度かテスト的に経験したことがあるかとは思いますが、米国現地時間8月6日、Googleは正式に検索結果画面のUIデザインを変更したことを発表しました。The Keywordより意訳してご紹介します。 画像検索から検索心理を満たしやすくするために... The Keywordでは、以下のように紹介 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。