「スマホ対応」ラベルが無くなった

遅ればせながらの情報で恐縮です…Googleモバイル検索結果にあった「スマホ対応」ラベルは無くなっていくようです。Googleウェブマスター向け公式ブログで発表されています。

スマホの上で寛ぐ

ふわふわ

単純にラベルがなくなるだけ?

2年前、Googleでは、モバイル検索結果にスマホ対応ラベルを追加しました。このラベルを見ることで、テキストやコンテンツを拡大しなくても読むことができ、また、タップ ターゲットが程よい間隔で配置されているなど、モバイルフレンドリーなページかどうかを一目で判断できるようになりました。それ以降、エコシステムは徐々に発展し、今ではモバイル検索結果に表示されるページの85%に、スマホ対応ラベルが表示されるようになりました。それを受け、このたびGoogleでは、検索結果の表示項目を整理してスマホ対応ラベルの表示を停止することにしました。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
要は2014年11月から「スマホ対応」ラベルを記載していたけど、もうほとんどがスマホ対応しているから今後表示を無くしていきます、ってことですね。でも、モバイルフレンドリーは非常に重要だし検索順位には影響するから、引き続き対応してくださいという話です。

ふわふわ

今日から無くなっている

…で、なぜこのタイミングからか、と申しますと、私のスマホでは本日からこのラベルが無くなったのです。そこで遅ればせながらのご紹介でした(笑)。

個人的には「スマホ対応」ラベルが無くなることで、(上記の)スマホ対応していない残りの15%のサイトが「まぁ、対応しなくていいや」という風になりそうな気がしないでもないのですが…(笑)。

今後モバイルフレンドリーは強化されるはずです。
先日のインターステイシャルだけでなく、本格的に表示速度等もアップデートされてくると思います。今まで「表示速度の対応は後回し」とお考えされていたサイト運営者様はいよいよ本腰を入れた方が良いのではないでしょうか。私の取引先企業のご担当者様もいよいよ着手し始めてくださいました。

面倒だからこそお早目にー♪


関連記事
たまにtitleタグや見出しタグに施策キーワードを入れ込んだり、変更したりしただけで施策キーワードの順位が向上するケースがあると思います。一方で変更しただけでは検索順位がビクともしないケースもあります。これにはどんなメカニズムが働いているのか、私なりにご紹介します。 まずはtitleタグや見出しタグ ...(続きを読む)
Googleは画像ライセンスに関する構造化データのマークアップに関して、2020年2月に導入して以来、ずっと開発中でした(マークアップしておくことはできた)。ベータ版というのはそのままですが、この度、その画像ライセンスに関して、リッチリザルトテストツールで検証でき、Google Search Con ...(続きを読む)
Googleは、従来のAMPテストツールに関して、ウェブストーリー化できているかの確認もできるようになったと発表しました。ウェブストーリーはもともとAMPストーリーと呼ばれていたものでして、検索結果から対応しているサイトページ内の画像や動画のスライドショーを閲覧できる機能(Instagramストーリ ...(続きを読む)
今年3月にGoogleは9月に全サイトページを強制的にモバイルファーストインデックス(以下:MFI)化すると発表していましたが、コロナ禍ということもあり、来年(2021年)3月に延期することを決めました。併せて、改めてMFIに向けて事前に準備しておきましょう的な記事を公開しておりますので、和訳してご ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。