Google「Jamboard」いよいよ日本発売

もう2年も前に紹介しましたGoogleのデジタルホワイトボード「Jamboard」ですが、ようやく日本でも8月8日から発売開始となりました。64万円です。

Jamboard

ふわふわ

Jamboardって?

こちらに詳細を説明していますが、要は会議室等で使用するホワイトボードのデジタル版です。デジタルのペンで書いて、それをそのまま記録出来たり(書いた文字をテキスト化し直してくれたり)、カメラだったりWi-Fi対応していたり、スピーカーがついていたり、Google検索を活かせたり、Googleドライブと連携できたり…等々の機能が付いています。

ふわふわ

買うの?

私は買いません(笑)。もはやこれは法人価格ですし、会議室1つに機能させるには勿体ない価格ですし…(笑)。どこかでの企業が節税対策で購入するかもしませんが、経営者が余程先進的でない限り市場性が…という印象です。

Google Cloud Japan公式ブログによれば、価格帯は以下の設定がされています。

基本サービス
Jamboard
付属品 : タッチペン2本、消しゴム1個、壁掛け用マウント1個
640,000円
Jamboard ソフトウェアライセンス
年間管理費、ソフトウェアアップデートおよびサポート費用を含む
年額 77,000円
オプションサービス
キャスター付きスタンド(追加オプション) 173,000円
ベーシックサービス
※配送・組立て及び動作確認
41,000円
プレミアムサービス
※設置前コンサルテーション、配送・組立て及び動作確認に加え、設置後の導入支援を実施
189,000円

プレミアムサービスである設置前コンサルテーションが本体価格外であることには驚きですが(笑)、維持費も含めますと明らかに大企業向けの事務機器ですね。プリンター等と同じような感覚なのかもしれませんが、投資対機能効果としては完全に未知数です。…うーん、レンタルサービスみたいな価格帯としてあれば、検討企業は増えるかもしれません。

購入希望の場合は、販売パートナー企業が同じくGoogle Cloud Japan公式ブログで紹介されていますので、そこから連絡することが可能です。

・・・ということで、オススメの逸品です!!


関連記事
最近ずっと視聴しているメンタリストDaiGo氏の動画。私もYouTubeへの会員登録だけでなく、ニコ生へも会員登録しています。圧倒的動画数も然ることながら客観的に聴いていても非常にタメになります。私自身、個人を取り上げて紹介することは今まで無かったのですが、オススメしたかったので記事にしました。 メ ...(続きを読む)
最近ではダブルワークとかパラレルワークとか言ったりもする「副業」。現在、大企業でも副業を可能としているところが増えました。リクルートグループ、サイバーエージェント、Yahoo!JAPAN、キャノン、ソニー、ソフトバンク、DeNA、花王、TBSホールディングス、アクセンチュア、HIS、アサヒ、セガサミ ...(続きを読む)
サラリーマンのミーティングや憩いの場で知られる、あの銀座ルノアールでも、ついに来年(2020年)4月から紙巻煙草による喫煙を禁止する旨を発表しました。BuzzFeed Newsが報じています。日本では、働き方について労働者向けの先進性ばかりが注目されていましたが、いよいよこうした保守的慣習に関しても ...(続きを読む)
最近、各所で新社会人や若い正社員と接する機会があります。もちろんそういうった社員は研修期間もあるかと思いますが、正直、決して若くない社会人でも「自己研鑚という目的が強すぎて、社会人本来のあるべき姿を見失っているのではないか」と感じる人もいます。そこで今回は、社会人におけるインプット型の人間とアウトプ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。