Google「Jamboard」いよいよ日本発売

もう2年も前に紹介しましたGoogleのデジタルホワイトボード「Jamboard」ですが、ようやく日本でも8月8日から発売開始となりました。64万円です。

Jamboard

ふわふわ

Jamboardって?

こちらに詳細を説明していますが、要は会議室等で使用するホワイトボードのデジタル版です。デジタルのペンで書いて、それをそのまま記録出来たり(書いた文字をテキスト化し直してくれたり)、カメラだったりWi-Fi対応していたり、スピーカーがついていたり、Google検索を活かせたり、Googleドライブと連携できたり…等々の機能が付いています。

ふわふわ

買うの?

私は買いません(笑)。もはやこれは法人価格ですし、会議室1つに機能させるには勿体ない価格ですし…(笑)。どこかでの企業が節税対策で購入するかもしませんが、経営者が余程先進的でない限り市場性が…という印象です。

Google Cloud Japan公式ブログによれば、価格帯は以下の設定がされています。

基本サービス
Jamboard
付属品 : タッチペン2本、消しゴム1個、壁掛け用マウント1個
640,000円
Jamboard ソフトウェアライセンス
年間管理費、ソフトウェアアップデートおよびサポート費用を含む
年額 77,000円
オプションサービス
キャスター付きスタンド(追加オプション) 173,000円
ベーシックサービス
※配送・組立て及び動作確認
41,000円
プレミアムサービス
※設置前コンサルテーション、配送・組立て及び動作確認に加え、設置後の導入支援を実施
189,000円

プレミアムサービスである設置前コンサルテーションが本体価格外であることには驚きですが(笑)、維持費も含めますと明らかに大企業向けの事務機器ですね。プリンター等と同じような感覚なのかもしれませんが、投資対機能効果としては完全に未知数です。…うーん、レンタルサービスみたいな価格帯としてあれば、検討企業は増えるかもしれません。

購入希望の場合は、販売パートナー企業が同じくGoogle Cloud Japan公式ブログで紹介されていますので、そこから連絡することが可能です。

・・・ということで、オススメの逸品です!!


関連記事

新型コロナ接触確認アプリ

新型コロナウィルスにおける濃厚接触を示すスマホアプリ「COCOA」を6月19日よりリリースする旨を西村経済再生担当相が発表しました。私なりに生活や仕事にどう利用できるか考えてみましたのでご紹介します。 どんなアプリ? 今回のこのスマホアプリを使うことで、登録し合っている当人同士がBruetoothを ...(続きを読む)

いじめもハラスメントも原始的

私の人生において、正直あまり実感が湧かないのですが、先日「いじめ」についてどう思うか訊かれる機会があり、その時は「よく分からない」と答えてしまったのですが、私なりに考えてみたので記事にしておきます。私から言わせれば、学生までが「いじめ」という定義で、社会人になると「ハラスメント」という定義になる印象 ...(続きを読む)

プライドは自分に持つな

先日のKPIの置き方に引き続き、お説教備忘録です(笑)。よく「卑屈になるな。謙虚になれ。傲慢になるな。自信を持て。」なんて言ったりしますが、仕事においてプライド――自尊心は持つべきでしょうか。そんな話について私なりに記事にしてみたいと思います。 プライドって良いの? プライドを日本語にすれば、「自尊 ...(続きを読む)

やるだけの要素をKPI地点に置かない

こんな時期ですし、備忘録だということも意識しつつ、意外と大事な心構えについて記事にしておきたいと思います。何をするにしても目標に対するKPIというものを設けるのが社会人です。学生時代は文部科学省や先生が立てていましたよね?「○年生であればここまでの教育と学習をさせる」みたいな...。でも社会人になっ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。