HAPPY NOW?

これ、実は私のモットーと言いますか信条と言いますか…とにかく「HAPPY NOW?」なんです(笑)。
超個人的考えを今から述べようとしているわけですが、でも定期的にこれを自問自答することでワーカホリックや妬み嫉み、仕事に関する嫌なこと等、全てポジティブに考えられる魔法の言葉なので、個人のふわふわクレドとしています(笑)。

HAPPY NOW

「HAPPY NOW?」とはどういうことか

文字通り「今幸せですか?」ということです。まったくの私見的例ですが、例えば将来プロ野球選手になりたいという人がいます。でもプロ野球選手になるための1日1,000回にも及ぶ素振りを「辛い」と思っている人はプロ野球選手になったところで幸せにはなれないんじゃないかな、なんて思ったりするのです。その1日1,000回の素振りすらも「辛いけど幸せ」と思っている人こそがプロ野球選手になっても幸せになれるのではないかな、と。

幸せとはその刹那刹那に感じるべきものであって、抽象的将来に寄せるものではないと思うのです。「幸せになりたい」と思っている段階で、今の不幸せを肯定することになってしまいますからね。

ですので、「今幸せです」の積み重ねが人生を豊かにあるのではないかなと私は考えています。

ふわふわ

その上で必要な糧と枷

もちろん幸せに感じるためには”糧”(活力のもと)が必要になると思います。これは人によって異なりますが、お金、趣味、家族、子ども、恋人、野心、自己顕示欲等々、十人十色だと思います。でも全てに満足、全てを手に入れていたら…次の”糧”が出来るか、活力がなくなって幸せに感じなくなるか、どちらかだとも思うのです。

そこで必要なのは”枷”(足かせとかの枷/拘束具)なのです。ハードルや壁ですね。これがあるからこそ、必死にもがいたり、夢中で努力したり、それを超えようと全力になるのだと思います。主観的には分かりづらくても客観的に考えれば、決して”枷”があることが辛いとは限らないと思います。

糧と枷

 

仕事においては

きっと嫌なこともあるでしょうし、辛いこともあると思います。
でも「HAPPY NOW?」を自分に問うことで、それ自体を楽しもうと私は思うようにしています。私は15年以上仕事をしてきて、様々な思い出話を浮かべた時、大体出てくるのは嫌な思い出ばかりです(笑)。でもその嫌な思いの度に仕事における成長が出来ていたことも分かっています。取引先のお客様に学ぶことも多く、無茶振りに対して必死に応えていこうとしているうちに新しい発見や自己成長ができたことも数多くあります。

私が今まで出会った”仕事のできる人”は皆さん幸せそうです。もちろん、そんなことは無いはずですし、私には想像もできないくらい辛いこともあると思います。でも、おそらく私がその人達に「今幸せですか?」と訊いたら「うーん……まぁ、なんだかんだで幸せだろうなぁ」と絶対仰ると思います。

ふわふわ

基本的に「不幸せでいたい」なんて人はいないはずです。
であれば「今自分は幸せか」と自分自身に確認し続けることも有意義な概念だと考えられます。もし自問自答した時に「幸せじゃない」と思うことがあれば、必ず糧と枷を見つけるようにし、どんなに辛くても今すぐに「幸せです」と言えるようにしてください(笑)。

これも立派なワークスタイルなのでございます。


関連記事

スケールさせたきゃ自分で仕事をするな

仕事というのはとても面白いもので、大体“下請け”で成立しているビジネススキームがほとんどです。家を建てようとする人の下請けに不動産があって、不動産の下請けにハウスメーカーがあって、ハウスメーカーの下請けに建築会社があって...みたいな形で、それぞれの分野のプロがその分野の業務を代行するって仕組みです ...(続きを読む)

万事、機能よりもたらし

商売をしていると万事が万事、全てにおいて「メリットよりもベネフィット」、「機能性よりも人生や生活に何をもたらすかを伝えること」が大事なんです、という話です。Webサイトのランディングページや販売員にとっては絶対的且つ恒久的な基礎だと思いますが、営業時や人に伝える上でも非常に大事ですよね。今回はそうい ...(続きを読む)

マクロ/ミクロマネジメント

マクロマネジメントとミクロマネジメントについて記事化しておきたいと思います。それぞれがどう違うのか、それぞれの長所短所を踏まえて私なりの解釈と意見を紹介します。働く上でマクロマネジメントが得意な上司やミクロマネジメントが得意な上司、また逆に管理される部下側にとっても働きやすいマネジメント環境があると ...(続きを読む)

休日に仕事をすることについて

たまに休日に仕事をする人がいます。そしてそれを自慢気に話す人もいます。そこで、私の長年の経験から休日に仕事をすることについてのリスクについて持論を展開しておきますので何かのご参考として是非お含みおきください。ちなみに、今回の話は企業目線でブラックの是非を問うのではなく、あくまで個人としての心得の話で ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。