Googleのホワイトボード「Jamboard」

ビジネスシーンやミーティングで活用するホワイトボード。そのホワイトボードのデジタル版「Jamboard」を米Googleが現地時間2016年10月25日に発売発表しました。2017年発売予定ですが、日本円にして約63万円。ちょっとお高めでございます。

ふわふわ

どんな機能?

簡単に言ってしまえば、デジタルホワイトボードですので、白板のようにデジタルペンで書き込んでいき、それを記録できます。カメラ、Wi-Fi、スピーカー機能だけでなく、スマートデバイスとも連動できますので、リモートで参加や確認も可能です。4Kという解像度も(無駄に?)凄いですね(笑)。

Jamboardは55インチの4Kディスプレイを備え、HDカメラ、スピーカー、Wi-Fi機能を内蔵する。スマートフォンあるいはタブレット端末からもJamboard上の共同作業に参加できる。スタイラスペンによる手書き、イレーザーを用いた消去を自動で判別し、指で書き間違いを消すといった動作も認識する。
引用)ITpro

 
既にマイクロソフトが発表している「Surface Hub」に似た商品ですね。

Microsoftが2015年1月にWindows 10発表イベントの中で、84インチ・4Kディスプレイ搭載の「Surface Hub」を発表し、55インチサイズの端末もあるとコメントしていましたが、まさにこのJamboardも55インチサイズ。デジタルホワイトボードというコンセプトも合致しています。
引用)GIGAZINE

 
使い勝手も良さそうですし、細かい演出等もさすがGoogleって感じのようです。

手書きや描画ツールで仕事を効率化できるだろう。私も実際にプロダクトを試してみたが十分機能的だった。このホワイトボードは16段階でタッチの圧力検知を行い、また細かなアニメーションの演出がちょっとした動作を楽しいものに変えている。例えば、文字を消すとディスプレイから消したテキストがはらはらと落ちたりする。ホワイトボードのシステムはこの用途のために特化したAndroidバージョンであり、専用ブラウザやGoogle Mapsなどの機能を搭載している。将来的にはサードパーティーアプリに開放することもできるという。
引用)TechCrunch Japan

 

ふわふわ

用途としては?

余裕のある法人購入としてであれば、約60万円もそこまで高くないかもしれませんが、1つだけ購入するよりも会議室分購入しなければならないのでなかなか…って感じかもしれません。貸し会議室やレンタルオフィス等にこの「Jamboard」が完備されていて、利用者はスマートデバイスで連携できる…等があったら便利ですし、積極的に貸し会議室を利用するかもしれませんね。コ・ワーキングスペース等でも大活躍しそうです。

いつか現場で実物とお会いできる機会を楽しみにしています(笑)。


関連記事
サラリーマンのミーティングや憩いの場で知られる、あの銀座ルノアールでも、ついに来年(2020年)4月から紙巻煙草による喫煙を禁止する旨を発表しました。BuzzFeed Newsが報じています。日本では、働き方について労働者向けの先進性ばかりが注目されていましたが、いよいよこうした保守的慣習に関しても ...(続きを読む)
最近、各所で新社会人や若い正社員と接する機会があります。もちろんそういうった社員は研修期間もあるかと思いますが、正直、決して若くない社会人でも「自己研鑚という目的が強すぎて、社会人本来のあるべき姿を見失っているのではないか」と感じる人もいます。そこで今回は、社会人におけるインプット型の人間とアウトプ ...(続きを読む)
2019年4月10日より、いよいよ「有休義務化」になります。事業者(会社側)は労働者(社員)に対して、一定の条件のもと、1年で5日以上は有給を消化させなければならなくなります。そこで、これについて個人見解を交えながらご紹介したいと思います。 どういう内容? 労働基準法によって、今までは年間の有給取得 ...(続きを読む)
ある方から「ブログをやってみれば?」と言われ、始めたこのブログも早4年と2ヶ月。ついに500記事目に入りました。なんとなく「SEO等の現場情報を取引先のご担当者様へ」という目的で始めましたが、今となっては誰宛の何ブログか分からず...(笑)、それでも今まで4年以上続けられました。ここまで続けられまし ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。