Instagram:リールから直接ショップへ

Instagramで今年8月にリリースされた新機能「リール」。この短尺動画であるリール内の表示アイテムから直接ショップ機能にに進めるようになりました。米国現地時間12月10日からリリースされた旨をFACEBOOKが発表しています。

Reels

ふわふわ

どういうこと?

リールという短尺動画の中で表示されている商品に合わせて、ショップ機能に進むことができます。特に11月からリールはクリエイターと企業がタイアップして商品訴求もできるようになっていますので、このショップ機能に直接進めることはユーザーにとって便利になる一方、企業側も販促機会を多く得られるようになるわけです。

Instagramは12月10日(米国時間)、日本を含む様々な国と地域で、ショッピングタグを利用してリールにも商品をタグ付けできるようになったことを発表しました。

引用)Facebookニュースルーム

すでにショップ機能は、Instagram内のフィード、ストーリーズ、IGTV、(米国内の一部ブランドでテスト中の)ライブショッピング等で対応しており、それらに追随する形でリールからも対応できるようになったってことですね。

ふわふわ

短尺動画時代到来!?

リールは好調な機能のようです。実際にYouTubeのショート動画やTwitterのフリートも注視度は高いようですし、短尺動画はちょっとした間の暇つぶしや就寝前の数十分にはちょうど良い機能なのかもしれませんね。

Instagramのフィードに投稿される動画のうち、半数近くの45%が15秒以下であることからもわかるように、短尺の動画コンテンツを楽しむ利用者が急速に増えています。

引用)Facebookニュースルーム

短尺動画にどれほどの販売促進力があるかは分かりませんが、アパレルや化粧品のように、瞬間的且つ視覚的に品質の良し悪しを判断できるようなものであれば効果を発揮するかもしれませんね。


関連記事

Instagram:個人のマネタイズ強化

Instagramでは米国現地時間6月8日に、インフルエンサーとなるクリエイターの収益化サポートのための各種機能強化を発表しました。要は「インフルエンサーのお金儲けを支援→Instagramアクティブユーザーの確保→Instagramの発展」という図式ですね。 バッジ機能の強化 2020年10月にテ ...(続きを読む)

Twitter:Tip Jar機能

5月7日、英語圏のみの対応ですが、ついにTwitterが投げ銭機能である「Tip Jar」を導入したと発表しました。先日発表のチケット制スペースに続き、いよいよユーザーのマネタイズに本格支援参入する形ですね。 Tip Jarとは この度、Twitterが発表したのはTip Jar機能。直訳すると「チ ...(続きを読む)

Twitter:スペース始動

今年の3月に紹介しましたTwitterスペースですが、2020年12月からのテスト期間を経て、ついに5月6日、正式リリースしましたのでご紹介します。 スペースを作れる人はフォロワー600人以上 TwitterスペースはまんまClubhouseです。使い方は以前の記事をご参考ください。今までのテスト期 ...(続きを読む)

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。