Twitter:フリート機能

Twitterが2020年11月11日よりフリート(Fleets)機能を実装しました(「ee」と重ねるのはTweetからの語呂合わせでしょうか)。24時間で消えるツイートです。画像や動画だけでなくテキストの色や配置もいじれます。Instagramのストーリーズ機能にめちゃくちゃ似ています。

ふわふわ

フリートって?

「fleet」は形容詞や動詞として、速い、素早く通り過ぎる、速く消えて行く、束の間の、儚い、等の意味があります。本当にInstagramのストーリーズに似ています。ホーム画面右上の+アイコンからフリートできるのですが、テキストや写真、動画を装飾して24時間で消えるフリートを足していくことができます。

フリート

テキスト、ツイート、写真、動画をフリートし、自分のフリートを様々な背景とテキストのオプションとともにカスタマイズできます。フリートの中でツイートを共有するには、ツイートの下の「共有」アイコンをタップし、「フリートで共有」をタップします。そのツイートについての感想をテキストや絵文字で伝えてみてください。そしてまもなく、ステッカーとライブ放送をフリートで利用できるようになります。

引用)Twitterブログ

そして、Instagramのストーリーズ同様、フォローしている人のフリートが画面上部にプロフアイコンとして表示されます。

フリート例

ふわふわ

短編動画市場へ後発参入

今後、このフリート機能がライブ放送等にも対応していくとなると、いよいよYouTubeやInstagram、TikTok等に肩を並べる感じで短編動画市場に参入するのだと思います。というのも、私はおそらく今回のこのTwitterのフリート機能は単にテキストでツイートできることを目的としているわけではなく、短編動画の拡張性を見据えていると考えるからです。
これによって、長年Twitterが課題として抱えている「マネタイズ」に関する糸口が掴めれば良いですが…今の段階で私にはそこまで想像することはできません。

ただ、フリートのテスト期間中において、フリートがユーザー間のコミュニケーションを活性化していることが分かったようです。

ブラジル、イタリア、インド、韓国で行ったテストを通じて、フリートが会話への参加のハードルを下げていることが判明しました。フリートがあるほうが、より多くの会話がTwitter上でなされることも確認できました。

引用)Twitterブログ

フリートの活用によってユーザー間のコミュニケーションが活性化されれば、今までのように「点在する個人が点でつぶやく」ことも薄まり、新しいビジネスの機会を生むようになるかもしれませんね。

今後の動向に注視していきたいと思います。


関連記事

Twitter:フリート廃止

2020年11月に実装されたTwitterのフリート機能ですが、不人気のため廃止となるようです(笑)。Twitterが公式ブログで発表しました。8月3日までですので、実質約9ヶ月の稼働でしょうか...。音声コミュニケーションの可能性の問題なのか、Twitterユーザー特性の問題なのか。 公式ブログよ ...(続きを読む)

Instagram:リール広告開始

Instagramでは、2020年8月にリール機能が始まり、その後12月にそのままショップ機能に繋がるようになりました。そんなリールで広告配信が始まりましたのでご紹介します。 リール広告はTikTokの合間に流れるYouTube広告みたいなもの リール自体は30秒以内の動画です。そのリールだけをひた ...(続きを読む)

Instagram:個人のマネタイズ強化

Instagramでは米国現地時間6月8日に、インフルエンサーとなるクリエイターの収益化サポートのための各種機能強化を発表しました。要は「インフルエンサーのお金儲けを支援→Instagramアクティブユーザーの確保→Instagramの発展」という図式ですね。 バッジ機能の強化 2020年10月にテ ...(続きを読む)

Twitter:Tip Jar機能

5月7日、英語圏のみの対応ですが、ついにTwitterが投げ銭機能である「Tip Jar」を導入したと発表しました。先日発表のチケット制スペースに続き、いよいよユーザーのマネタイズに本格支援参入する形ですね。 Tip Jarとは この度、Twitterが発表したのはTip Jar機能。直訳すると「チ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。