Twitter:フリート機能

Twitterが2020年11月11日よりフリート(Fleets)機能を実装しました(「ee」と重ねるのはTweetからの語呂合わせでしょうか)。24時間で消えるツイートです。画像や動画だけでなくテキストの色や配置もいじれます。Instagramのストーリーズ機能にめちゃくちゃ似ています。

ふわふわ

フリートって?

「fleet」は形容詞や動詞として、速い、素早く通り過ぎる、速く消えて行く、束の間の、儚い、等の意味があります。本当にInstagramのストーリーズに似ています。ホーム画面右上の+アイコンからフリートできるのですが、テキストや写真、動画を装飾して24時間で消えるフリートを足していくことができます。

フリート

テキスト、ツイート、写真、動画をフリートし、自分のフリートを様々な背景とテキストのオプションとともにカスタマイズできます。フリートの中でツイートを共有するには、ツイートの下の「共有」アイコンをタップし、「フリートで共有」をタップします。そのツイートについての感想をテキストや絵文字で伝えてみてください。そしてまもなく、ステッカーとライブ放送をフリートで利用できるようになります。

引用)Twitterブログ

そして、Instagramのストーリーズ同様、フォローしている人のフリートが画面上部にプロフアイコンとして表示されます。

フリート例

ふわふわ

短編動画市場へ後発参入

今後、このフリート機能がライブ放送等にも対応していくとなると、いよいよYouTubeやInstagram、TikTok等に肩を並べる感じで短編動画市場に参入するのだと思います。というのも、私はおそらく今回のこのTwitterのフリート機能は単にテキストでツイートできることを目的としているわけではなく、短編動画の拡張性を見据えていると考えるからです。
これによって、長年Twitterが課題として抱えている「マネタイズ」に関する糸口が掴めれば良いですが…今の段階で私にはそこまで想像することはできません。

ただ、フリートのテスト期間中において、フリートがユーザー間のコミュニケーションを活性化していることが分かったようです。

ブラジル、イタリア、インド、韓国で行ったテストを通じて、フリートが会話への参加のハードルを下げていることが判明しました。フリートがあるほうが、より多くの会話がTwitter上でなされることも確認できました。

引用)Twitterブログ

フリートの活用によってユーザー間のコミュニケーションが活性化されれば、今までのように「点在する個人が点でつぶやく」ことも薄まり、新しいビジネスの機会を生むようになるかもしれませんね。

今後の動向に注視していきたいと思います。


関連記事

Instagram:ライブ配信機能拡張

Instagramでは、新型コロナ禍において、今までもライブ配信やIGTVに関してデスクトップでも利用できるようになったりして機能拡張をしてきましたが、この度ライブ配信に関して更なる機能拡張をしました。ライブ配信時間がそれまでの1時間から最大4時間までになったことが大きな拡張ポイントですかね。米国現 ...(続きを読む)

Instagram10周年

Instagramが2010年10月6日に誕生して10歳になりました。おめでたいですね。日本だけでも月間アクティブアカウントが3,300万を超えています。今回、新機能もありましたので、ちょっとだけご紹介します。 Instagramの軌跡 ここ10年間でInstagramがどう進化したかは、専用の英語 ...(続きを読む)

Instagram:まとめ機能テスト

NAVERまとめが9月末で完全終了しますが、それに入れ替わるようにInstagramでまとめ記事を作れる機能が(日本を含め)テスト導入されました。Instagramが発表していますので、その内容をご紹介します。 発表内容と機能 簡単に言うと、他の人の投稿画像や動画を周辺情報含め一定のテーマに即してま ...(続きを読む)

InstagramでTikTok!?

米中対立によってTikTokが色々と槍玉に挙がっているタイミングで...Instagramは、米国現地時間2020年8月5日に「リール(Reels)」という新機能を発表しました。まぁ簡単に言えば、早送り等を含む簡易編集しながら音楽に合わせて15秒の短尺動画を作れる機能です。TikTokみたいなもので ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。