InstagramでTikTok!?

米中対立によってTikTokが色々と槍玉に挙がっているタイミングで…Instagramは、米国現地時間2020年8月5日に「リール(Reels)」という新機能を発表しました。まぁ簡単に言えば、早送り等を含む簡易編集しながら音楽に合わせて15秒の短尺動画を作れる機能です。TikTokみたいなものですね。

Reels

ふわふわ

どんな内容?

Instagramの中からカメラアイコンをタップして撮影モードを「リール」にします。撮影時には、ARエフェクトや撮影速度、その他機能を使いながら動画を作り、音源や各種効果を乗せて編集すれば、簡単に最大15秒の短尺動画が作れます。撮影・編集した動画をスマホ端末に保存することはできませんが、公開しながらInstagramアカウント内のアーカイブとして残しておくことが可能です。誰かの「リール」を見たければ検索アイコン(発見タブ)内に「リール」専用枠があり、そこから「リール」アイコンが付いている動画を閲覧できます。

リール動画を作成する方法

リールの特徴のひとつは、豊富なクリエイティブツールを使って、簡単にエンターテインメント性の高い動画を作成・編集できることです。動画の作成方法は以下の通りです。

  1. ストーリーズ専用カメラを起動する(ホーム画面の左上にあるカメラのアイコンをタップ)
  2. 画面下部に表示されるオプションから[リール]を選択
  3. 画面の左側に表示される様々なクリエイティブツールを使用し、中央の撮影ボタンを長押しして動画を撮影
  4. クリエイティブツール:音源・エフェクト(ARカメラエフェクト)・速度・タイマー・位置合わせの5種類(詳細は別添資料を参照)
  5. 15秒のうち、複数の動画クリップを組み合わせても、1本のクリップのみでも作成可能
  6. スマートフォンのギャラリーから動画をアップロードしたり、クリップごとにエフェクトや速度など、撮影の設定を変更することも可能
  7. 撮影が終了したら、編集画面でテキストやスタンプを追加
  8. テキストツールで追加した文字は、どのタイミングで表示・非表示するか選択可能

参考キャプチャ

参考画面

引用)Facebookニュースルーム

Instagramは畳みかけるように様々な機能拡張や新機能をロールアウトしていますが、ここにきて満を持して「リール」をリリースするとは…圧倒的ですね。

ふわふわ

それにしてもこんなに露骨に…

「TikTok」騒動の中、絶妙なタイミングでリリースしたと思います。これは誰が見ても明らかな対抗策ですよね。しかも、既に巨大な利用市場を持つInstagramからのリリースなので、市場のリプレイスはそこまで困難でもないと思います。

短尺動画サービスは、15秒~1分程度の動画が投稿できる中国発のアプリ「ティックトック(TikTok)」が席巻しているが、米国では「安全保障上の懸念がある」という理由から使用を禁止する方針。禁止回避のため、マイクロソフト(Microsoft)はトランプ大統領からの容認を受け、ティックトック運営会社のバイトダンス(ByteDance)に対し米国事業の買収交渉を進めている。短尺動画サービスにおいてはYouTubeも最大15秒の動画を投稿できる新機能のテストを米国で今年6月に開始しており、インスタグラムとYouTubeともにティックトックに対抗する狙いがあると見られている。

引用)FASHIONSNAP.COM

さぁ、間に挟まれた日本市場は、この短尺動画戦争にどう揺れ動いていくのでしょうか。楽しみですね(笑)。


関連記事

Instagram:ライブルーム新設

Instagramのライブ配信は人気の機能ですよね。インフルエンサーが視聴者にライブ動画を配信する機能です。これはインフルエンサーとなるユーザーが別の不特定多数ユーザーに配信するだけでなく、ホストとなって他のユーザーとの1対1のコミュニケーション動画もライブ配信することができました。つまり2人のやり ...(続きを読む)

Twitter:クソリプ抑止テスト再開

以前より、Twitterではリプライ時にセンシティブな内容を含んでいる場合、いったん立ち止まって考えるようiOSアプリでテストをしていました。これが2020年5月頃の話です。その後2020年8月にiOSやAndroidアプリ、Webにてテストを行いつつ、並行してツイート時にリプできる対象者を絞る機能 ...(続きを読む)

人がメディア化する時代のYouTube

私は常々「人がメディア化している今の時代において、もはやプラットフォームはなんでも良い」と言っています。TwitterやYouTube、Instagram等のSNSが盛んになることで、ユーザーは当初そのプラットフォームの可能性を楽しんでいましたが、SNSが成長期から成熟期になるにつれ、プラットフォー ...(続きを読む)

Clubhouseを始める前に

連日マスコミでも取り上げていることもあり、Clubhouseの招待枠が1人5枠までロールアウトしていることを機に、アーリーアダプターからアーリーマジョリティまで利用者が広がっているようです。そこで、Clubhouseの利用を始める際、最初にClubhouse側から案内される招待記事を和訳しましたので ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。