Core Web Vitalsの導入時期

Core Web Vitals(ウェブに関する主な指標)について、今までご紹介してきました。そしてCore Web Vitalsが導入されるのは2021年であることと、導入6ヶ月前に発表すること、が前提でした。そしてこの度ついに来年5月になると発表されましたので、ご紹介します。

ふわふわ

Googleからの発表内容

米国現地時間11月10日、GoogleのWebmaster Central Blogによれば、時期だけでなく優れたページには何かしらのラベル等が表示されるようです。

Google検索にページエクスペリエンスシグナルが導入される時期について

今年5月、GoogleはページエクスペリエンスシグナルがGoogle検索でのランキングに組み込むことを発表しました。これらのシグナルは、Webページ上の多岐に渡る接触をユーザーがどう認識しているか検証し、ユーザーがWebから最も有益で楽しいページ経験を得られるようにする、というGoogleの継続的な取り組みにも役立っています。過去数ヶ月の間に、LighthouseとPage Speed Insightsを利用しているユーザー数が中央値で70%増加しており、多くのサイトオーナーがSearch ConsoleのCore Web Vitalsレポートを利用して改善を図っているものと考えられます。

本日、ランキング要因におけるページエクスペリエンスシグナルが2021年5月にロールアウトされることを発表します。新しいページエクスペリエンスシグナルは、Core Web Vitalsと、従来のシグナルでもあるモバイルフレンドリーセーフブラウジングHTTPSセキュリティ画面を覆うインタースティシャルガイドライン等を足し合わせたものとなります。

また、AMP以外のコンテンツがモバイル検索のトップストーリーズ機能に表示されるようになる仕様変更も2021年5月に実施される予定です。Googleニュースのコンテンツポリシーを満たしているページはすべて対象となり、AMPで実装されていようが、他のWeb技術で実装されていようが、ページエクスペリエンスが優れているページを優先して検索結果に表示します。
上記のタイミングでの更新に加え、検索結果の中で素晴らしいページエクスペリエンスを持つページをハイライトする視覚的指標のテストも予定しています。

Google検索で優れたページエクスペリエンスをハイライトする新しい方法

ページエクスペリエンスの質に関する情報を提供することは、ユーザーが検索結果からWebページを選択する際に役に立つと考えています。例えば、検索結果上におけるスニペットや画像プレビュー表示等は、ユーザーがリンク先ページ内容を予め理解する上で、端的に伝えられる便利な機能と言えるでしょう。検索結果に表示する視覚的指標に関しましても、それがページエクスペリエンスの基準を満たしているかどうか分かりやすくするためのものです。これが近日中にテスト予定であり、検証が上手くいけば2021年5月に導入予定で、その進捗状況については、また近々詳細をお伝えします。

ページエクスペリエンスを改善するためにパブリッシャーとして利用できるツール

これらの更新に対応すべく、パブリッシャーがページエクスペリエンス改善に役立てられる様々なツールをリリースしてきました。最初のステップは、サイト全体を見直しどのページに改善余地があるか確認することです。Search ConsoleのCore Web Vitalsに関するレポートでは、サイトがどのように機能しているかの概要と問題点を深く掘り下げて確認することができます。問題が特定できれば、Page Speed InsightsLighthouseを使ってその問題を修正する作業に役立てられます。web.dev/vitals-toolsにアクセスして、修正を始めるのに必要なツールをおさらいしてみましょう。
そして、AMPは優れたページエクスペリエンスを達成したいと考えているパブリッシャーにとって、最も簡単で費用対効果の高い方法のひとつです。AMPチームが行った分析によると、AMPページのほとんどが優れたページエクスペリエンスを達成しています。最近、AMPを使ったパブリッシャーのために実行可能な診断とアドバイスをするツールであるAMPページエクスペリエンスガイドを立ち上げたので、ぜひご参考ください。
引き続きGoogle検索ではAMPコンテンツをサポートしていきます。AMPコンテンツを公開している場合、Google検索は従来通りキャッシュに最適化されたAMPバージョンのページを読み込み、ユーザーへ優先表示するようにしていきます。

おわりに

Google検索の使命は、検索ユーザーが最も関連性が高く、質の高いWebサイトページを見つけられるようにすることです。今回のアップデートの目標は、ユーザーが探している情報を確実に見つけられるようにしつつ、最高のページエクスペリエンスを提供することです。Googleの改良は常に行われているため、今後もより多くのシグナルを取り入れながら毎年更新していく予定です。私たちが提供してきたツールやリソースが、優れたWebサイトページの作成を容易にし、ユーザーに愛されるWebエコシステムを構築することに役立つことを願っています。ご質問やフィードバックがある場合は、ヘルプフォーラムTwitterでお知らせください。

引用)Webmaster Central Blog

ふわふわ

ポイントのまとめ

今回のGoogle発表記事によれば以下が2021年5月に導入される予定とのことです。

  • 従来に新しくCore Web Vitalsを追加したユーザーエクスペリエンスが検索順位に影響すること
  • 優れたユーザーエクスペリエンスのページには検索結果画面で何かしらハイライト(ラベル?)されること
  • AMPじゃなくてもモバイル検索でのトップストーリーズ枠に掲載されること
  • AMPは活き続き担いでいく(注力していく)こと

優れたユーザーエクスペリエンスのハイライトとは…今までは検索結果にAMPラベルとして雷のようなマークが検索結果に表示されてきたかと思いますが、これに取って変わるのかもしれませんし追加されるのかもしれません。その辺は今後のテスト結果で明らかになっていくようです。

いずれにしても検索順位が拮抗した(正確に言えば検索順位が拮抗するくらいクエリに対する同等のWebページであった)際、このページエクスペリエンスシグナルが影響してくると思われますので、目に見えて大きな順位変動を引き起こすものではないかと思います。

ただ、検索上位になるようなWebページ(ランクインページ)であればマストで改善した方が良いのではないでしょうか。検索ボリュームが大きいクエリでは、例えば検索結果の表示順位が4位か5位かで大きくクリック数が変わってきます。是非検索ボリュームが大きくて検索順位が高いページ順に見直してみてください。


関連記事

Search Console Insightsがリリース

2020年8月にSearch Console Insightsのベータ版がリリースされていました。私はベータ版の対象者になっていたので、当時は詳細を紹介していました。これが米国現地時間2021年6月15日に正式にリリース紹介されましたので、あらためてご紹介します。ここ数日間をかけて徐々にロールアウト ...(続きを読む)

SEOが不要になる

私の個人的な意見です。個人的な意見というのは、確証が無い憶測での記事ということですので、ゆる~い感じでご覧いただければと思います。 SEOとはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」の訳ですが、このSEOについて、何か特別なマークアップ以外はもう考えなくて良く ...(続きを読む)

GSCのクエリフィルタリング機能更新

先日、Google Search Console内での検索パフォーマンスで正規表現フィルタが新機能として実装されたことをご紹介しましたが、その後この機能がアップデートされたと米国現地時間6月1日にGoogleは発表しました。発表内容は日本語ですが、ここでもご紹介します。 Googleからの発表内容 ...(続きを読む)

202106コアアップデート

Googleは米国現地時間6月2日にコアアップデートを行うことをツイートしました。前回が米国現地時間2020年12月3日でしたので、約半年後の告知となっています。コアアップデートの度にGoogleは2019年8月のブログ記事を引用して発表していますが、その記事の和訳は私のブログでこちらに記載していま ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。