• 202210スパムアップデート

202210スパムアップデート

Googleは米国現地時間10月19日、スパムアップデートを行ったとツイートしました。Googleのランキングのリリース履歴を見ると、2日後となる10月21日にはロールアウトが完了したとのことでしたが、一報として記事にしておきます。

本日2022年10月スパムアップデートをリリースしました。
https://developers.google.com/search/updates/spam-updatesでスパムアップデートについての詳細をご確認ください。ロールアウトが完了したら、ランキングのリリース履歴ページを更新します。

引用)@googlesearchcより和訳

各種ドキュメントの状況

まず、今回の202210スパムアップデートについてGoogleが公表したのが上記Twitterです。その2日後にロールアウトが完了したため、ランキングのリリース履歴に以下の表記が追加されました。

2022年10月スパムアップデートをリリースしました。このアップデートは世界中全ての言語が対象です。ロールアウトは2022年10月21日に完了しました。

引用)List of Google Search ranking updatesより一部和訳

そして、ツイート内ではスパムアップデートに関するドキュメントを紹介し、その説明をしています。このスパムアップデートに関するドキュメントは日本語化していますので和訳の必要は無いかと思います。Googleがスパムの検出をどうしているのかについてのサイトページと合わせてご覧ください。

スパムアップデートの仕組みについて

もう散々私も、このブログで紹介してきているので割愛しますが、Googleがスパムアップデートをどうやって検出&対策していくのかについてはこちらの記事内の和訳内容にまとまっていますのでご参考ください。そして以前にもご紹介していますが、Googleでは以下の3つのスパムフィルタリングが機能しています。

  1. クロール時にスパムを自動検知し、インデックスするかどうかを判断(サイトマップやSearch Consoleのインデックスリクエスト時にも機能)
  2. インデックス済みのコンテンツを分析し、検索に合致したコンテンツがスパムかどうかをダブルチェック(併せて捕捉されたケースを記憶)
  3. ロボットで漏れた残りのわずかなスパムについては、Googleの専門チームが手動対処(併せて捕捉されたケースを上記システムに記憶)

この1.2.の部分をアップデートしているのがスパムアップデートです。スパムアップデートはあくまでも一部の悪質なWebサイトページ、またそれらの被害を受けているWebサイトページが対象です。そして、何がスパムかというのに関してはこちらのドキュメントをご参考ください。

GoogleのSpamBrainというAIは非常に優秀ですので小手先のズルはすぐに見抜かれます。「スパムアップデートに駆逐されないようにサイトに何かを施す」のではなく「そもそもユーザーに役に立つサイトを作る」という想いで向き合っていきましょう。


カテゴリー

新着記事

人気記事

過去記事