Search Console Insightsに関するFAQ

2020年8月にベータ版2021年6月に正式版がリリースされたSearch Console Insights。正式版のリリース以降、色々な声がGoogleに届いたらしく、それを踏まえたFAQが公開されていましたので、ここで和訳してご紹介します。

ふわふわ

Search Console Insightsの見かた

私はほぼ使っていませんのでよく分かりませんが、Search Console Insightsに関して、Search Central Blogの記事を和訳します。質問の多くはデータの取得方法やデータのズレ、見かたについてです。

Google Search Console Insightsの背景

Search Console Insightsは、Google Search Console(以下:GSC)とGoogle Analytics(以下:GA)の両方のデータを活用しながら、コンテンツ制作者やサイトオーナーそれぞれに合わせた便利な体験を提供するツールです。先日の発表後、コミュニティの皆様からは素晴らしいフィードバックをいただき、またデータに関する質問も寄せられました。
この記事ではそれらのご質問に対して回答しながら、いくつかのポイントに絞ってご説明します。例えば、GSC Insightsで表示されるデータをGAで表示されるデータと比較しようとした場合、いくつかの違いが見つかるかもしれませんがそれはなぜでしょうか?
 

Google Search Console Insightsのよくある質問

Google AnalyticsのデータがSearch Console Insightsに表示されないのですが…?
GAをSearch Consoleに適切に紐づけることで、コンテンツのパフォーマンスを理解するのに役立つ、より多くのデータにアクセスできるようになります。紐づけられていなかったら、Google Searchカード(※GSCの情報のみを示すGSC Insightsの項目)にしかアクセスできません。
GAデータがGSC Insightsに表示されない理由は下記が挙げられます:

  1. GSCプロパティがGAプロパティと紐づけられていない:ヘルプセンターで関連付けの方法をご確認ください。特に、GSCでHTTPとHTTPSのトラフィックに別々のプロパティを使用している場合は、トラフィックが最も多いプロパティのほうに紐づけるか、すべてのトラフィックを1つにまとめるためにドメインプロパティの利用をご検討ください。尚、現在はGoogle Analytics 4のプロパティを紐づけることはできませんが、今後紐づけられるよう作業を進めています。
  2. GAのユーザー権限が十分に付与されていない:GSCプロパティがGAプロパティに関連付けられていて、それでもGAデータが表示されない場合は、関連付けられたGAプロパティに、ユーザー権限の中でも「表示と分析」権限が付与されているかどうかをご確認ください。
  3. GSCで選択されているGAビューが間違っている:GSC Insightsでは、関連するプロパティ配下にある特定のGAビューにおけるGAデータが表示されます。プロパティ配下にGAビューがない場合は、データを生成することができません。選択されたビューは、Search ConsoleのAssociationsページで確認または変更できます。

 

Google Analyticsで表示されるデータがSearch Console Insightsと異なるのはなぜですか?
まず、こちらのヘルプセンターの記事にあるように、GAとGSCのデータは多くの点で異なることを理解することが重要です。一方はGoogle検索上で発生したアクティビティを表し、もう一方は皆様のサイト上でのユーザーの行動を表しているため、データは定義によって異なります。さらに、具体的に見るべきポイントをいくつかご紹介します:

  • ページタイトルとURL:GSCの他レポートはURLに基づいていますが、GSC InsightsはGAのページタイトルに基づいています。各ページタイトルには、複数のURLが存在する可能性があります。GSC Insightsでは、最も顕著である正規URLを抽出して検索データを取得します。
  • 日付の範囲:GSC Insightsは、過去28日間のGAデータを表示します(最終日はデータを部分的に使用する場合があります)。GAのデフォルトの時間範囲とGSCのデフォルトの時間範囲は異なるため、比較する際には日付が同じであることを確認してください。また、GAではタイムゾーンを設定できますが、GSC Insightsでは常に太平洋夏時間が使用されるため、同じ日であっても比較するとズレる場合があることをご注意ください。
  • メトリクス:GSC Insightsでは、GAの指標(ページビュー、平均ページ滞在時間)と検索の指標(クリック数、平均順位)を組み合わせています。これらのメトリクスは、サイトの異なる軸で算出しており、計算方法も異なります。

 

Search Console Insightsはどのように「新しいコンテンツ」を判断するのですか?

「新しいコンテンツ」カードでは、過去28日間に初めてページビューを得たサイト内のページが表示されます。各タイトルについて、パフォーマンスが高い正規URLの上位検索クエリを示すこともあります。コンテンツは最新のものから順に表示され、少なくとも数回のページビューがないと表示されません。このカードを生成するために使用する情報は、主に下記の3つです:

  • 過去28日間にトラフィックを得ているものの、前年にはトラフィックが一切なかったページタイトルを確認することから始めます。
  • いくつかのルールに則してデータをクリーニング(※使いやすいようデータを整理、修正)し、新しいコンテンツである可能性が低いページをフィルタリングします(例:タイトルを変更しているだけ、コメント投稿ページ、内部検索結果ページなど)。
  • 同じコンテンツの翻訳ページはフィルターで除外し、最もパフォーマンスの高いページのみを残します。翻訳されたページは、GAインターフェースのメトリクスとの混乱を避けるためにデータの集計は行ないません。

GoogleがGSC Insightsで最新のコンテンツを表示されていないからといって、そのコンテンツにトラフィックがないとか、インデックスされていないとは限りません。GSC InsightsではGAからデータを抽出する際に、まだインデックスされていないコンテンツも表示することができます。また、GSC Insightsのカードとして表示されるためにはクロールされるタイミングも関係ないため、コンテンツがクロールやインデックスされている必要もありません。
 

Search Console Insightsは、どのように「最も人気のコンテンツ」を判断するのですか?

「最も人気のコンテンツ」カードには、過去28日間のページビューで最もパフォーマンスの高かったページのタイトルが表示されます。各タイトルについて、主要な正規URLのトップ検索クエリを示すこともあります。このコンテンツのより詳細データを見るには、そのコンテンツをクリックして、ページの概要のデータを掘り下げることもできます。対象のURLがGSCプロパティ配下にない場合は、検索データをGSC Insightsに表示することはできません。
 

Search Console Insightsは、他のWebサイトからの参照リンクをどのように判断していますか?

「他のサイトからの参照リンク」カードは、他サイトからのコンテンツへのリンクを通じて、コンテンツがどのように見つけられたかを示しています。
このレポートの目的は、特定のページまで流入してくる入口がどのくらいあるか、代理的に情報を提供することです。GAでは、特定の参照元からのトラフィックを見ると、現在のセッションでのすべてのページビューが含まれてしまいます。一方GSC Insightsでは、特定の参照元からのセッションごとに、1つのページビュー毎にカウントします。あくまでも、この「他のサイトからの参照リンク」カードに表示されるトラフィックは、GAで見慣れているリファラルトラフィックのサブセットに過ぎません。
ちなみにこの仕組みは「上位のトラフィックチャンネル」カードでは適用されません。リファラルチャンネルと比較すると「他のサイトからの参照リンク」カードではページビュー数は通常少なくなるでしょう。
 

Google検索カードでクリック数がページビュー数より少ないのはなぜですか?
クリック数がページビュー数よりも少ない理由は、主に3つあります:

  • 1クリックが1以上のページビューを生む可能性があります – 特定のセッション上の他のページビューも、Google/オーガニック検索としてカウントされます。詳しくはセッションの定義と分類方法についてをご確認ください。
  • GAによるGoogle/オーガニックのページビューには、検索、画像検索、動画検索など、Web検索結果よりも多くの要素が含まれます。
  • GAとGSCは、必ずしも同じグループのページをレポートしているわけではありません。例えば、GSCアカウントにはHTTPページのみが含まれているのに対し、GAではHTTPとHTTPSの両方がレポートされる場合があります。

 

GSC Insightsのカードのバッジは何を意味していますか?
GSC Insightsにバッジを導入したのは、データについて興味深い様々なパターンにも着目するためです。今のところ、3種類のバッジがあります:

  • 長時間滞在:サイトの他のコンテンツと比較して、平均滞在時間が長いコンテンツが選ばれます。これはユーザーが魅力的だと感じたコンテンツの可能性があるでしょう。
  • 上位5位の検索結果:指定されたクエリに対する過去28日間のGoogle検索(オーガニック)でのコンテンツの平均掲載順位が5位以上のものを表します。
  • %表記:過去28日間と前回のパフォーマンスとの比較を表します。このバッジは、一般的なサイトに比べて著しく変化が大きい場合にのみ表示されます。

データの詳細、ヒント、その他のリソースを探す
GSC Insightsに掲載されている各カードの詳細を知るには、下のスクリーンショットにあるように、小さな帽子アイコンをクリックします。そこには、データの背景や解釈のヒントが掲載されています。例えば、図表の変化が何を意味するかについての短い説明や、図やテーブルで使用されている指標の定義などが説明されています。

ヒントのアイコン

ご質問やご意見がありましたら、GSC Insightsのフィードバック送信ボタンをクリック、Twitterでお問い合わせ、またはSearch Centralコミュニティを通してご質問ください。

引用)Search Central Blogより和訳

ふわふわ

Search Console Insightsからデータを見る人も多い!?

質問の内容を見ると、もともとGoogle AnalyticsやSearch Consoleを利用している人であれば凡そ分かるようなことも多い気がしますよね。ということは、世界的には今回のSearch Console Insightsで初めてデータ系を見る、なんて人も多いのかもしれませんね。

確かに気軽に確認できるという点では分かりやすいかもしれません。ただ、私のようにずっとデータ検証を仕事としている身にとっては(どんなに見づらくても)Google Analyticsを見てしまうんですよね…。


関連記事

202112商品レビューアップデート

Googleでは、今年4月の商品レビューアップデート以降、2回目の商品レビューアップデートを行ったと、米国現地時間12月1日にSearch Central Blogで発表しました。まずは前回の和訳した記事をおさらいいただいてから本記事をご覧いただければと思います。そして、その続編としてGoogleが ...(続きを読む)

202111コアアップデート

遅ればせながら...ですが、Google検索では、去る米国現地時間11月17日に、コアアップデートを行うことを発表しました。その翌日にはロールアウトが始まり、1,2週間で完了するとのことでしたので、そろそろ終わっているかもしれません。速報ではないものの、一応今後のアーカイブのためにここでも記事にして ...(続きを読む)

Search Consoleを改善していくみたい

2018年1月から全ユーザーが徐々に新しいSearch Consoleへリニューアルされるようになり、2019年9月に旧Search Consoleが完全に終了しました。それから2年以上、機能の追加はあったものの、基本的UIは変わらなかったSearch Consoleですが、この度デザインが変わりま ...(続きを読む)

Googleビジネスプロフィール

GoogleマイビジネスがGoogleビジネスプロフィールという名称に変わります。そして、ビジネスプロフィール所有アカウント者はGoogleにログインしている状態で完全にGoogle検索結果画面やGoogleマップから内容編集や設定ができる用になります。Googleが米国現地時間11月4日と11月5 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。