7月13日の検索順位変動

先週末(2019年7月13日)を境に、少し検索順位が揺れている傾向が見受けられました。私がウォッチしているキーワードで一部順位変動を確認いたしましたので、その現象と相関性についてご紹介したいと思います。因果関係や改善策を講じるための記事ではなく、私の感想としてのご紹介です。

順位変動

ふわふわ

検索順位の変動内容

私が順位変動を感じたのは、美容系と健康食品系、求人系と保険系です。いわゆるYMYL(Your Money or Your Life)系ですね。以下はその中の一例です。各キーワードに対する各サイトの検索順位推移をGRCからキャプチャーしたものです。

順位推移例①

順位推移例②

これ、どちらも違うジャンルの違うサイトです。そしてどちらも今年に入ってから主だったサイト改善作業は行っておりません。そして、上のサンプルはページ間のコンテンツ類似が生じ、キーワードのランクインページが安定していないサイトでした(キーワードカニバリゼーションが起きていました)。下のサンプルは薬事法に抵触している箇所がありました(効果・効能を謳ってしまっています)。

注目すべきは、どちらも2019年6月のコアアルゴリズムアップデートで検索順位が上がっていたことです。そして、もともと2019年3月のコアアルゴリズムアップデートで徐々に下がっていったということです。

ふわふわ

・・・つまりは?

3月のコアアルゴリズムアップデートでは、個人的にとても納得のいく検索評価とは思えませんでした。そして6月のアップデートでは、3月に下落した(不当とも思える検索順位の)サイトページが復調した感じがしました。それはそれで納得のいく検索評価が多かったように感じました。しかし、一方で6月当時は「このサイトページでこんな順位!?やりすぎだろ」という検索結果がチラホラあったのも事実です。これは全て私の感想ですが…。

そしてこの7月13日のタイミングで、「このサイトページでこんな順位!?やりすぎだろ」というのが下落したような印象です。つまり、6月のコアアルゴリズムアップデートの副作用を微調整した印象です。

とはいっても、私がウォッチしている求人系では40位から一気に10位まで上がってきたり、3月の時点で5位だった保険系サイトページが6月で2位、今回で1位になったり、とクエリによって様々な順位変動を見せています。ですので、必ずしも7月13日の段階で大幅に順位下落しているサイトページだけではないということだけご理解いただければと思います。

このように、Googleはより精度の高い検索結果を表示するために色々なアップデートとマイナーチェンジを繰り返しているのでしょうね、紆余曲折しながら。

年内は少なくともあと2,3回くらいコアアルゴリズムのアップデートがあるような気がしてなりません。なんか楽しみですね(笑)。


関連記事
GoogleはChromeにて、HTTPSサイトページの中にHTTPのリソースが含まれている場合、今後は混合コンテンツとしてデフォルトでブロックしていくと、Security Blogで発表しました。 混合コンテンツって? まず最初に理解しておかなければならないのは混合コンテンツというものについてです ...(続きを読む)
Google Search Console(以下:GSC)で「アドレス変更」が実装されました。新しいGSC用に生まれ変わって導入されたので、機能自体が新しいわけではありませんが、一応Googleが公表してくれています。 概要は? Googleの発表は以下の通りです。 Launching today ...(続きを読む)
最近、非常に多くなってきたリッチリザルト。構造化データのマークアップによるものが多いですが、マークアップはしたものの、サイトオーナーは「本当に出ているのかなぁ」と疑問に思うかもしれません。そこで、Google Search Console(以下:GSC)でリッチリザルト表示がどうやって確認できるかに ...(続きを読む)
今回はE-A-Tについて私なりに書いておこうかと思います。まず知っておいていただきたいこととして、E-A-Tは無形です。E-A-Tはアルゴリズムではありません。もっと言ってしまえば幻想です。「E-A-T対策」とか訳のわからないことを言う人がいますが、単純にGoogleにとってE-A-Tは「どんな人が ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。