201906コア・アップデート

日本時間2019年6月4日(米国現地時間6月3日)にGoogleのコアアルゴリズム・アップデートがありました。もちろん通常通りのロールアウト(徐々に展開)していく感じですが、早速一部で変化が見受けられましたのでご紹介したいと思います。

アップデート

ふわふわ

今回は予告形式

サイト運用者からの希望もあり、今回のコアアルゴリズム・アップデートは前日に予告される形となりました。今までは「年数回のコア・アプデだけど、先週されたからヨロシク」程度でしたので、予告形式になったのは驚きですね。次回以降もこういう形式になるのかは分かりませんが、サイト運用者はこれにより“覚悟”だけはできたのではないでしょうか(笑)。

明日、年に何度か行っているコアアルゴリズムのアップデートを広く展開します。通称、201906コア・アップデートです。このアップデートに関するガイダンスに関しては、以前より繰り返し行っていますので、詳しくはこちらのツイートをどうぞ:

引用)@searchliaisonより意訳

その後もGoogleは公式にツイートしています。

いくつか質問を受けていますが、201906コア・アップデートはまだ始まっていません。始まったらまた告知します。

引用)@searchliaisonより意訳

201906コア・アップデートが始まり、現在様々なデータセンターで徐々に展開しています。

引用)@searchliaisonより意訳

データセンターとは、分野のようなイメージで捉えて宜しいかと思います。それが何を指すのか――キーワードか国かサイトか分かりませんが、(今までと同様に)全体的にアップデートされるまでにはある程度の時間がかかるかと思われます。

ふわふわ

実際にはどう?

なんとなく私が感じていたのは、YMYLの中でも医療系への影響が早速出た印象です。実際、今日現在でベンチマークサイトが以下2つの美容系キーワードで順位向上しておりました。

11位から1位へ

圏外から35位へ

ここ数ヶ月不安定だったサイトページが一気に復調(それ以上の上昇)しました。そして、それを裏付けるようにJADEの辻氏のツイートがあり、現状に関してすんなり納得しました。

私が把握している限りで確認できたのは美容系だけで、医療系ではまだ確認できていませんが、上昇要因を考えるよりは下降要因を考えた方が体系的理解が出来そうな気がしました。今年に入って(3月のコア・アアプデ以降)確かに不当に順位下落しているようなサイトが見受けられました。「凄いしっかり内容が詳しく書かれていて、有意義なサイトページなのになぜ下落しているの?」という印象を受けました。そして、その際、私は個人的に「サイト単位ではなくページ単位で評価されている傾向が強いなぁ」と感じていました。

つまり、非常に良く書けているサイトページでも、ランクインページに対するアルゴリズム判断が曖昧なせいで、3月付近から下落したり、不安定になっていたのではないかと考えていました。逆に言えば、明確なランクインページがあるサイトが上位に来ていたようにも感じます。それが今回のアップデートによって、明確なランクインページがあっても評価が低いサイトページは順位が下落したのではないかと感じています。もちろんその逆も然りです。
結果、前述のような順位変動が見受けられたのではないか、と。

これはあくまでも…あくまでも私の個人意見ですし、こういった判断が非建設的なSEOを生んでしまうことも理解し、そしてその理解もしていただくことを前提としまして…ちょっと書いてみました。はい、「そういう勝手な個人意見を述べるから、それに向けたブラックハットなSEOが生まれるんだ!余計なことを言うな!」という声が聞こえてきそうです(笑)。

でも今回の私の意見は、サイトオーナー側も真っ当なSEO施策の方向に向かうべきことを裏付けるような考えだとは思いますので、まぁ…書いても良いでしょ(笑)。


関連記事
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)
今回は個人的な見解の話です。 最近は、ブラックなSEO業者もあぶり出されつつあるようで、SNSでも悪質なSEO業者だと指摘されるケースも多く見受けられます。それはそれでSEOが健全になっている証拠かとも思いますし、非常に良いことです。しかし同時に、それはSEO発注元とホワイトなSEO業者の声が強いわ ...(続きを読む)
Googleは、米国現地時間2019年8月7日、Googleの各種ツール内でもレンダリング結果を最新で確認できるようになったとWebmaster Central Blogで発表しましたので、その内容をご紹介します。 あらゆるツールでGoogleのレンダリング状況を最新に Googleでは、今年の5月 ...(続きを読む)
既に何度かテスト的に経験したことがあるかとは思いますが、米国現地時間8月6日、Googleは正式に検索結果画面のUIデザインを変更したことを発表しました。The Keywordより意訳してご紹介します。 画像検索から検索心理を満たしやすくするために... The Keywordでは、以下のように紹介 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。