【正式】デスクトップ検索結果もデザイン変更

Googleはモバイルの検索結果画面のデザインを2019年5月に変えました。アイコン表示によってサイト選択の直観性を重視した形となりました。その後、デスクトップ版でも同様の検索結果デザインが散見されましたが、いよいよ正式にデスクトップの検索結果デザインも変更したとツイート発表されましたのでご紹介します。

アップデート

ふわふわ

Googleの発表内容

Googleがツイートしている内容をご紹介します。

昨年、Googleのモバイル端末上での検索結果画面で新しい見え方になりました。今週からはデスクトップでも、サイトのドメイン名とブランドアイコンが目立って表示され、広告の場合は「広告」とラベリングされる検索結果画面のロールアウトが始まります。これが実際の見え方です:

引用)@searchliaisonより和訳

 

新しいフォーマットではサイトのブランドを中心に情報配置することで、検索ユーザーはその情報がどのブランドから発信されているのか直観的に理解できるので、情報を素早く把握し、どのサイトページにアクセスしようか判断しやすくなります。この形式をモバイル上で始めた際、新しい検索結果画面の見え方をまとめた昨年の記事がございますので、詳細はこちらでご確認ください。

引用)@searchliaisonより和訳

 

こちらにてご説明しているように、サイトオーナーは、Google検索結果の横に表示させたいファビコンを定義できます。

引用)@searchliaisonより和訳

 

昨年このブログでも、モバイルでの検索結果デザインが変わった際とデスクトップでも変化が見受けられるようになったタイミングで、それぞれ記事化していますので併せてご確認ください。

ふわふわ

いよいよちゃんとファビコン設定を

今後少しずつ変わっていくようですので、まだ検索結果には個人差が出ていると思います。私は既にデスクトップ版で何度も新しい検索結果デザインに触れていましたので違和感はないでしょうが、今後はより直観的に検索ユーザーが理解するようになると思いますので、ファビコンはしっかり設定しておいた方が良いでしょう。

あと、滲んで見えるファビコンも結構目にしますが、そういうのもあまり好ましくないので、はっきり表示されるファビコンに作り直すことをオススメします。


関連記事
Googleのリッチリザルトテストツールにおいて、テスト結果内に表示される「ページの読み込みに関する問題 詳細を表示」をクリックすると読み込めない外部リソースを指摘してくれる機能が追加された、とGoogleがツイート発表していましたのでご紹介します。 どういう内容? まずはGoogleのツイート内容 ...(続きを読む)
米国現地時間1月13日にコアアップデートを行うとGoogleがツイート発表しました。正確には現地時間13日の夜にコアアップデートを行うという事前告知でしたので、このブログを執筆しているタイミング(日本時間1月14日午後)にはアップデートが始まっているかと思います。 発表内容 Later today, ...(続きを読む)
SEOにおいて考える時、まず最初に「サイトをどうしたいのか」という要件が必要です。もう数年前までのように「○○というキーワードで検索1位を」云々という人はおらず、どういう市場に対してどうアプローチをしていくべきか、までしっかり見定めてからご相談いただくケースも多くなってきています。しかし、その時点で ...(続きを読む)
あけましておめでとうございます。2020年です。さて、昨年の米国現地時間12月27日にGoogleのWebmaster Central Blogにて2019年を振り返った記事があがっておりましたので、今年一発目としてそのご紹介をしたいと思います。年始ボケから頭を切り替えるにはちょうど良いかもしれませ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。