【正式】デスクトップ検索結果もデザイン変更

Googleはモバイルの検索結果画面のデザインを2019年5月に変えました。アイコン表示によってサイト選択の直観性を重視した形となりました。その後、デスクトップ版でも同様の検索結果デザインが散見されましたが、いよいよ正式にデスクトップの検索結果デザインも変更したとツイート発表されましたのでご紹介します。

アップデート

ふわふわ

Googleの発表内容

Googleがツイートしている内容をご紹介します。

昨年、Googleのモバイル端末上での検索結果画面で新しい見え方になりました。今週からはデスクトップでも、サイトのドメイン名とブランドアイコンが目立って表示され、広告の場合は「広告」とラベリングされる検索結果画面のロールアウトが始まります。これが実際の見え方です:

引用)@searchliaisonより和訳

 

新しいフォーマットではサイトのブランドを中心に情報配置することで、検索ユーザーはその情報がどのブランドから発信されているのか直観的に理解できるので、情報を素早く把握し、どのサイトページにアクセスしようか判断しやすくなります。この形式をモバイル上で始めた際、新しい検索結果画面の見え方をまとめた昨年の記事がございますので、詳細はこちらでご確認ください。

引用)@searchliaisonより和訳

 

こちらにてご説明しているように、サイトオーナーは、Google検索結果の横に表示させたいファビコンを定義できます。

引用)@searchliaisonより和訳

 

昨年このブログでも、モバイルでの検索結果デザインが変わった際とデスクトップでも変化が見受けられるようになったタイミングで、それぞれ記事化していますので併せてご確認ください。

ふわふわ

いよいよちゃんとファビコン設定を

今後少しずつ変わっていくようですので、まだ検索結果には個人差が出ていると思います。私は既にデスクトップ版で何度も新しい検索結果デザインに触れていましたので違和感はないでしょうが、今後はより直観的に検索ユーザーが理解するようになると思いますので、ファビコンはしっかり設定しておいた方が良いでしょう。

あと、滲んで見えるファビコンも結構目にしますが、そういうのもあまり好ましくないので、はっきり表示されるファビコンに作り直すことをオススメします。


関連記事

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

About This Result機能の更新情報

まだ日本には導入されていませんが、既に英語圏では「About This Result(この検索結果について)」機能が実装されています。今回はこの機能によって知り得る情報に新しい情報が追加されたとのことで、The Keywordでその説明がされています。この「About This Result」機能は ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。