検索結果のデザイン変更

ここ1年くらいずっと、変わったり変わらなかったりしていたGoogle検索結果のデザインですが、どうやらついに正式に変更されるようです。

アップデート

ふわふわ

どう変わるの?

Google金谷氏のツイートからも見て取れますが、一番の違いはファビコンが表示されたことですね。そして、その横に緑文字から黒文字になったURL(及びパンくず)が並びます。

また、以下旧デザインと見比べていただくと分かりますが、1つあたりのスニペットの天地の長さ(というかカードの天地のサイズ)が若干短くなったようです。タイトルと説明文の間の区切り線が無くなったことで、その分短くなっているようです。

検索結果のデザイン変更①

また、リスティング広告の場合はファビコンの位置に[広告]という表記が入ります。

検索結果のデザイン変更②

Googleは情報を発信しているサイト自体を目立つところに配置することによって、サイト名やそのロゴ、信頼感を「まずユーザーに直感的に知らしめる」ために、この表示順序にしたようです。

この新しいデザインによって、Webサイトのブランドを前面に押し出して(上部や中央に)配置できるため、情報の出どころや探している情報がどのページにあたるのか​、​を直感理解しやすくなります。

引用)The Keywordより意訳

また、併せてGoogleはファビコンの設定方法についても再喚起していますので、設定方法が分からない方は↓からご確認ください。

検索結果に表示されるファビコンを定義する – Search Consoleヘルプ
https://support.google.com/webmasters/answer/9290858

今回のこのデザイン変更は、まずモバイルからロールアウトしていくようで、今後数日でアップデートされていくようです。

なんか新鮮だし、洗練された印象を受けますよね。
個人的には、なかなか良いデザインだと思います。


関連記事

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

About This Result機能の更新情報

まだ日本には導入されていませんが、既に英語圏では「About This Result(この検索結果について)」機能が実装されています。今回はこの機能によって知り得る情報に新しい情報が追加されたとのことで、The Keywordでその説明がされています。この「About This Result」機能は ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。