検索結果のデザイン変更

ここ1年くらいずっと、変わったり変わらなかったりしていたGoogle検索結果のデザインですが、どうやらついに正式に変更されるようです。

アップデート

ふわふわ

どう変わるの?

Google金谷氏のツイートからも見て取れますが、一番の違いはファビコンが表示されたことですね。そして、その横に緑文字から黒文字になったURL(及びパンくず)が並びます。

また、以下旧デザインと見比べていただくと分かりますが、1つあたりのスニペットの天地の長さ(というかカードの天地のサイズ)が若干短くなったようです。タイトルと説明文の間の区切り線が無くなったことで、その分短くなっているようです。

検索結果のデザイン変更①

また、リスティング広告の場合はファビコンの位置に[広告]という表記が入ります。

検索結果のデザイン変更②

Googleは情報を発信しているサイト自体を目立つところに配置することによって、サイト名やそのロゴ、信頼感を「まずユーザーに直感的に知らしめる」ために、この表示順序にしたようです。

この新しいデザインによって、Webサイトのブランドを前面に押し出して(上部や中央に)配置できるため、情報の出どころや探している情報がどのページにあたるのか​、​を直感理解しやすくなります。

引用)The Keywordより意訳

また、併せてGoogleはファビコンの設定方法についても再喚起していますので、設定方法が分からない方は↓からご確認ください。

検索結果に表示されるファビコンを定義する – Search Consoleヘルプ
https://support.google.com/webmasters/answer/9290858

今回のこのデザイン変更は、まずモバイルからロールアウトしていくようで、今後数日でアップデートされていくようです。

なんか新鮮だし、洗練された印象を受けますよね。
個人的には、なかなか良いデザインだと思います。


関連記事
Googleが運用するweb.dev(開発者向けにWebサイトの分析やパフォーマンスを確認できる「Lighthouse」のWebサイト版)内のブログでCore Web Vitalsに関するしきい値について紹介されていましたので、和訳してご紹介します。Core Web Vitalsに関しては既にご説明 ...(続きを読む)
GoogleがCrUXに基づいた新たな概念として、Web Vitalsを導入しました。このWeb Vitalsを形成する核心の部分がCore Web Vitalsであり、このCore Web Vitalsは3つの指標(LCP、FID、CLS)で形成されています。この3つの指標(LCP、FID、CLS ...(続きを読む)
ナレッジパネルとナレッジグラフについて、Googleは5,000億以上の事実要素から50億ものエンティティを作成してきました。そして、このタイミングで改めてThe Keywordでナレッジパネルとナレッジグラフの説明をしてくれているので、ご紹介します。 Google’s Knowledge Grap ...(続きを読む)
レシピの構造化データマークアップの中には、「ガイダンス」と言って、(Google Home等のスマートディスプレイで使われる)Googleアシスタントを使用してガイド付きレシピを案内できる手法があります。今回、そのガイド付きレシピに関して、Google Search Consoleでレポートしてもら ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。