デスクトップも検索結果デザイン変更

Googleの検索結果デザインに関して、今年5月にモバイル表示が変更になりました。その後デスクトップ版でも同様の表示がされているケースが増えましたが、私のPCでも安定して新デザイン表示になってきていますので、ご紹介しておきます。

アップデート

ふわふわ

新旧比べてみた

既にモバイル版はご紹介しておりますので、今さらですが、デスクトップ版でも同様の変更ですね。まずは新しいデスクトップ版の検索結果デザインから。

新しいデザイン

変更点は以下の通りですね。

  • ファビコンが最初に表示
  • ファビコンと同列でURLが表示/表示色は黒くなった
  • その後タイトルと説明文が表示
  • タイトルの青色が若干薄くなった

では新旧で比較してみましょう。

新旧比較

実は検索結果の(タイトル+説明文+URL含む)1つのサイトページ単位では表示面積が分かっていないんですよね。ですので、同じサイズ感の中で表記順序や色味を変えただけなんですよね。そして、私の感覚では、URL表示を黒くし、タイトルの青色を薄くすることで、恐らくファビコンの存在を引き立たせる効果があるのではないかと考えています。

ふわふわ

ファビコンは何色が良い?

つまり、検索結果画面内にはこのタイトルの色しか存在しないので、この薄い青色の補色を選定すれば目立つのではないかと…。つまりこの場合、オレンジ色っぽい色ですかね?
この場合、タイトルの文字色が#1558d6ですので、補色は#EAA729ですね。イメージを作ってみましょう。

サンプル

どうでしょう?
全然目立つわけではないですね(笑)。むしろ赤っぽい方が目立つかもしれません。

サンプル2

いずれにしましても、結局前後に他の検索結果がありますので、相対的に目立つように考えなければ意味が無いですね(笑)。

是非、皆様もファビコンの研究・追求をしてみてください。


関連記事
Googleの検索結果が既に最初のLPであるという認識からユーザーとGooglebotを捉えていきましょう、という啓蒙記事です。そう考えると検索結果に表示させるタイトルやスニペット等だけでなく、ランクインさせたいページの情報をどう設計すべきかまで見えてきます。 Google検索が嫌うこと まず、Go ...(続きを読む)
Googleの画像検索結果に対象画像の関連情報が表示されるようになるとのことです。とりあえず米国のGoogleモバイル検索だけが対象のようですが、Googleが米国現地時間7月8日に発表しました。 ナレッジグラフの情報から画像情報を紹介 Googleではナレッジグラフという情報データベースを保有して ...(続きを読む)
リッチリザルトテストツールがベータ版から正式版となり、構造化データテストツールは終了予定とのことです。Googleがウェブマスター向け公式ブログで発表しました。そもそも構造化データとリッチリザルトの概念の違いが分からない人もいらっしゃると思いますので、その辺もご紹介しておきたいと思います。 そもそも ...(続きを読む)
Googleはウェブマスター向け公式ブログで、改めてスパムレポートの利用方法について紹介しました。ユーザーからGoogleへ申告できるスパムレポートに関して、Googleはそれをもってすぐに当該サイトページを手動対策(通称:ペナルティ)するのではなく、アルゴリズムに組み込んでいくようにしているとのこ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。