MFIが今春導入!?

海外SEO情報ブログでもSEM Rでも触れられている通り、春先にMFIが導入されるようです。米国現地時間2月21日に開催されたPubcon Austin 2018でGary Illyes氏が発言したとのことです。

MFI問題

ふわふわ

モバイルファーストインデックスはいい感じに?

以前からMFIがなかなかうまくいかないことはご紹介の通りでしたが、どうやらようやくうまく移行できそうらしいです。一部、世界的にはMFI化したサイトページもあったようですが、本格的にMFIに移行していくのは4月5月くらいが目処になるようです。

繰り返しになりますが、MFIとは、今までPCページがGoogleによるインデックス(検知)対象だったものが、モバイル対象ページに移行されるという話です。ですので、新しいランキングアルゴリズム云々ではなく、検索順位も大幅に変動するようなものではありません。だからこそ7月に導入されるスピードアップデートはMFIとは別物として扱われているわけですね。

以前はMFI対応できていないサイトページが多く、そのせいでMFI導入すると検索順位が目茶苦茶になってしまうと懸念されていました。それが4月5月頃にほとんど導入されるということは…本当にただただインデックスを変えるだけになるのだと思います。そしてモバイル対応ページが無ければPCページをインデックスさせるということなので、検索順位の変動は考えにくいわけですね。

あれ?MFIはオプトイン/アウト(承認)形式になるとか、徐々にページ単位で移行するとか、色々話はあがっていましたが、それらはどこに行ってしまったのでしょう…?(苦笑)。

ふわふわ

何か行っておく必要はあるのか

特に無いでしょうし、MFIの移行にウェブマスターが気付けるものなのかも微妙な気がします。海外SEO情報ブログによれば、モバイル版Googlebotのクロール頻度の変化で調査できそうらしいですが、MFI化したと分かっても特に行うことは無いと思います。

でも、MFIが落ち着けば検索順位を左右するアルゴリズム導入も活性化してくると思いますし、いよいよモバイルでのSEO分析は必要になってくると思われます。とりあえず、表示速度とコーディング時の最低限(meta、各種タグ、画像、ファイル)は簡潔に整理しつつ、XMLサイトマップを再度見直しておくと良いでしょう。特にXMLサイトマップはMFIにおいても重要な役割を果たしてくれそうです。

それにしても長々続いてきたMFI導入の話…いよいよ佳境とのことで、なんだか楽しみですね。


関連記事

英語版にて検索関連情報を通知

英語版のみですが、Google検索で知らない単語や難しい単語を検索した際、関連する情報の通知を設定できるようになりました。米国現地時間10月21日にThe Keywordにて案内されていますので、和訳してご紹介します。日本に導入した際、ちょっと捻ればSEOにも使えそうですので取り上げておきます。 辞 ...(続きを読む)

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。