GSC数値の精度向上

Google Search Console(以下:GSC)が現地時間7月14日に検索アナリティクスの精度が向上したと発表されました。GSCの数値をKPI化している人もいらっしゃると思いますので、一応ご紹介したいと思います。

サチコ

ふわふわ

何が起こったの?

いつの間にかGSC内でのインフラストラクチャの更新通知も消えていると思ったら、こんな通知が表示されていました。

なんだこれ

そしてそのクリック先には以下のように記載されていました。

7月14日
Googleの記録システムにおける前向きな追加改善として、検索下位クエリのデータに関してもより正確な数値を提供できるようになりました。この変化によって、表示回数の増加に影響するかもしれませんし、一方で平均掲載順位の下落も生じるかもしれません。ちなみにこれは、サーチコンソールのレポート内だけの話であって、通常のGoogle検索に関する実際の流入等の話ではありません。

引用)Search Consoleヘルプ(英文)より意訳

現地時間2017年7月14日ですので、GSC上では2017年7月13日付の数値から変更されているってことですね。

ふわふわ

実際変わったの?

7月13日が木曜日で、日本では15日、16日、17日は土日祝日だったということもあり、7月13日以降の数値の変化がまだ分かりにくいです。もう少し日にちが経てば分かると思いますが、現時点での一部のGSC検索アナリティクスの状況をご紹介します。

データ項目

GSCサンプル①

やはり上記グラフですと分かりづらいので、土日祝日の影響がないメディアやECサイトの例を下記グラフで確認してみましょう。

GSCサンプル②

確かに合計表示回数(赤線)は上昇傾向にあって、平均掲載順位(緑線)は下落傾向にありますね。検証や分析結果が変わってしまいますので、GSCの検索アナリティクスをレポートに使用したり、KPIに使用しているご担当者様はかならずこの注意事項を明記しておいた方が良いでしょう。また、今回の更新がどれくらいの数値変化をもたらすかについては、まだ日にちが経過していませんので、しばらく様子を見るしかありません。

確かに今までのGSCの平均掲載順位ってちょっと怪しかったですし、傾向値程度にしか参考にしていませんでしたが、これからはもうちょっと注視できるようになるかもしれませんね。


関連記事

英語版にて検索関連情報を通知

英語版のみですが、Google検索で知らない単語や難しい単語を検索した際、関連する情報の通知を設定できるようになりました。米国現地時間10月21日にThe Keywordにて案内されていますので、和訳してご紹介します。日本に導入した際、ちょっと捻ればSEOにも使えそうですので取り上げておきます。 辞 ...(続きを読む)

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。