GSC数値の精度向上

Google Search Console(以下:GSC)が現地時間7月14日に検索アナリティクスの精度が向上したと発表されました。GSCの数値をKPI化している人もいらっしゃると思いますので、一応ご紹介したいと思います。

サチコ

ふわふわ

何が起こったの?

いつの間にかGSC内でのインフラストラクチャの更新通知も消えていると思ったら、こんな通知が表示されていました。

なんだこれ

そしてそのクリック先には以下のように記載されていました。

7月14日
Googleの記録システムにおける前向きな追加改善として、検索下位クエリのデータに関してもより正確な数値を提供できるようになりました。この変化によって、表示回数の増加に影響するかもしれませんし、一方で平均掲載順位の下落も生じるかもしれません。ちなみにこれは、サーチコンソールのレポート内だけの話であって、通常のGoogle検索に関する実際の流入等の話ではありません。

引用)Search Consoleヘルプ(英文)より意訳

現地時間2017年7月14日ですので、GSC上では2017年7月13日付の数値から変更されているってことですね。

ふわふわ

実際変わったの?

7月13日が木曜日で、日本では15日、16日、17日は土日祝日だったということもあり、7月13日以降の数値の変化がまだ分かりにくいです。もう少し日にちが経てば分かると思いますが、現時点での一部のGSC検索アナリティクスの状況をご紹介します。

データ項目

GSCサンプル①

やはり上記グラフですと分かりづらいので、土日祝日の影響がないメディアやECサイトの例を下記グラフで確認してみましょう。

GSCサンプル②

確かに合計表示回数(赤線)は上昇傾向にあって、平均掲載順位(緑線)は下落傾向にありますね。検証や分析結果が変わってしまいますので、GSCの検索アナリティクスをレポートに使用したり、KPIに使用しているご担当者様はかならずこの注意事項を明記しておいた方が良いでしょう。また、今回の更新がどれくらいの数値変化をもたらすかについては、まだ日にちが経過していませんので、しばらく様子を見るしかありません。

確かに今までのGSCの平均掲載順位ってちょっと怪しかったですし、傾向値程度にしか参考にしていませんでしたが、これからはもうちょっと注視できるようになるかもしれませんね。


関連記事
ちょうど1年前に新Search Consoleがβ版から卒業し、それから今まで新Search Consoleと旧Search Consoleと両方のインターフェースを活用できていましたが、ついに旧Search Consoleが終わりました。Google Webmaster Central Blogで ...(続きを読む)
「表示速度上げても検索順位が上がるか分からないんでしょ? じゃあ、そこに作業工数をかけません。」と言う人もいます。そんな時、私は閉口してしまいますが、それって本末転倒ではないでしょうか。 そこで、ちょっと私なりの意見を書いておこうかと思います。 目的は何か? 「検索順位を上げる」という目標を立てる人 ...(続きを読む)
「御社のサブドメインを使って情報発信メディアを作りませんか?情報発信メディアの作成やコンテンツライティング、SEOは弊社側で独自に行います!」という営業を受けたことはあるでしょうか? これ、海外では意外とそういう業者が横行しているようです。私は今のところ1回しかそういう業者に出くわしていませんが、G ...(続きを読む)
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。