GSC数値の精度向上

Google Search Console(以下:GSC)が現地時間7月14日に検索アナリティクスの精度が向上したと発表されました。GSCの数値をKPI化している人もいらっしゃると思いますので、一応ご紹介したいと思います。

サチコ

ふわふわ

何が起こったの?

いつの間にかGSC内でのインフラストラクチャの更新通知も消えていると思ったら、こんな通知が表示されていました。

なんだこれ

そしてそのクリック先には以下のように記載されていました。

7月14日
Googleの記録システムにおける前向きな追加改善として、検索下位クエリのデータに関してもより正確な数値を提供できるようになりました。この変化によって、表示回数の増加に影響するかもしれませんし、一方で平均掲載順位の下落も生じるかもしれません。ちなみにこれは、サーチコンソールのレポート内だけの話であって、通常のGoogle検索に関する実際の流入等の話ではありません。

引用)Search Consoleヘルプ(英文)より意訳

現地時間2017年7月14日ですので、GSC上では2017年7月13日付の数値から変更されているってことですね。

ふわふわ

実際変わったの?

7月13日が木曜日で、日本では15日、16日、17日は土日祝日だったということもあり、7月13日以降の数値の変化がまだ分かりにくいです。もう少し日にちが経てば分かると思いますが、現時点での一部のGSC検索アナリティクスの状況をご紹介します。

データ項目

GSCサンプル①

やはり上記グラフですと分かりづらいので、土日祝日の影響がないメディアやECサイトの例を下記グラフで確認してみましょう。

GSCサンプル②

確かに合計表示回数(赤線)は上昇傾向にあって、平均掲載順位(緑線)は下落傾向にありますね。検証や分析結果が変わってしまいますので、GSCの検索アナリティクスをレポートに使用したり、KPIに使用しているご担当者様はかならずこの注意事項を明記しておいた方が良いでしょう。また、今回の更新がどれくらいの数値変化をもたらすかについては、まだ日にちが経過していませんので、しばらく様子を見るしかありません。

確かに今までのGSCの平均掲載順位ってちょっと怪しかったですし、傾向値程度にしか参考にしていませんでしたが、これからはもうちょっと注視できるようになるかもしれませんね。


関連記事
今までモバイル検索結果では表記されていたGoogle画像検索結果に表記されるアイコンラベルが、デスクトップ(PC)でも表示されるようになるそうです。米国現地時間の今週末から変更されるとGoogleがツイート発表しています。 発表内容について Googleが公式にツイートした内容は以下です。 Late ...(続きを読む)
開設してわずか9日目にしてチャンネル登録者数が100万人を超えたことで話題になった「えがちゃんねる」。もちろん江頭2:50氏の芸人としてのキャラクター力が大きいと思いますが、ここまで短期間で100万人を超えた背景には、一般ユーザーのYouTube利用が広がったことも考えられます。そこで今回は検索にお ...(続きを読む)
昨年の10月にGoogle Search Consoleで[アドレス変更]機能が追加されましたが、今回はその[アドレス変更]の中でも2つの新機能が追加されたとGoogleがツイート発表しました。 Googleからの発表内容 既にドメインを引越す場合の[アドレス変更]の使い方について私は記事化していま ...(続きを読む)
何においても基本情報はあるものです。サービスに関しても一般的で基本的なサービスや情報があるからこそ、特殊なサービスや情報が活きてきます。そこで今回は、それと同様に「検索結果においてもまずは基本情報やサービス等、マジョリティとなるコンテンツが優先されるのでは...?」という持論の話です。民主主義な検索 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。