KPIはGSCとGAのどちらで?

大したお話ではないのですが、集客を分析したりSEO上のKPIを計る上で、「Google Search Console(以下:SC)とGoogle Analytics(以下:GA)のどちらで確認すべきか?」というご相談をいただいたりします。また「SCとGAで数値が若干異なったりしていませんか?」というご質問もいただいたりします。ですので、ふわふわっと私の意見をご紹介しておきます。

りんご飴

ふわふわ

KPIはどちらで?

お好みで(笑)。一般検索からの流入をKPI化するのであれば以下の違いや特性を理解しておけば良いと思います。

  • SCは飽くまでもGoogle検索からのクリック数であること。
  • GAは様々な検索エンジンからの流入を確認できること。

  • SCはクエリ単位で流入確認できること。
  • GAは流入クエリが厳密には分からない(not provided/not set)こと。

  • SCは流入後のセッションについて分からないこと。
  • GAはセッションやCVR(コンバージョン率)等、流入後の動態が分かること。

これらを理解した上で設定しやすい方をKPI化すれば良いと思います。
ちなみに、私は直近1ヶ月×3(ヶ月分)のSCのクリック数とGAの流入数を比率化することで、どちらでもKPI化できるようにはしています。ですので、SEO上のクエリを意識するのであればSCを、セッション上の導線を意識するのであればGAを活用しています。

KPI

ふわふわ

SCとGAのズレは?

GoogleのSearch Consoleヘルプでは以下のように記載されています。

Search Consoleに表示されるデータは、Googleアナリティクスなどの他のツールに表示されるデータと異なる場合があります。これには次の理由が考えられます。

  • 最終更新日以降、サイトがクロールされていない。
  • Search Consoleでは、重複アクセスやロボットのアクセスを削除するなど、追加のデータ処理が行われるため、他のソースに表示される統計情報と異なる場合がある。
  • Googleアナリティクスなど一部のツールでは、ブラウザでJavaScriptを有効にしているユーザーのトラフィックのみがトラッキングされる。

引用)Googleの統計情報とデータについて – Search Consoleヘルプ

クローラーやユーザー側の設定等、細かい要素によって若干ズレが生じるということです。母数が少なければ左右されてしまうかもしれませんが、不特定多数を対象としているようなサイトであれば想定内の数値だと思います。

ふわふわ

SEOを考えるのであればどっちも見ること

さて、SCとGAの違いを簡単にご紹介しましたが、SEOを施策付けしていく上では実際にどちらに重きを置くべきか――結論から申し上げますとどちらもです。

SEO施策は「ユーザーの検索心理(インテント)を捉え、応えられる情報コンテンツを適切に配置し、検索ユーザー体験を最適にすること」なので、セッション改善もすべきですし、当然クエリも深掘りしていく必要もありますので、どちらもですね。

私も実際、現場業務でどちらも検証していますし、これからは包括的なサイト改善が重要になるでしょう。検証要素は満載なのです(笑)。


関連記事

英語版にて検索関連情報を通知

英語版のみですが、Google検索で知らない単語や難しい単語を検索した際、関連する情報の通知を設定できるようになりました。米国現地時間10月21日にThe Keywordにて案内されていますので、和訳してご紹介します。日本に導入した際、ちょっと捻ればSEOにも使えそうですので取り上げておきます。 辞 ...(続きを読む)

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。