サーチコンソールでデータ更新!?

1月22日以降にGoogle Search Consoleでインフラの整理・更新を行ったという注釈が付くようになっていましたので、ご紹介したいと思います。

豆

ふわふわ

どういうこと?

1月22日以降、Search Console内の各項目を確認すると、以下のような表示が出てくるようになっています。

1月22日: Search Consoleではインフラストラクチャの更新を実施しました。そのため、データが変わる可能性があります。詳しくは、Search Consoleでのデータの異常についてご確認ください。

引用)Google Search Console

SC画面

インフラストラクチャの更新というのは、データの蓄積方法を新しくしたのだと推察しますが、以下の項目を対象にこの注釈が表示されています。

  • 構造化データ(検索での見え方)
  • HTMLの改善(検索での見え方)
  • サイトへのリンク(検索トラフィック)
  • 内部リンク(検索トラフィック)
  • インターナショナルターゲティング(検索トラフィック)
  • モバイルユーザビリティ(検索トラフィック)
  • ブロックされたリソース(Googleインデックス)
  • クロールエラー(クロール)
  • 詳しくは、Search Consoleでのデータの異常についてご確認ください。」のリンク先は英文で、Search Consoleにおける例外データについての情報が紹介されています。

    たまに、Search Consoleではレポートデータに影響を及ぼすアップデートが起こったりします。例えば私たちの方で、データ収集方法を変更したり、フィルタのかけ方を変更したりします。そのことによって、Search Console上のデータで数値の下落を発見することもあったり、不具合が出るケースもあると思います。ここでは、そんなデータに影響を及ぼす可能性のある既知の問題をアーカイブしておきます。

    引用)Search Consoleヘルプより意訳

    ふわふわ

    どうすれば良いの?

    要は「Google側でデータ取り扱い方法をアップデートしたので、数値が変になったりするケースがあるかもしれないよ」ってことです。その対象の項目にその文言が表示されているということだと思います。特に何もなければ大丈夫ですが、この表示が出ている期間は数値に異常が出るかもしれませんので、注意しておいてください。

    また、まだ数値に異常が無ければ今のうちにデータを別途保存しておくようにしておけば安心だと思います。私が知る限り、この表示が出るようになってから数値の不具合が出たケースがないので何とも言えませんが、そんなに大きな懸念ではないかと思います。


    関連記事
    Googleから今年5月にリリースされたばかりのHow-toとFAQの構造化データマークアップですが、まだHow-toの方は日本でのリッチリザルト化は見受けられません。日本へのマークアップ反映はまだのようです。一方でFAQの構造化データマークアップに関しては、迅速に反映されているようでして...それ ...(続きを読む)
    もともとGoogleでは、明らかになっていないものの、QDD作用が働き、検索結果の1P以内に同ドメインをクラスタリング(連続表示)したがらない傾向にあったかと思います。しかし検索クエリによって、実際には検索結果1ページ目に同じサイト(ドメイン)が3つ4つ並ぶこともしばしば。それが今回のアップデートに ...(続きを読む)
    米Googleでは画像検索結果からGoogle Lensを使って、再検索できるようになっていました。私は今回のThe Keywordの記事公開タイミングで知りましたが、いつから実装されたのでしょう。元々昨年秋のGoogle20周年記念のタイミングで公表されていました。 どういう内容 昨年にGoogl ...(続きを読む)
    日本時間2019年6月4日(米国現地時間6月3日)にGoogleのコアアルゴリズム・アップデートがありました。もちろん通常通りのロールアウト(徐々に展開)していく感じですが、早速一部で変化が見受けられましたのでご紹介したいと思います。 今回は予告形式 サイト運用者からの希望もあり、今回のコアアルゴリ ...(続きを読む)

    コメントを書く

    コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。