2月24日からGoogleのAMP対応開始

このブログでも「AMP時代到来!?」やら「AMPを実装してみた」やら「AMP導入に関する補足情報」やらとご紹介してきましたが、ついにGoogleが検索結果でのAMP表示を2016年2月24日から開始するそうです。

サンシャイン

ふわふわ

情報元

AdvertisingAge(英語)が報じていますが、そのフォローアップ記事としてSEMリサーチでもSEO Japanブログでもご紹介されています。

AMPはGoogleらが推進するモバイル環境における豊かなウェブ体験を提供するための取り組みで、AMPに対応したページは標準的なモバイルウェブページと比較して読込速度が85%向上するという。
引用元)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

AMPは、ユーザーがWebページを訪問した際に、ダウンロードが必要とされる要素の多くを制限することで、読み込み速度を速めるように設計されている。AMPはGoogle、Twitter、その他の組織やパブリッシャーによってプロトコルとして採用されている。
引用元)SEO Japanブログ

 

ふわふわ

どんな感じ?

AMP対応したサイトページがカルーセル表示されます。そして、Googleが予めインデックス時にレンダリングしてますので、表示がめちゃくちゃ速いです。それはもう、前ページに戻った時の感覚並みに速いです(笑)。
 
デモ
 
先付けてSearch ConsoleにAMPのエラー項目が出来ていたりしていますが、今のところはニュースメディア向けの印象が強いですし…とりあえずイチユーザーとしての「へぇ」感が強いですが、今後もう少しAMP導入の技術ハードルが低くなったり、一般化が進むようになれば、企業サイトも普通に対応した方が良くなるかもしれませんね。

とりあえず私はHTTP/2でお腹いっぱいですので、しばらくはHTTP/2のチューニングで遊んでいる予定です(笑)。


関連記事

英語版にて検索関連情報を通知

英語版のみですが、Google検索で知らない単語や難しい単語を検索した際、関連する情報の通知を設定できるようになりました。米国現地時間10月21日にThe Keywordにて案内されていますので、和訳してご紹介します。日本に導入した際、ちょっと捻ればSEOにも使えそうですので取り上げておきます。 辞 ...(続きを読む)

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。