2月24日からGoogleのAMP対応開始

このブログでも「AMP時代到来!?」やら「AMPを実装してみた」やら「AMP導入に関する補足情報」やらとご紹介してきましたが、ついにGoogleが検索結果でのAMP表示を2016年2月24日から開始するそうです。

サンシャイン

ふわふわ

情報元

AdvertisingAge(英語)が報じていますが、そのフォローアップ記事としてSEMリサーチでもSEO Japanブログでもご紹介されています。

AMPはGoogleらが推進するモバイル環境における豊かなウェブ体験を提供するための取り組みで、AMPに対応したページは標準的なモバイルウェブページと比較して読込速度が85%向上するという。
引用元)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

AMPは、ユーザーがWebページを訪問した際に、ダウンロードが必要とされる要素の多くを制限することで、読み込み速度を速めるように設計されている。AMPはGoogle、Twitter、その他の組織やパブリッシャーによってプロトコルとして採用されている。
引用元)SEO Japanブログ

 

ふわふわ

どんな感じ?

AMP対応したサイトページがカルーセル表示されます。そして、Googleが予めインデックス時にレンダリングしてますので、表示がめちゃくちゃ速いです。それはもう、前ページに戻った時の感覚並みに速いです(笑)。
 
デモ
 
先付けてSearch ConsoleにAMPのエラー項目が出来ていたりしていますが、今のところはニュースメディア向けの印象が強いですし…とりあえずイチユーザーとしての「へぇ」感が強いですが、今後もう少しAMP導入の技術ハードルが低くなったり、一般化が進むようになれば、企業サイトも普通に対応した方が良くなるかもしれませんね。

とりあえず私はHTTP/2でお腹いっぱいですので、しばらくはHTTP/2のチューニングで遊んでいる予定です(笑)。


関連記事

Search On 2020の内容

米国現地時間10月15日にGoogleがオンライン開催したSearch On 2020。このフォローアップ記事がThe Keywordに掲載されていますので、和訳しながらご紹介したいと思います。結構長いので、挫けず頑張ります...。 The Keywordより ブログ掲載されている内容をまずは和訳し ...(続きを読む)

文節(passages)単位でマッチング

Googleは検索クエリに対するマッチングとして、ただのページ単位での概念でなく、コンテンツの一節のみでも最適な回答になっていると判断した場合、検索上位に影響してくる旨を発表しました。Search Onのイベント内で発表したようですが、Twitterでもフォローアップしていましたので、ご紹介したいと ...(続きを読む)

今後のコンテンツと目次

Googleのニューラルマッチングシステムの技術により、検索クエリを通して検索者を理解する概念が高まっています。検索者を理解する概念というのは、つまり「どんな人によるニーズか」という概念です。そして、その概念が、(今度はRankBrainによって概念化された)コンテンツとどうマッチングして検索ランキ ...(続きを読む)

鼻歌検索

いよいよGoogle検索を通して鼻歌で曲を探すことができるようになりました。(Googleアシスタント等に入力される)音声検索で音の連鎖でマッチングした結果を表示するようです。米国現地時間10月15日にGoogleが発表しました。 Googleの発表内容 The Keywordで発表されたGoogl ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。