2月24日からGoogleのAMP対応開始

このブログでも「AMP時代到来!?」やら「AMPを実装してみた」やら「AMP導入に関する補足情報」やらとご紹介してきましたが、ついにGoogleが検索結果でのAMP表示を2016年2月24日から開始するそうです。

サンシャイン

ふわふわ

情報元

AdvertisingAge(英語)が報じていますが、そのフォローアップ記事としてSEMリサーチでもSEO Japanブログでもご紹介されています。

AMPはGoogleらが推進するモバイル環境における豊かなウェブ体験を提供するための取り組みで、AMPに対応したページは標準的なモバイルウェブページと比較して読込速度が85%向上するという。
引用元)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

AMPは、ユーザーがWebページを訪問した際に、ダウンロードが必要とされる要素の多くを制限することで、読み込み速度を速めるように設計されている。AMPはGoogle、Twitter、その他の組織やパブリッシャーによってプロトコルとして採用されている。
引用元)SEO Japanブログ

 

ふわふわ

どんな感じ?

AMP対応したサイトページがカルーセル表示されます。そして、Googleが予めインデックス時にレンダリングしてますので、表示がめちゃくちゃ速いです。それはもう、前ページに戻った時の感覚並みに速いです(笑)。
 
デモ
 
先付けてSearch ConsoleにAMPのエラー項目が出来ていたりしていますが、今のところはニュースメディア向けの印象が強いですし…とりあえずイチユーザーとしての「へぇ」感が強いですが、今後もう少しAMP導入の技術ハードルが低くなったり、一般化が進むようになれば、企業サイトも普通に対応した方が良くなるかもしれませんね。

とりあえず私はHTTP/2でお腹いっぱいですので、しばらくはHTTP/2のチューニングで遊んでいる予定です(笑)。


関連記事

GSCに2つの新機能

Google Search Consoleに新しい機能が2つ追加されました。米国現地時間4月7日のSearch Central Blogにて発表されていましたので、和訳と同時に使い方をご紹介します。 Googleからの発表内容 まずは、Search Central Blogの発表内容を和訳します。お ...(続きを読む)

CWV等に関するFAQ

2021年5月のCore Web Vitalsを含んだページエクスペリエンスのアルゴリズム導入まで1ヶ月を切りました。そんな中、Googleが先日Search Console HelpにてCore Web Vitals及びページエクスペリエンスに関して、よくある質問をまとめていましたので、和訳してご ...(続きを読む)

CLSにおける改善成功事例

さて、来る2021年5月からのCore Web Vitalsを含んだページエクスペリエンスのランキングアルゴリズム導入まで残り1ヶ月を切りました。私の周りでもワチャワチャし出しているところがチラホラ...。まぁ、ページ単位での評価ですので重要なページから焦らず見直していくと良いのですが。そんな中、Y ...(続きを読む)

練習問題と数式の構造化データ

米国現地時間3月25日、Googleでは、新型コロナ禍において教育機会を逸した人々に対して、学習意欲を援助できるように新しい構造化データを設置したことをSearch Central Blogで発表しました。どうやら日本版Googleの検索結果にはまだ対応していないようですが、既に英語圏では対応してい ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。