AMP導入に関する補足情報

ようやくGoogleからAMP導入ガイド日本語版も出たことですし、AMPにおける色々な情報がございますので改めてまとめてご紹介したいと思います。

スピードメーター

ふわふわ

AMP関連情報

そもそもAMPって?

AMP時代到来!?」をご参照ください。

導入した感じはどう?

Googleにインデックスはさせていませんが、「AMPを実装してみた」をご参照ください。

Search Consoleになんか出てきた

AMPエラーレポート」をSearch Consoleで確認できるようになりました。

AMPレポートinSC

ふわふわ

導入方法の紹介

Googleウェブマスター向け公式ブログで「Accelerated Mobile Pagesプロジェクトについて|導入ガイド日本語版を本日公開しました」とあるように、ようやくサイト運営者向けAMP導入ガイドが案内されました。

現在、AMPにはNew York TimesやBBCをはじめとするパートナーが世界的に参加を表明しており、日本でも、朝日新聞、産経新聞、日刊スポーツ、毎日新聞、株式会社イード、マイナビニュース、BLOGOSをはじめとする多くのメディアやコンテンツ提供者がAMPへの対応を準備しています。また、AmebaやLINEを含むサービスが、サービス内のコンテンツページをAMPに対応させる他、外部ウェブページへのリンク時にAMP版が存在する場合は、AMP版にリンクするなどの対応を予定しています。一方Googleでは、先日Inside Searchブログ(英語)でもお伝えしたように、Googleの検索結果からAMPページが表示されるようになります。
引用元)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

どんどん参画企業が増加しているようですが…「海外SEO情報ブログ」内でディアス氏の発言として記載されております通り、ニュースメディア向けの印象を受けます。JavaScriptを全く使用していない企業サイトなんてほとんど無いですし、それこそブログ等が中心な気がしています。そしてそういうブログ等はそもそも表示速度が速いので、AMPを導入してまで表示速度とユーザー体験を最適化しようとまでは考えにくく…結果的にも恐らく情報メディア中心にAMP対応することになるのではないでしょうか。

あちこちで言われております通り、(特に日本では)まだまだAMP情報が不足しておりますので、個人的には様子を見ながら検討するか否かという判断になりそうです。


関連記事
何においても基本情報はあるものです。サービスに関しても一般的で基本的なサービスや情報があるからこそ、特殊なサービスや情報が活きてきます。そこで今回は、それと同様に「検索結果においてもまずは基本情報やサービス等、マジョリティとなるコンテンツが優先されるのでは...?」という持論の話です。民主主義な検索 ...(続きを読む)
リッチリザルトに関しては、リッチリザルトテストツールを使うことで、リッチリザルト対象ページの有無や構造化データマークアップの整合性やリッチリザルト化した表示例(結果のプレビュー)を確認することが出来ました。一方でSearch Console(以下:GSC)における[拡張]機能内にある構造化データのマ ...(続きを読む)
Google検索がWebmaster Central Blogにて2020年1月に行ったことを発表しました。同じく12月の際に、Google検索が2019年11月に行ったことを発表しましたが、その続編的に2020年1月にGoogle検索が行ったことを教えてくれていますので、ここでおさらいとしてご紹介 ...(続きを読む)
先日、強調スニペット化したサイトページの所在についてご紹介しましたが、まだまだこれが結構厄介な状態になっています。本来、強調スニペット化することでサイトページイメージの向上や通常スニペット部分のクリック率の向上、GoogleにとってもGoogleアシスタント機能への好転(強調スニペット部分を音声で回 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。