AMP導入に関する補足情報

ようやくGoogleからAMP導入ガイド日本語版も出たことですし、AMPにおける色々な情報がございますので改めてまとめてご紹介したいと思います。

スピードメーター

ふわふわ

AMP関連情報

そもそもAMPって?

AMP時代到来!?」をご参照ください。

導入した感じはどう?

Googleにインデックスはさせていませんが、「AMPを実装してみた」をご参照ください。

Search Consoleになんか出てきた

AMPエラーレポート」をSearch Consoleで確認できるようになりました。

AMPレポートinSC

ふわふわ

導入方法の紹介

Googleウェブマスター向け公式ブログで「Accelerated Mobile Pagesプロジェクトについて|導入ガイド日本語版を本日公開しました」とあるように、ようやくサイト運営者向けAMP導入ガイドが案内されました。

現在、AMPにはNew York TimesやBBCをはじめとするパートナーが世界的に参加を表明しており、日本でも、朝日新聞、産経新聞、日刊スポーツ、毎日新聞、株式会社イード、マイナビニュース、BLOGOSをはじめとする多くのメディアやコンテンツ提供者がAMPへの対応を準備しています。また、AmebaやLINEを含むサービスが、サービス内のコンテンツページをAMPに対応させる他、外部ウェブページへのリンク時にAMP版が存在する場合は、AMP版にリンクするなどの対応を予定しています。一方Googleでは、先日Inside Searchブログ(英語)でもお伝えしたように、Googleの検索結果からAMPページが表示されるようになります。
引用元)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

どんどん参画企業が増加しているようですが…「海外SEO情報ブログ」内でディアス氏の発言として記載されております通り、ニュースメディア向けの印象を受けます。JavaScriptを全く使用していない企業サイトなんてほとんど無いですし、それこそブログ等が中心な気がしています。そしてそういうブログ等はそもそも表示速度が速いので、AMPを導入してまで表示速度とユーザー体験を最適化しようとまでは考えにくく…結果的にも恐らく情報メディア中心にAMP対応することになるのではないでしょうか。

あちこちで言われております通り、(特に日本では)まだまだAMP情報が不足しておりますので、個人的には様子を見ながら検討するか否かという判断になりそうです。


関連記事

安全な検索体験を守るGoogle

Googleによるスパム対策の話や違法コンテンツに関する話が連日続いていましたが、同様に米国現地時間4月29日のThe Keywordにて、Googleが検索結果に対してどのような安全策を講じているのか、措置を行っているのか、改めて案内していますので和訳してご紹介します。ずっと検索やSEOに接してい ...(続きを読む)

違法コンテンツに対するGoogleの措置

SEOに取り組んでいるあまり、まるでGoogleを神様や法の裁定人かのように思いがちですが、GoogleはあくまでもWebサイトを検索ユーザーに紹介するだけのプラットフォームです。ですので、第3者として提供しているに過ぎません。しかしながら、ここまで世界的規模で利用されていたり、情報提供の正確さによ ...(続きを読む)

2020年のスパム対Google

毎年恒例となりましたGoogleによる前年のスパム対策振り返り。今年もGoogleはSearch Central Blogで2020年を振り返って発表していますので和訳してご紹介したいと思います。 Googleからの発表内容 米国現地時間4月29日にGoogleが発表した内容です。若干長文ですが、ご ...(続きを読む)

パラメータ付URLについて

SEOを考えた時、パラメータ付URLが存在しているものについて懸念する人が多いです。懸念する理由を聞くと「パラメータ付URLは良くないと聞いたから」「パラメータ付URLは何となく良くなさそう」等という曖昧な返答が多い気がします。そもそもパラメータ付URLの良し悪しはケースバイケースなので、Googl ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。