AMP時代到来!?

AMPプロジェクトの公式ブログ(英語)で、Googleが早ければ2016年の2月後半に、検索結果にAMP対応しているページを加味していくことを発表しました。AMPにGoogleが対応するということは…表示速度の速いページに対応するわけですので、(2016年2月のタイミングですぐにというわけではなくとも)検索順位に影響することが予測されますので、このブログでも触れておきます。

ダッシュ

ふわふわ

AMPとは

Accelerated Mobile Pages(≒加速化モバイルページ)の略で、ざっくり申し上げますと、AMP HTMLを実装したページであれば、事前にGoogle側に読み込ませておくことで、Googleがキャッシュしてレンダリングするため、検索結果からクリックした時に素早く表示されるという仕組みです。

◆ AMP HTMLの実装方法 ⇒ Create Your First AMP Page(英語)

 
ちょっと面白いのは、<html>のタグに「amp」を宣言するのですが、「」 でも良いそうで…(笑)。実際に試用された方もいらっしゃるようですので、ご参考ください。

既にTwitterやPinterestも早速2016年に実装するようですし、WordPressであればプラグインも開発中とのことですので、このブログをはじめ、WordPressで運用している私のサイトにも導入したいと考えています。AMP仕様のページにすると、Googleのモバイルでの検索結果には”Mobile Friendly”のように、”fast”というラベルが付与されるかもしれません。日本語だと”速い”と出るのでしょうか(笑)。

ふわふわ

関連記事のご紹介

きっと、2016年の2月にまた再浮上する重要な話だと思いますので、今のうちにしっかりと理解しておくことが重要です。そして検索順位に影響するかしないかは置いておいても対応しておいて損はない話です。今はモバイルSEOでのアルゴリズムも基本的にPC中心になっていますが、以前から私も申し上げておりました通り、きっと近いうちにモバイルの表示速度はモバイルSEOに影響するはずです。

海外SEO情報ブログ

AMPの速さもご紹介していただいています。

SEO Japanブログ

Search Engine Landの内容を翻訳し、ご紹介していただいています。

ふわふわ

今のうちに下記をご参考にAMPを知っておきましょう。そして対応を進められるのであれば、対応してみてください。


関連記事
Googleが運用するweb.dev(開発者向けにWebサイトの分析やパフォーマンスを確認できる「Lighthouse」のWebサイト版)内のブログでCore Web Vitalsに関するしきい値について紹介されていましたので、和訳してご紹介します。Core Web Vitalsに関しては既にご説明 ...(続きを読む)
GoogleがCrUXに基づいた新たな概念として、Web Vitalsを導入しました。このWeb Vitalsを形成する核心の部分がCore Web Vitalsであり、このCore Web Vitalsは3つの指標(LCP、FID、CLS)で形成されています。この3つの指標(LCP、FID、CLS ...(続きを読む)
ナレッジパネルとナレッジグラフについて、Googleは5,000億以上の事実要素から50億ものエンティティを作成してきました。そして、このタイミングで改めてThe Keywordでナレッジパネルとナレッジグラフの説明をしてくれているので、ご紹介します。 Google’s Knowledge Grap ...(続きを読む)
レシピの構造化データマークアップの中には、「ガイダンス」と言って、(Google Home等のスマートディスプレイで使われる)Googleアシスタントを使用してガイド付きレシピを案内できる手法があります。今回、そのガイド付きレシピに関して、Google Search Consoleでレポートしてもら ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。