AMP時代到来!?

AMPプロジェクトの公式ブログ(英語)で、Googleが早ければ2016年の2月後半に、検索結果にAMP対応しているページを加味していくことを発表しました。AMPにGoogleが対応するということは…表示速度の速いページに対応するわけですので、(2016年2月のタイミングですぐにというわけではなくとも)検索順位に影響することが予測されますので、このブログでも触れておきます。

ダッシュ

ふわふわ

AMPとは

Accelerated Mobile Pages(≒加速化モバイルページ)の略で、ざっくり申し上げますと、AMP HTMLを実装したページであれば、事前にGoogle側に読み込ませておくことで、Googleがキャッシュしてレンダリングするため、検索結果からクリックした時に素早く表示されるという仕組みです。

◆ AMP HTMLの実装方法 ⇒ Create Your First AMP Page(英語)

 
ちょっと面白いのは、<html>のタグに「amp」を宣言するのですが、「」 でも良いそうで…(笑)。実際に試用された方もいらっしゃるようですので、ご参考ください。

既にTwitterやPinterestも早速2016年に実装するようですし、WordPressであればプラグインも開発中とのことですので、このブログをはじめ、WordPressで運用している私のサイトにも導入したいと考えています。AMP仕様のページにすると、Googleのモバイルでの検索結果には”Mobile Friendly”のように、”fast”というラベルが付与されるかもしれません。日本語だと”速い”と出るのでしょうか(笑)。

ふわふわ

関連記事のご紹介

きっと、2016年の2月にまた再浮上する重要な話だと思いますので、今のうちにしっかりと理解しておくことが重要です。そして検索順位に影響するかしないかは置いておいても対応しておいて損はない話です。今はモバイルSEOでのアルゴリズムも基本的にPC中心になっていますが、以前から私も申し上げておりました通り、きっと近いうちにモバイルの表示速度はモバイルSEOに影響するはずです。

海外SEO情報ブログ

AMPの速さもご紹介していただいています。

SEO Japanブログ

Search Engine Landの内容を翻訳し、ご紹介していただいています。

ふわふわ

今のうちに下記をご参考にAMPを知っておきましょう。そして対応を進められるのであれば、対応してみてください。


関連記事
先日、GoogleがThe Keywordで「賢い検索者になるための6ステップ」を紹介していました。これは飽くまでも検索ユーザーを対象に「欲しい情報を見つけるにはどういう検索が望ましいか」という話の記事なのですが、これらを読むことでサイトオーナー側(≒検索される側)の気付きにもなれば、と思いましたの ...(続きを読む)
日本時間の11月8日前後で順位変動が起こりました。しかしこの現象はグローバルだったようで、Googleへの問い合わせや質問も多かったようです。そしてその件に関しまして、Google側がツイートしていましたのでご紹介します。 Googleの公式発表 Google SearchLiaisonでは、以下の ...(続きを読む)
施策キーワードの種類によってSEOとして考えるアプローチの方向性について、検証を踏まえた個人見解を備忘録的に記載しておきます。ご質問を受けた際の、参考記事としての紹介用ですので悪しからず...。 Transactional Query(Doクエリ)でSEO優位になりたいなら 法人サイトが最も注力する ...(続きを読む)
Google Search Console(以下:GSC)で表示速度が分かるようになりました。飽くまでもCrUX(Chromeユーザーエクスペリエンスレポート)を使っているので、ある程度のアクセスや規模のサイトが対象となってしまいますが、それでも今までのPageSpeed Insights(以下:P ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。