AMP時代到来!?

AMPプロジェクトの公式ブログ(英語)で、Googleが早ければ2016年の2月後半に、検索結果にAMP対応しているページを加味していくことを発表しました。AMPにGoogleが対応するということは…表示速度の速いページに対応するわけですので、(2016年2月のタイミングですぐにというわけではなくとも)検索順位に影響することが予測されますので、このブログでも触れておきます。

ダッシュ

ふわふわ

AMPとは

Accelerated Mobile Pages(≒加速化モバイルページ)の略で、ざっくり申し上げますと、AMP HTMLを実装したページであれば、事前にGoogle側に読み込ませておくことで、Googleがキャッシュしてレンダリングするため、検索結果からクリックした時に素早く表示されるという仕組みです。

◆ AMP HTMLの実装方法 ⇒ Create Your First AMP Page(英語)

 
ちょっと面白いのは、<html>のタグに「amp」を宣言するのですが、「」 でも良いそうで…(笑)。実際に試用された方もいらっしゃるようですので、ご参考ください。

既にTwitterやPinterestも早速2016年に実装するようですし、WordPressであればプラグインも開発中とのことですので、このブログをはじめ、WordPressで運用している私のサイトにも導入したいと考えています。AMP仕様のページにすると、Googleのモバイルでの検索結果には”Mobile Friendly”のように、”fast”というラベルが付与されるかもしれません。日本語だと”速い”と出るのでしょうか(笑)。

ふわふわ

関連記事のご紹介

きっと、2016年の2月にまた再浮上する重要な話だと思いますので、今のうちにしっかりと理解しておくことが重要です。そして検索順位に影響するかしないかは置いておいても対応しておいて損はない話です。今はモバイルSEOでのアルゴリズムも基本的にPC中心になっていますが、以前から私も申し上げておりました通り、きっと近いうちにモバイルの表示速度はモバイルSEOに影響するはずです。

海外SEO情報ブログ

AMPの速さもご紹介していただいています。

SEO Japanブログ

Search Engine Landの内容を翻訳し、ご紹介していただいています。

ふわふわ

今のうちに下記をご参考にAMPを知っておきましょう。そして対応を進められるのであれば、対応してみてください。


関連記事

GoogleがHTTP/2に対応

Googleが2020年11月から一部のサイトでHTTP/2もクロールするようになります。私は2016年にHTTP/2を実装してみましたが、明らかにユーザー体験上の効果が出ました。そしてこの度、GooglebotもHTTP/2プロトコルを検知するようになるとGoogleが発表していますので、そのご紹 ...(続きを読む)

Googleにとって初めてのイベント結果

Googleが米国現地時間2020年8月26日にバーチャルウェブマスターアンカンファレンスを催しました。その結果の感想がWebmaster Central Blogに掲載されていましたので和訳してご紹介しておきます。SEO業界における全体の感覚を知っておくのには参考になると思います。 開催報告 新型 ...(続きを読む)

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。