AMPはじめました

本日2016年7月11日に改めて、本ブログでもAMP対応を開始しましたのでご紹介だけさせて頂きます。まだまだイケていませんが、今後インデックス状況を見ながらご報告したいと思います。

AMPはじめました

ふわふわ

AMPについて

AMPについては、今さら説明も不要かと思いますが「AMP時代到来!?」時から注目していまして、2月24日からGoogleのAMP対応が開始し、一度はAMP実装してみたものの、「別にやらなくていいや」なんて思っていましたが(笑)、結局このブログでも対応とインデックスを始めてみました。

ふわふわ

本ブログのAMP確認方法

とりあえず記事ページ単位でURLの後ろに「amp/」と記載いただけると確認できます。AMP実装には色々ルールがありますが、インデックスにおいてはAMP対応ページから正規ページへcanonicalを設置する

 
当時と異なり、今はAMP専用のJavaScriptとなるプラグインがWordPressでも配布されておりますので、せっかくなので対応してみた次第です。

ふわふわ

どんな感じ?

こんな感じです。

AMP導入
 

従来と異なるのは、記事アップ日付が●●●●年●月●日ではなく、●日前や●ヶ月前という表記になっている部分ですかね。他には、装飾が難しいので後々対応していきます。AdSense等の広告も後ほど設置し直します。なんといってもアコーディオン調に展開するJavaScriptが設置できるようになったことが良かったですね。ただし、この“取って付けた感”のあるタップメニューがイケていませんので、こちらは引き続き装飾を探っています。

ふわふわ

今後のインデックスを探る

まだ本日AMP対応ページをインデックスさせはじめましたので、各ページのインデックスはこれからとなりますが、また追ってSearch Consoleでの見え方や数値結果報告をしていきたいと思います。


関連記事
強調スニペットをクリック(タップ)すると強調スニペット引用元のページに飛びますが、その引用元ページの引用文がハイライトされて、そこに直接飛べる仕様になりました。対応ブラウザとしてChromeのみです。 どんな内容? Googleがツイートした内容は下記の通りです。 As we have done w ...(続きを読む)
既にご案内しています「ウェブに関する主な指標」に関して、Googleの公式発表記事を和訳しましたのでご紹介します。Core Web Vitalsに関しては以下のページもご参考ください。 ウェブに関する主な指標 Core Web Vitalsのしきい値について Googleからの発表記事 Google ...(続きを読む)
Googleが運用するweb.dev(開発者向けにWebサイトの分析やパフォーマンスを確認できる「Lighthouse」のWebサイト版)内のブログでCore Web Vitalsに関するしきい値について紹介されていましたので、和訳してご紹介します。Core Web Vitalsに関しては既にご説明 ...(続きを読む)
GoogleがCrUXに基づいた新たな概念として、Web Vitalsを導入しました。このWeb Vitalsを形成する核心の部分がCore Web Vitalsであり、このCore Web Vitalsは3つの指標(LCP、FID、CLS)で形成されています。この3つの指標(LCP、FID、CLS ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。