AMPによるインデックス

AMPはじめました」でご紹介しました通り、本ブログもAMP対応いたしました。それから4日経った現在、どういう効果や違いが出たかをご紹介したいと思います。

速い

ふわふわ

Search Consoleでの変化

以下のように、Search ConsoleのAccelerated Mobile Pagesの項目で7月11日よりインデックス数の増加が見受けられています。

インデックスの量

設定で色々間違えたりしましたので、エラーのあるAMPも出現してしまいましたが、今では修正済みですので(赤色の折れ線グラフのように)少しずつエラーページ数は減少しています。まぁ、とりあえずインデックスには成功しているようです。

ふわふわ

検索での変化

AMP対応を始めた7月11日の翌日に別の新しい記事を公開したのですが、その記事がAMP枠として検索結果に表示されました(笑)。勿論今は出現していませんが、「SEO」というキーワードでの検索結果5位と6位の間にトップニュース枠が出現し、そこに本ブログが掲載されたのです(笑)。「SEO」というビッグワードでこんなチンケなブログが…(笑)。

「SEO」検索結果

SEOについて書いてあれば、(「SEO」というキーワードでSEOを行っていなくても)AMP枠が出現した時に検索結果1P目に表示されるなんて、有難いですね(笑)。AMP対応して良かったです。
 

この現象を受けまして、本日Search Consoleで当日の検索トラフィックを確認してみました。すると以下の数値を確認することができました。

AMPによる「SEO」検証

少なっ!!(笑)
クリック率低っ!!(笑)

実際には夜中のAMP枠出現でしたので表示回数が少なかったのと、クリックされやすい内容では全く無かったので、こんな表示回数とクリック数です。そもそもが圏外に近い検索順位であることから、平均検索順位もだいぶ低いです。

ふわふわ

AMPは流入数一発逆転のチャンス?

強がりを言わせていただくならば、このブログは流入数拡大を狙っているわけではございませんのでどうでも良いのですが、流入数拡大を狙うサイトであればAMP対応はオススメです。

AMP枠の出現条件はAMP対応ページが一定数あることが必要ですが、(GoogleはAMP対応範疇を拡大中ですし)どんなキーワードでどう出現するかなんて今の段階では分かりません。ですので、ニュース性や話題性に少しでも触れられそうであれば(もちろんそれだけではないですが)AMP対応をしておくと、1日で急激に流入数が拡大するなんてことも期待できるわけです。

私はクリック数2でしたが(笑)、工数に余裕があれば是非AMP対応してみてはいかがでしょうか。


関連記事
強調スニペットをクリック(タップ)すると強調スニペット引用元のページに飛びますが、その引用元ページの引用文がハイライトされて、そこに直接飛べる仕様になりました。対応ブラウザとしてChromeのみです。 どんな内容? Googleがツイートした内容は下記の通りです。 As we have done w ...(続きを読む)
既にご案内しています「ウェブに関する主な指標」に関して、Googleの公式発表記事を和訳しましたのでご紹介します。Core Web Vitalsに関しては以下のページもご参考ください。 ウェブに関する主な指標 Core Web Vitalsのしきい値について Googleからの発表記事 Google ...(続きを読む)
Googleが運用するweb.dev(開発者向けにWebサイトの分析やパフォーマンスを確認できる「Lighthouse」のWebサイト版)内のブログでCore Web Vitalsに関するしきい値について紹介されていましたので、和訳してご紹介します。Core Web Vitalsに関しては既にご説明 ...(続きを読む)
GoogleがCrUXに基づいた新たな概念として、Web Vitalsを導入しました。このWeb Vitalsを形成する核心の部分がCore Web Vitalsであり、このCore Web Vitalsは3つの指標(LCP、FID、CLS)で形成されています。この3つの指標(LCP、FID、CLS ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。