AMPによるインデックス

AMPはじめました」でご紹介しました通り、本ブログもAMP対応いたしました。それから4日経った現在、どういう効果や違いが出たかをご紹介したいと思います。

速い

ふわふわ

Search Consoleでの変化

以下のように、Search ConsoleのAccelerated Mobile Pagesの項目で7月11日よりインデックス数の増加が見受けられています。

インデックスの量

設定で色々間違えたりしましたので、エラーのあるAMPも出現してしまいましたが、今では修正済みですので(赤色の折れ線グラフのように)少しずつエラーページ数は減少しています。まぁ、とりあえずインデックスには成功しているようです。

ふわふわ

検索での変化

AMP対応を始めた7月11日の翌日に別の新しい記事を公開したのですが、その記事がAMP枠として検索結果に表示されました(笑)。勿論今は出現していませんが、「SEO」というキーワードでの検索結果5位と6位の間にトップニュース枠が出現し、そこに本ブログが掲載されたのです(笑)。「SEO」というビッグワードでこんなチンケなブログが…(笑)。

「SEO」検索結果

SEOについて書いてあれば、(「SEO」というキーワードでSEOを行っていなくても)AMP枠が出現した時に検索結果1P目に表示されるなんて、有難いですね(笑)。AMP対応して良かったです。
 

この現象を受けまして、本日Search Consoleで当日の検索トラフィックを確認してみました。すると以下の数値を確認することができました。

AMPによる「SEO」検証

少なっ!!(笑)
クリック率低っ!!(笑)

実際には夜中のAMP枠出現でしたので表示回数が少なかったのと、クリックされやすい内容では全く無かったので、こんな表示回数とクリック数です。そもそもが圏外に近い検索順位であることから、平均検索順位もだいぶ低いです。

ふわふわ

AMPは流入数一発逆転のチャンス?

強がりを言わせていただくならば、このブログは流入数拡大を狙っているわけではございませんのでどうでも良いのですが、流入数拡大を狙うサイトであればAMP対応はオススメです。

AMP枠の出現条件はAMP対応ページが一定数あることが必要ですが、(GoogleはAMP対応範疇を拡大中ですし)どんなキーワードでどう出現するかなんて今の段階では分かりません。ですので、ニュース性や話題性に少しでも触れられそうであれば(もちろんそれだけではないですが)AMP対応をしておくと、1日で急激に流入数が拡大するなんてことも期待できるわけです。

私はクリック数2でしたが(笑)、工数に余裕があれば是非AMP対応してみてはいかがでしょうか。


関連記事
Googleはリンクの種類を識別しやすくするために、新しくsponsored(有料リンク)とugc(ユーザー間生成リンク)の2つを追加しました。これが直接的に何かに影響する話ではありません。ただ、今まではnofollowで「ページランクを渡さない」という設定をするだけでしたが、Googleに対してよ ...(続きを読む)
ちょうど1年前に新Search Consoleがβ版から卒業し、それから今まで新Search Consoleと旧Search Consoleと両方のインターフェースを活用できていましたが、ついに旧Search Consoleが終わりました。Google Webmaster Central Blogで ...(続きを読む)
「表示速度上げても検索順位が上がるか分からないんでしょ? じゃあ、そこに作業工数をかけません。」と言う人もいます。そんな時、私は閉口してしまいますが、それって本末転倒ではないでしょうか。 そこで、ちょっと私なりの意見を書いておこうかと思います。 目的は何か? 「検索順位を上げる」という目標を立てる人 ...(続きを読む)
「御社のサブドメインを使って情報発信メディアを作りませんか?情報発信メディアの作成やコンテンツライティング、SEOは弊社側で独自に行います!」という営業を受けたことはあるでしょうか? これ、海外では意外とそういう業者が横行しているようです。私は今のところ1回しかそういう業者に出くわしていませんが、G ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。