• 202209商品レビューアップデート

202209商品レビューアップデート

Googleは米国現地時間9月20日、Twitterにて商品レビューアップデートを行ったと発表しました。2021年4月の導入発表以来、2021年12月2022年3月2022年7月とアップデートを繰り返し、今回が4回目の更新となります。

本日、英語圏の商品レビューページに向けた2022年9月商品レビューアップデートをリリースしました。ロールアウトが完了したら、ランキングのリリース履歴ページを更新します。

引用)@googlesearchcより和訳

いつものです

英語圏ですので、まだ“対岸の火事”感は強いのですが、昨年の4月リリース以降、もうすでに4回目の更新なんですね。上手くいってないのかなぁ…と勘繰ってしまいます。ただ、商品レビューアップデートにおける品質評価に関しては、既に日本語にもなっているページが検索セントラルのドキュメントにあがっていますので、日本語導入も時間の問題かもしれません。以下が、商品レビューアップデート更新履歴です。

ロールアウト日
(米国現地時間)
内容 追加
(補足事項)
2021年4月8日 新しいアルゴリズムとして商品レビューアップデートを導入 どういう要素を判断軸にしているか説明
2021年12月1日 商品レビューアップデートのアルゴリズム更新 2つの要素(商品利用時の証拠映像等の表示&販売業者は複数リンク掲載すること)をアルゴリズムに追加
2022年3月23日 商品レビューアップデートのアルゴリズム更新 4つの要素(従来と類似内容なので割愛)を追加し、要素の判断軸例を14個に渡って掲載し直し
2022年7月27日 商品レビューアップデートのアルゴリズム更新 今まではSearch Central BlogやThe Keywordで説明していたが、今回はTwitterで“更新”を発表したのみ
2022年9月20日 商品レビューアップデートのアルゴリズム更新 今回もTwitterで“更新”を発表したのみ

ややこしいのがコアアップデートと時期がかぶる

今回ややこしいのが、現在ロールアウト中の202209コアアップデートと時期が重複していることです。コアアップデートは世界的に導入されていて、商品レビューアップデートは英語圏に導入されているので、英語圏の検索エンジンには2つ並行してロールアウトしていることになります。

そのせいで、検索順位の変動があった際に、それがどっちによる影響なのか知りたいという声も上がっているようです(私から言わせれば「どっちでも良いだろ。やるこたぁ一緒だろ」と思いますが)。そこで、Googleは発表ツイートに下記の情報を追加しています。
 

なお、2022年9月コアアップデートは完全ではありませんが、ほぼロールアウトが完了しています。あと1週間以内に完了、完了し次第ランキングリリース履歴ページに掲載します。

引用)@googlesearchcより和訳

 

順位変動があって、それがコアアップデートの影響か、商品レビューアップデートの影響か知りたい場合:
– 商品レビューページで起こっている変動であれば、それは商品レビューアップデートによる影響です。
– それ以外はコアアップデートの影響による可能性が高いです。

引用)@googlesearchcより和訳

 

うーん…当然というか野暮というか…。まぁ、そうなんでしょうね(笑)。

日本の場合は、比較サイトやアフィリエイターが気を付けるべき?

商品レビューアップデートが日本に導入されるようになったら…真っ先に対象になるWebサイトは比較サイトやアフィリエイトサイトでしょう。個人系サイトやブログ等も記載内容によっては対象になりやすいかもしれませんね。1人称で商品展開しているWebサイトは影響を受けないとは思いますが…成果報酬系提携メディア等からの売上に影響することもありますので、いずれにしても動向を注視しておいた方が良いと思います。


カテゴリー

新着記事

人気記事

過去記事