• 202207商品レビューアップデート

202207商品レビューアップデート

2021年4月2021年12月2022年3月に続き、米国現地時間2022年7月27日に商品レビューアップデートを行ったと、Googleがツイートしました。というわけで、そのご紹介です。

本日、2022年7月の商品レビューアップデートをリリースしました。ロールアウトが完了しましたらランキングリリース履歴ページを更新します。

引用)@googlesearchcより和訳

どんな感じ

商品レビューアップデートを簡単に言いますと「第3者の商品を比較・評価しているページにおいて、どれくらい専門家の人が、どれくらいの実体験を踏まえて評価をしているか、その精度をランキングに反映させるアルゴリズム」です。これにより、ページ閲覧者の参考になる具合が強化されるだけでなく、ネガティブキャンペーン等の側面も排斥できるようになります。

ロールアウト日
(米国現地時間)
内容 追加
(補足事項)
2021年4月8日 新しいアルゴリズムとして商品レビューアップデートを導入 どういう要素を判断軸にしているか説明
2021年12月1日 商品レビューアップデートのアルゴリズム更新 2つの要素(商品利用時の証拠映像等の表示&販売業者は複数リンク掲載すること)をアルゴリズムに追加
2022年3月23日 商品レビューアップデートのアルゴリズム更新 4つの要素(従来と類似内容なので割愛)を追加し、要素の判断軸例を14個に渡って掲載し直し
2022年7月27日 商品レビューアップデートのアルゴリズム更新 今まではSearch Central BlogやThe Keywordで説明していたが、今回はTwitterで“更新”を発表したのみ

今回は最初の発表以来、3回目の更新になりますね。

正確性と客観性が求められる

ちなみにまだ日本にはそもそも導入されていません。ですので、Search Central Blogもランキングリリース履歴も全て英語版のみでの掲載です。商品レビューアップデートに関しては、E-A-T要素も然ることながら「本当にちゃんと客観的に検証したのか」という要素が強くなります。ですので、「誰が」「どんな判断軸で」「どういう使用をし」「どの点について評価したか」を明確にしているページが好まれるでしょう。
それは動画なのか、ページなのか、色々な見せ方があると思います。私が個人的に非常に良く出来ていると思うのは、金栄堂ページにあるこちらの動画です(ちょっと笑っちゃう世界観なんですけどね)。
 

 

とても丁寧に商品を説明し、その機能性や使用感等がしっかりと伝わってくる内容ですよね。日本に導入された際、商品レビューをする場合のページ制作や動画制作に是非参考にしてみてはいかがでしょうか。


カテゴリー

新着記事

人気記事

過去記事