社会人はアウトプット型へ

最近、各所で新社会人や若い正社員と接する機会があります。もちろんそういうった社員は研修期間もあるかと思いますが、正直、決して若くない社会人でも「自己研鑚という目的が強すぎて、社会人本来のあるべき姿を見失っているのではないか」と感じる人もいます。そこで今回は、社会人におけるインプット型の人間とアウトプット型の人間について、持論を展開したいと思います。

インプットとアウトプット

ふわふわ

インプットは学生まで

私はよく「インプット型人間」「アウトプット型人間」と形容したりします。インプット型人間とは「自分への知識、スキルの入力を主として考える人」であり、アウトプット型人間とは「他人や社会への様々な出力を主として考える人」と定義しています。

国民の三大義務と三大権利のひとつである「教育を受けさせる義務」「教育を受ける権利」を鑑みた上で、学生のうちは「お金を払ってインプットする」という姿勢で過ごします。ですからもちろん“自分の”テストの点数を上げたり、“自分の”知識を高めることがゴールですよね。

しかし、そのままの姿勢で社会人になってしまうと随分な勘違い人間になってしまうのです。社会人は、学生のうちに学んだことを活かして、社会の中で社会貢献をしていくことが大前提です。だから学生のうちに充分なインプットをしてきたわけです。にも関わらず、社会人になってもインプット型の人間が意外と多いのです。つまり、働くことにおいて「お金をもらってアウトプットする」という姿勢ではなく、「給料をもらっておきながらインプットし続ける」という姿勢の人です。社会や経済に対して働くことでその対価を得るのが社会人であり、お金をもらう以上アウトプットが重要なのですが、研修期間を過ぎてもインプット型で「また勉強になった」と喜ぶ人が多いのには辟易します。

社会人はアウトプット型人間になるべきだと私は強く思います。

ふわふわ

インプット型とアウトプット型の思考の違い

経営者であれば、極端な例でインプットだけする人間とアウトプットだけする人間、どちらを社員に欲しいか?と訊かれたら後者を選択するでしょう。社会において、インプットは所詮アウトプットするための手段に過ぎませんので、結果を求めるのであれば当然アウトプットを重要視するはずです。「知ってナンボ」ではお金を生みません。経済を活性化するのは「やってナンボ」です。だから繰り返しになりますが、社会と自分の関係性を成立させられないままインプットに終始するのは間違いだと私は思います。

そして、インプット型人間は、インプットに主眼を置いているため、無意識的に自分に不都合なものを排除しようとします。インプット型人間とアウトプット型人間では以下のような違いが生じます。

インプット型の人間 アウトプット型の人間
  • ・自分が得たもので価値判断する
  • ・自分がどう思うか
  • ・周りに何をしてもらうか、と求める
  • ・環境を批評する側
  • ・知識を蓄えようとする
  • ・自分が何をしたかで価値判断する
  • ・相手がどう思うか
  • ・自分に何が出来るか、と考える
  • ・環境を作る側
  • ・信頼を蓄えようとする

アウトプット型人間は自己犠牲心とか無償愛が強い、という話ではありません。お金に対する対価を会社や社会に返せ、という話です。

ふわふわ

アウトプット型人間になる心得

では、アウトプット型人間になるためには、どうすれば良いのか――簡単です。
先に述べたように、インプットはアウトプットの手段に過ぎないので、自分の思考の起点を変えれば良いんです。「○○を覚える」という目標にせずに「□□の効果を出す。そのためにまずは○○を覚える」という目標にすることです。そして「○○を覚える」を達成したところで、それは100点中50点を取ったという心構えではなく、まだ0点であるという心構えでいることです。たまに「出社しただけで褒めてもらいたい」というツイートとかを目にしますが、その考え自体が愚の骨頂ですよね…。

私の理想として、アウトプット型人間になることによって贔屓や偏見の無い正統な評価が生まれ、(「頑張っているから」という訳のわからない評価に繋がる)ガンバリズムが無くなり、結果的に働き方をも改善されるのだという方程式があります。まぁ、得てしてインプット型人間こそ労働環境へのノイズが多いイメージなんですけどね(笑)。

とにかく気を付けてもらいたいものだと思います。


関連記事
2019年4月10日より、いよいよ「有休義務化」になります。事業者(会社側)は労働者(社員)に対して、一定の条件のもと、1年で5日以上は有給を消化させなければならなくなります。そこで、これについて個人見解を交えながらご紹介したいと思います。 どういう内容? 労働基準法によって、今までは年間の有給取得 ...(続きを読む)
ある方から「ブログをやってみれば?」と言われ、始めたこのブログも早4年と2ヶ月。ついに500記事目に入りました。なんとなく「SEO等の現場情報を取引先のご担当者様へ」という目的で始めましたが、今となっては誰宛の何ブログか分からず...(笑)、それでも今まで4年以上続けられました。ここまで続けられまし ...(続きを読む)
最近色々なミーティングをしている中で、目標やKSF、KGI、KPIを設定するところまでは行っているものの、実際に動いている業務行動が目標に紐づいていない人が多く見受けられます。そして結果論的に、KPIと照合し「順調か否か」を査定している人が多いです。これでは目標とそれに伴うKPIラインを逸脱してただ ...(続きを読む)
メラビアンの法則と言いますか実験と言いますか...とにかく話す言葉そのもの自体よりも、目に入った情報の方がより印象付けされるという内容です。仕事で気を付けることも含め、ご紹介したいと思います。 7-38-55の法則とは 1971年頃にアルバート・メラビアン氏が導き出した実験のことで、何かを伝える時、 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。