Google「ビジネスへのヒント」枠

GoogleがGoogle for Work Japan公式ブログGoogle Apps for Workに「ビジネスへのヒント」というカテゴリを新設したと発表しました。もともと点在してあった情報がまとめられて見やすくなったという印象でしょうか。今回はそのご紹介記事です。

ビジネスへのヒント

ふわふわ

何の話?

クラウドやモバイルなどのデジタルテクノロジーの急激な進化に伴い、それらをうまく活用しデジタルワークプレイスへ変革を遂げることが求められている昨今、皆さまのビジネスに役立つ情報をいち早くお届けしていくために、Google Apps for Workのホームページ上に、【ビジネスへのヒント】と題した新しいWebサイトを開設いたしました。
引用)Google for Work Japan公式ブログ

 
要は働き方におけるGoogle情報記事群です。切り口としては「人と組織」「テクノロジー」「働きかた」をテーマにして記事更新していくようですが、特にタグによる切り口等があるわけではなく、情報がまとめられているといった印象です。

Google for Work Japan公式ブログでは例として一部の記事をピックアップして「こういうような内容でいきますよ」という感じで併せて紹介しています。女性が仕事満足度とテクノロジーとの親和性について触れられていますね。

ふわふわ

Apps for Workって?

Google Apps for Workでは、そもそもエンタープライズサービスやツールの情報を発信し続けている販売促進サイトです。主に中小企業のオーナーが閲覧・参考にするようなサイトです。私も職業柄このサイトを閲覧したり、実際にAppsを利用したりしていますが100%使い切れているかどうかで言えばかなり怪しい状況です(笑)。Googleのスプレッドシートよりもエクセルを使っていますし、クラウドソーシングやノマド環境にいる人の方がよほど使いこなしていると思います。

そんなクラウドソーシングで社内外コミュニケーションを主としているような企業オーナー中心に、働き方やテクノロジー情報を紹介しているのがGoogle Apps for Workであり、Google for Work Japan公式ブログですね。

どうしてもSEOに携わる人にとっては“Google=主にSEOの対象企業”として見がちですが(笑)、先日の新サービス等の開発の他にも、こうしたB2Bサービスも充実していることは知っておいて良いと思います。


関連記事

業務は「終わり」で握る

当たり前の話なのですが...仕事においての業務報告が「今やってます」とか「今からやります」で終わる人が意外と多いことに気付きました。もちろん社会人経験や組織経験が少ない人に多いのですが、仕事というのは業務の「はじめ」や「今」で握るのではなく、いつ完了するかの「終わり」で握る(共有する)ことが大事です ...(続きを読む)

新型コロナ接触確認アプリ

新型コロナウィルスにおける濃厚接触を示すスマホアプリ「COCOA」を6月19日よりリリースする旨を西村経済再生担当相が発表しました。私なりに生活や仕事にどう利用できるか考えてみましたのでご紹介します。 どんなアプリ? 今回のこのスマホアプリを使うことで、登録し合っている当人同士がBruetoothを ...(続きを読む)

いじめもハラスメントも原始的

私の人生において、正直あまり実感が湧かないのですが、先日「いじめ」についてどう思うか訊かれる機会があり、その時は「よく分からない」と答えてしまったのですが、私なりに考えてみたので記事にしておきます。私から言わせれば、学生までが「いじめ」という定義で、社会人になると「ハラスメント」という定義になる印象 ...(続きを読む)

プライドは自分に持つな

先日のKPIの置き方に引き続き、お説教備忘録です(笑)。よく「卑屈になるな。謙虚になれ。傲慢になるな。自信を持て。」なんて言ったりしますが、仕事においてプライド――自尊心は持つべきでしょうか。そんな話について私なりに記事にしてみたいと思います。 プライドって良いの? プライドを日本語にすれば、「自尊 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。