Google「ビジネスへのヒント」枠

GoogleがGoogle for Work Japan公式ブログGoogle Apps for Workに「ビジネスへのヒント」というカテゴリを新設したと発表しました。もともと点在してあった情報がまとめられて見やすくなったという印象でしょうか。今回はそのご紹介記事です。

ビジネスへのヒント

ふわふわ

何の話?

クラウドやモバイルなどのデジタルテクノロジーの急激な進化に伴い、それらをうまく活用しデジタルワークプレイスへ変革を遂げることが求められている昨今、皆さまのビジネスに役立つ情報をいち早くお届けしていくために、Google Apps for Workのホームページ上に、【ビジネスへのヒント】と題した新しいWebサイトを開設いたしました。
引用)Google for Work Japan公式ブログ

 
要は働き方におけるGoogle情報記事群です。切り口としては「人と組織」「テクノロジー」「働きかた」をテーマにして記事更新していくようですが、特にタグによる切り口等があるわけではなく、情報がまとめられているといった印象です。

Google for Work Japan公式ブログでは例として一部の記事をピックアップして「こういうような内容でいきますよ」という感じで併せて紹介しています。女性が仕事満足度とテクノロジーとの親和性について触れられていますね。

ふわふわ

Apps for Workって?

Google Apps for Workでは、そもそもエンタープライズサービスやツールの情報を発信し続けている販売促進サイトです。主に中小企業のオーナーが閲覧・参考にするようなサイトです。私も職業柄このサイトを閲覧したり、実際にAppsを利用したりしていますが100%使い切れているかどうかで言えばかなり怪しい状況です(笑)。Googleのスプレッドシートよりもエクセルを使っていますし、クラウドソーシングやノマド環境にいる人の方がよほど使いこなしていると思います。

そんなクラウドソーシングで社内外コミュニケーションを主としているような企業オーナー中心に、働き方やテクノロジー情報を紹介しているのがGoogle Apps for Workであり、Google for Work Japan公式ブログですね。

どうしてもSEOに携わる人にとっては“Google=主にSEOの対象企業”として見がちですが(笑)、先日の新サービス等の開発の他にも、こうしたB2Bサービスも充実していることは知っておいて良いと思います。


関連記事
サラリーマンのミーティングや憩いの場で知られる、あの銀座ルノアールでも、ついに来年(2020年)4月から紙巻煙草による喫煙を禁止する旨を発表しました。BuzzFeed Newsが報じています。日本では、働き方について労働者向けの先進性ばかりが注目されていましたが、いよいよこうした保守的慣習に関しても ...(続きを読む)
最近、各所で新社会人や若い正社員と接する機会があります。もちろんそういうった社員は研修期間もあるかと思いますが、正直、決して若くない社会人でも「自己研鑚という目的が強すぎて、社会人本来のあるべき姿を見失っているのではないか」と感じる人もいます。そこで今回は、社会人におけるインプット型の人間とアウトプ ...(続きを読む)
2019年4月10日より、いよいよ「有休義務化」になります。事業者(会社側)は労働者(社員)に対して、一定の条件のもと、1年で5日以上は有給を消化させなければならなくなります。そこで、これについて個人見解を交えながらご紹介したいと思います。 どういう内容? 労働基準法によって、今までは年間の有給取得 ...(続きを読む)
ある方から「ブログをやってみれば?」と言われ、始めたこのブログも早4年と2ヶ月。ついに500記事目に入りました。なんとなく「SEO等の現場情報を取引先のご担当者様へ」という目的で始めましたが、今となっては誰宛の何ブログか分からず...(笑)、それでも今まで4年以上続けられました。ここまで続けられまし ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。