新型コロナ接触確認アプリ

新型コロナウィルスにおける濃厚接触を示すスマホアプリ「COCOA」を6月19日よりリリースする旨を西村経済再生担当相が発表しました。私なりに生活や仕事にどう利用できるか考えてみましたのでご紹介します。

covid-19

ふわふわ

どんなアプリ?

今回のこのスマホアプリを使うことで、登録し合っている当人同士がBruetoothを通して一定距離(約1m)内に一定時間(15分)以上近くにいたと判断された場合、10分おきにフラグが立つ感じです。そのフラグに個人情報は含まれない形で14日間データ保存されます。その後、もし新型コロナウィルスの陽性反応が出た場合、その当事者のアプリ履歴から濃厚接触者を判断し、通知が行くという仕組みです。

アプリは無料で使え、利用者同士が1メートル以内の至近距離に15分以上いると、互いの端末にデータが残るように設計されている。利用者の感染が判明すれば過去2週間の記録をたどり、濃厚接触した可能性がある人に通知が届く。

引用)共同通信

個人情報は収集されない前提で、アプリを起動しBruetoothをオンにしている者同士で成立する機能です。詳細は(非常に分かりづらい)厚生労働省のプレゼンテーション資料をご覧ください。

厚生労働省は以前から告知していましたが、ようやくリリースが6月19日になったようです。

ふわふわ

使えない&使わない

まぁ、セキュリティ面やコンプライアンス等の諸事情を踏まえるとこれくらいが限界の機能なのかもしれません。無償で基盤を開発してくれた有志が集まったところはあったらしいのですが、その他コンペ費用や開発費用、告知費用等にどれくらいのコストがかかったのでしょうか。私には費用面と技術面に関しては分かりませんが、使用に関しては以下の想像をしています。

  1. スマホを持っていない人もいる。特に高齢者。
  2. 本アプリをインストールする人は少ない。
  3. BruetoothをONにしない。
  4. BruetoothをONにしたAirDrop事件(不特定多数にわいせつ画像を送りつける事件)があったため、Bruetoothの常時ONに抵抗感。
  5. BruetoothをONにし続けるとバッテリーの消耗が激しくなる。
  6. 本アプリはお互いがアプリをインストールし、且つBruetoothを常時ONにすることで成立する機能。
  7. これらの要素から、濃厚接触に関するデータはあくまでも「最低でも…」というものにしかならない。
  8. 個人情報は収集しないと何度も記載されているが、正直怪しい。怖い。

そもそもインストールして常時BruetoothをONにする人は、元来より新型コロナに対する厳格な姿勢と意識が強いと思いますので、ここにも矛盾が生じる気がしています。つまり、このアプリは使えないし、使わないでしょう。国を上げてアプリに注力したこと自体は歴史的にも新しい試みでしょうが、新型コロナウィルスに対する大規模な対策を目的としているのであれば明らかに失敗のような気がします。

むしろ意識が低い人を対象にしなければなりませんし、私ならユーザーインセンティブを付けると思います。「○日以上BruetoothをONにしていることを前提に、濃厚接触が○人以下、及び濃厚接触時間が合計で○時間以下だった人は通知してくれれば、個人意識補助金として○円給付します」みたいな。

それであれば、厚生労働省が何度も「個人情報は収集しません」なんて宣言する必要もなく、「給付金のために個人情報も収集します」と宣言して良くなるわけです。

うーん・・・新型コロナウィルスのために「何かしらの対策を講じる」ことだけをゴールとせず、その先にある「国と個人が最終的に得られるメリット」まで考え抜いたアイデアが欲しいものですね。


関連記事

スケールさせたきゃ自分で仕事をするな

仕事というのはとても面白いもので、大体“下請け”で成立しているビジネススキームがほとんどです。家を建てようとする人の下請けに不動産があって、不動産の下請けにハウスメーカーがあって、ハウスメーカーの下請けに建築会社があって...みたいな形で、それぞれの分野のプロがその分野の業務を代行するって仕組みです ...(続きを読む)

万事、機能よりもたらし

商売をしていると万事が万事、全てにおいて「メリットよりもベネフィット」、「機能性よりも人生や生活に何をもたらすかを伝えること」が大事なんです、という話です。Webサイトのランディングページや販売員にとっては絶対的且つ恒久的な基礎だと思いますが、営業時や人に伝える上でも非常に大事ですよね。今回はそうい ...(続きを読む)

マクロ/ミクロマネジメント

マクロマネジメントとミクロマネジメントについて記事化しておきたいと思います。それぞれがどう違うのか、それぞれの長所短所を踏まえて私なりの解釈と意見を紹介します。働く上でマクロマネジメントが得意な上司やミクロマネジメントが得意な上司、また逆に管理される部下側にとっても働きやすいマネジメント環境があると ...(続きを読む)

休日に仕事をすることについて

たまに休日に仕事をする人がいます。そしてそれを自慢気に話す人もいます。そこで、私の長年の経験から休日に仕事をすることについてのリスクについて持論を展開しておきますので何かのご参考として是非お含みおきください。ちなみに、今回の話は企業目線でブラックの是非を問うのではなく、あくまで個人としての心得の話で ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。