78:22の法則

このタイトルをご覧いただいてピン!と来た方も多いと思います。そう、ユダヤの法則です。ユダヤ商法とも言われます。古くからユダヤ人が法則として人体やビジネスに活用してきた、この78%と22%という数字のバランスは今でも充分に活用できるものかと思いましたので、本ブログでもご紹介したいと思います。

78×22

ふわふわ

どんな法則?

日本マクドナルドや日本トイザらスの創業者である藤田田氏(享年78歳)もこの78:22を活用したビジネスマンとして有名ですが、その藤田氏の書著「ユダヤの商法」には、以下のような例が挙げられています。

  • 人間の体は78%が水分。
  • 人間の腸内の善玉菌は78%、悪玉菌は22%が最適。
  • 肺呼吸と皮膚呼吸のバランスは78:22
  • 地球上では海が78%、陸が22%。
  • 空気の成分は78%が窒素。
  • 正方形ぴったりの円を描くと、正方形に対するその円の面積が78%。
  • 銀行は預金者78%、借金者22%が一番よく回る。
  • 収入の78%で生活し、22%を返済に充てるローンが安全な人生。
  • 人生の成功者の割合は22%。
  • コカ・コーラの瓶は縦の長さと横の長さの比率が78:22
  • 以前マクドナルドのメニューであったサンキューセット(390円セット)は500円出して22%の釣銭がもらえる仕組み。

参考)ユダヤの商法

 
まだまだ色々なユダヤの法則がありますし、実際に78:22で成立しているものも数多くあると思います。要は、この世で成功しているモノの中には78:22の割合が隠されていることが多いということです。もちろん、ただの結果論であり、根拠に欠けると思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、2割の顧客が8割の売上を支えているといったパレートの法則もありますし、深く考えず何かしらで取り入れてみるのもアリだと思います。パッと私が浮かぶものとしては、企業ロゴ等を左右×天地=78×22で作成しても良いかもしれませんね(笑)。きっと78:22は人間が無意識的に心地良く感じる割合でもあるのかなぁ…なんて思います。

ふわふわ

他にどんな応用ができそう?

例えばこの業界ですと、インターネットメディアのメインカラムを780pxもしくは画面全体の78%にしてみたり、広告バナーサイズやサイトロゴを780px×220pxにしてみたり、商談ルームのテーブルサイズを78:22にしてみたり、組織社員の22%を営業にしてみたり、経常利益が22%になるようサービス価格帯を調整してみたり等々…色々なことが考えられそうです。

もしこの記事をご覧になっているのであれば、頭の片隅に78%という数字を残しながらビジネスに向き合ってみるのも面白いかもしれませんね。