Twitter:スペース(Spaces)について

このブログでClubhouseを紹介して、Instagramライブルームを紹介しておきながら、Twitterのスペースを紹介しないわけにもいかないので、2020年12月からベータ版で展開しているTwitterスペースもご紹介します。

Twitterが行く

ふわふわ

Twitterスペース(Spaces)とは

Twitterを利用した音声チャットルーム機能です。要はまんまClubhouseです(笑)。まずは以下のキャプチャをご覧ください。

Spaces利用画面1

Spaces利用画面2

Clubhouse利用者にはお分かりいただけるかと思いますが、まんまClubhouseですよね。

現時点ではベータ版ということもあり、ホスト(スペース作成者)、スピーカー(会話できる人)、リスナー(聴取&絵文字リアクション者)のいずれもiOSのみの展開です。また、ホストは現在限られたアカウント(著名人?)のみとなっています。スピーカーに関しては(Clubhouseの上限無しとは違い)10人まででとなっています。リスナーとしての参加は無制限です。

スペースは、Twitterの利用者が集まり、音声を使って自分たちで作り上げるTwitterのコミュニティです。スペースは、終了されるまでTwitter上のすべてのアカウントに公開されます。

注記: Twitterでは、まずごく限られた数のアカウントにスペースを展開しており、Twitter上のさまざまなコミュニティからフィードバックを集めています。すべてのiOSユーザーがスペースに参加できますが、スペースを作成できるのは限られたアカウントのみです。スペースを作成できるアカウントは今後増えていく予定です。

引用)Twitterヘルプセンター

私はホストにはなれないアカウントのため、キャプチャもリスナーとしてですし、ここでスペース作成方法をお見せできないのですが、詳しくはTwitterヘルプセンターの「Twitterのスペースについて」をご参照ください。

ふわふわ

今後どうなる? 個人見解

Clubhouseに関しては、著名人によるアクティブ性が低いですよね。メンタリストDaigo氏は積極的に活用していますが、その他の著名人で積極利用している人は(私が知る限り)見受けられません。

きっとClubhouseに関しては、招待制によるプレミアム感とフォロワー競争をしていた2020年2月がピークだったのかもしれません。Androidユーザーにオープンになったところで、Androidユーザーが出遅れて積極的になるとも思えません。

対してInstagramやTwitterの(音声)チャットルームに関してはどうでしょう。すでに出来上がっているアカウント間において(音声)コミュニケーションができるため、著名人が利用しやすいかもしれません。(音声)チャットルームに関しては基本的に著名人が利用してナンボ感がありますので、もしかしたらClubhouseよりもよっぽどアクティブになるかもしれませんね。

そして、Instagramに関してはビジュアル要素でフォロワーを牽引する著名人がいるため、その著名人によるライブルームは(映像付きということもあり)有用な機能だと思います。ライブルーム利用者は常時一定数あると考えられますし、ユーザーのアクティブ率を向上させコミュニケーションを活性化するため、マネタイズにも貢献する機能かと考えられます。

Twitterに関しては、もともとビジュアル要素に期待するほどでもないので、Instagramとは違い、音声チャットルームで充分かと思います。ただ、すでにフォロワーの確立や著名人利用者が多いとはいえ、Twitterはユーザー間のコミュニケーションが活性化されているSNSではありません。これはTwitter社も懸念している通りです。Twitterは原則独り言の集合体です。ですので、この特性において、どこまで音声チャットルームに需要があるかがカギになると思います。

というわけで、私が考える今後の音声チャットルームに関する予測と活用人気度としては以下です。

  • Twitterスペース活用人気度 > Clubhouse活用人気度
  • Instagramライブルーム活用 ≠ Twitterスペース活用
  • Twitterスペースは著名人が利用するかどうか次第
  • Instagramライブルームは著名人が利用しやすい

さぁ、この音声チャットルーム戦争は今後どうなっていくか…楽しみですね。


関連記事

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

Facebook:安心&安全への取り組み

Facebookでは、誤解や有害を与えかねないFacebookグループに対する措置や機能変更を加え、また、iOSとAndroidのモバイルデバイスでもセキュリティキーによる二段階認証を採用するようになりました。コンテンツとしての安全性とデバイスとしての安全性の両側面から施策付けています。 Faceb ...(続きを読む)

Instagram:ライブルーム新設

Instagramのライブ配信は人気の機能ですよね。インフルエンサーが視聴者にライブ動画を配信する機能です。これはインフルエンサーとなるユーザーが別の不特定多数ユーザーに配信するだけでなく、ホストとなって他のユーザーとの1対1のコミュニケーション動画もライブ配信することができました。つまり2人のやり ...(続きを読む)

Twitter:クソリプ抑止テスト再開

以前より、Twitterではリプライ時にセンシティブな内容を含んでいる場合、いったん立ち止まって考えるようiOSアプリでテストをしていました。これが2020年5月頃の話です。その後2020年8月にiOSやAndroidアプリ、Webにてテストを行いつつ、並行してツイート時にリプできる対象者を絞る機能 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。