Instagram:リール広告開始

Instagramでは、2020年8月にリール機能が始まり、その後12月にそのままショップ機能に繋がるようになりました。そんなリールで広告配信が始まりましたのでご紹介します。

インスタ

ふわふわ

リール広告はTikTokの合間に流れるYouTube広告みたいなもの

リール自体は30秒以内の動画です。そのリールだけをひたすら再生させるようにする(全画面ビューアー状態)と、リールの合間に30秒以内で再生できる広告を配信できるシステムがリール広告です。

リール広告はストーリーズ広告と同様に縦長の全画面で表示され、通常のリール動画の合間に表示されます。リール専用タブだけでなく、発見タブ、ストーリーズやフィードなどに表示されるリール動画をタップし、リールだけが再生される全画面ビューアーに移動すると、次々に再生される動画の合間に広告が表示されます。ビジネスは最大30秒までの動画を広告として出稿することができ、広告もリール動画のように一度再生が終わるとループで再生されます。

引用)Facebookニュースルーム

このリール広告は、米国現地時間6月17日に発表され、日本を含むリールが利用できるすべての国と地域で利用できるそうです。詳細はInstagramヘルプセンター(日本語未対応)をご覧ください。

ちなみに、リール広告は閲覧者からコメントを残せたり、いいね、保存、シェアすることもできるとのことです。興味がない広告が表示されたときにはスキップしたり、非表示にしたり、Instagramに報告することもできます。まるで、TikTokの合間に流れるYouTube広告のようですが、コメントやいいね等が残せるところはTwitterの投稿広告のようですね。色々なものが混ざり合ったハイブリッドな印象の広告です。

ふわふわ

ストーリーズ広告と同じ

要はInstagram内のストーリーズ広告のリールバージョンですね。IGTVとかライブ動画とか色々な機能の動画がありますので、Instagramをアクティブに利用していない人にはごっちゃになりそうですが、まぁ色々なところに動画広告を載せられると考えれば良いでしょう。

私個人として感じるのは、その機能性もあり、ストーリーズ広告よりリール広告のほうが若年層に閲覧されやすそうな気がします。ストーリーズ広告素材をお持ちの方は、リール広告も試してみて、その違いを検証してみると良いと思います。


関連記事

Instagram:リールやフィードでコラボ

Instagramでは、米国現地時間10月19日、リールやフィード投稿する際にタグ付けすることで2人から投稿している扱いにできる「コラボ」投稿ができるようになることを発表しました。これによって、2人のアカウントを合算したリーチができますのでタイアップに便利になります。その他機能も合わせて発表されてい ...(続きを読む)

Twitter:フォロワーの削除等

Twitterで今、2つの機能追加が起こっています。1つ目はWeb版にてフォロワーを削除できる機能、2つ目はiOS版でタイムライン切り替えテスト機能、です。Twitterの怒涛の機能改善は続きますね。では、それぞれについて以下ご紹介します。 フォロー削除機能 Twitter社は2021年9月のテスト ...(続きを読む)

Twitter:Tip機能を全アカウントに

Twitterでは、9月24日、今年5月から試験導入していたTip Jar機能を「Tip」という正式名称にし、本日より一般アカウントに向けても実施を開始したことを発表しました。まずはiOS利用者に提供を開始し、その後、数週間かけてAndroidの利用者にもチップ機能を提供していくとのことです。 どう ...(続きを読む)

Twitter:コミュニティ機能

米国現地時間9月8日、Twitterは新機能「コミュニティ」をリリースしたと発表しました。現在は英語圏で、少数を対象にコミュニティ作成できるようになっており、iOS版とWeb版で導入しています。どんな機能なのか少しご紹介したいと思います。 コミュニティとは モデレーターとなって招待した人達だけでやり ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。