titleタグだけを変更するのは間違い?

昔はよく「ページ内容は変わっていないのに、titleタグだけを変更するのはおかしいのではないか?」という議論がございました。また、titleタグを変更するのは、SEO施策上最も簡単且つランキング影響しやすいので、サイト運営者であれば手を付け始めやすいのも事実です。では、実際にページは何も変わっていないのにtitleタグだけを変更するのはSEO上、おかしなことなのか…私なりの意見をふわふわご紹介したいと思います。

ちょっと一息

ふわふわ

内容が変わらず簡潔化するならOK

例えば、タイトルの設定についてご進言した時、そもそものページ内容やサイト構造が合致している上で、より簡潔化して分かりやすくなるtitleの内容であれば、変更しても良いと私は考えています。その理由とは、せっかくページ内容が良く書けているにも関わらず、titleタグの内容に言葉が詰め込まれすぎていたり、ユーザーが検索結果を見た時にパッと内容を推察できない状態だったりするくらいであれば改善した方が自然だと考えるからです。まぁ、今のGoogleのインデックス方法として考えれば、そんな悪いtitleタグ内容であったら、書き換えられちゃいますけどね(笑)。

しかしながら、そもそも伝えているページ内容が変わっていないにも関わらず、titleタグの内容まで変わってしまう(要件が異なる)場合は、やはり不自然ですので私はオススメしません。

つまり、ページ内容を推察できるtitleタグが本来「単語A+単語B+単語C」で形成されているような内容で、その接続詞や装飾語が多すぎている状態を省くのは問題ないと思います。また、より簡潔にtitleタグを変更するにあたり、余計だと思われる単語を省くことで「単語A+単語C」等で形成されるようにするのも問題ないと思います。しかしながら、全くページ内容に含まれていないような単語を追加し「単語A+単語D」等で形成・変更することは良くないと考えています。

titleを変える

「じゃあ、そもそもtitleタグの内容がズレていて、それを正しい内容のtitleタグに変更する場合はどうなのよ?」という質問を受けそうですが、そもそもtitleタグの内容がズレているということは、期待する検索順位を得られていないはずですので、修正することで順位が下降することもないと思います。ですので、不本意ながら変更しても良いとは思います。

ふわふわ

titleを変更する前にサイト構造を確認

「じゃあ、早速titleを変更していこう」と着手される前にちょっとご確認ください。私がオススメするtitleタグの命名規則はサイト構造と内部リンク構造を順守した形での表記方法です(「タイトルの設定について」参照)。後々サイト構造を変更することによって、titleタグを再度考察・変更しなくてはならないようでしたら、今すぐにtitleタグを変更するよりも、「具体的な内部リンク改善手順」に則して変更することをオススメします。

やはり、titleタグはページの顔ですからね。ちょこちょこ変えるよりも、堂々とページ内容やページの位置付けに合わせて変更する方が自然なことは自然ですよね。

従いまして、ページ内容を順守したtitleタグ内容変更は問題ないと思いますが、頻繁に変更するのは自然ではないということだけご理解いただければと思います。また、本記事内容は飽くまでも私の個人見解ですので予めご了承ください。


関連記事

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

About This Result機能の更新情報

まだ日本には導入されていませんが、既に英語圏では「About This Result(この検索結果について)」機能が実装されています。今回はこの機能によって知り得る情報に新しい情報が追加されたとのことで、The Keywordでその説明がされています。この「About This Result」機能は ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。