検索結果に回答のみを中止

先日、「検索結果に回答のみ」という記事内容をご紹介しましたが、その翌日に取りやめが決まったそうで…私自身バタバタしてなかなか更新できませんでしたが、改めて中止した内容をここに記載しておきます。

回答のみだけでなく

ふわふわ

どんな内容が中止に?

先日の繰り返しになりますが、Googleでの検索で、計算する検索や単位換算の検索、時間を確認する検索に関しては、ダイレクトアンサー枠でその回答のみを表示しており、一般検索結果や他の結果を一切表示しない実験を行っていました。

これはDanny Sullivan氏も言っていたように、あくまで試験導入にすぎませんでしたが、その試験結果として、この表示が相応しくはないという結論に至ったようです。

更新情報です!ありがたいことに、充分なデータとフィードバックを得て、我々は今回の回答しか表示しない機能の実験を注視することに決めました。引き続きより良い改善に努めつつ、注視していきます。

引用)@dannysullivanより意訳

ふわふわ

ちゃんと更新しておきます

Danny Sullivan氏がちゃんとツイートを更新していたので、私も更新しておきます。

今後私のブログで情報の更新が必要なものや間違っていたものがあれば、いつでも「お問い合わせ」よりご連絡くださいませ。


関連記事
GoogleはChromeにて、HTTPSサイトページの中にHTTPのリソースが含まれている場合、今後は混合コンテンツとしてデフォルトでブロックしていくと、Security Blogで発表しました。 混合コンテンツって? まず最初に理解しておかなければならないのは混合コンテンツというものについてです ...(続きを読む)
Google Search Console(以下:GSC)で「アドレス変更」が実装されました。新しいGSC用に生まれ変わって導入されたので、機能自体が新しいわけではありませんが、一応Googleが公表してくれています。 概要は? Googleの発表は以下の通りです。 Launching today ...(続きを読む)
最近、非常に多くなってきたリッチリザルト。構造化データのマークアップによるものが多いですが、マークアップはしたものの、サイトオーナーは「本当に出ているのかなぁ」と疑問に思うかもしれません。そこで、Google Search Console(以下:GSC)でリッチリザルト表示がどうやって確認できるかに ...(続きを読む)
今回はE-A-Tについて私なりに書いておこうかと思います。まず知っておいていただきたいこととして、E-A-Tは無形です。E-A-Tはアルゴリズムではありません。もっと言ってしまえば幻想です。「E-A-T対策」とか訳のわからないことを言う人がいますが、単純にGoogleにとってE-A-Tは「どんな人が ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。