検索結果に回答のみを中止

先日、「検索結果に回答のみ」という記事内容をご紹介しましたが、その翌日に取りやめが決まったそうで…私自身バタバタしてなかなか更新できませんでしたが、改めて中止した内容をここに記載しておきます。

回答のみだけでなく

ふわふわ

どんな内容が中止に?

先日の繰り返しになりますが、Googleでの検索で、計算する検索や単位換算の検索、時間を確認する検索に関しては、ダイレクトアンサー枠でその回答のみを表示しており、一般検索結果や他の結果を一切表示しない実験を行っていました。

これはDanny Sullivan氏も言っていたように、あくまで試験導入にすぎませんでしたが、その試験結果として、この表示が相応しくはないという結論に至ったようです。

更新情報です!ありがたいことに、充分なデータとフィードバックを得て、我々は今回の回答しか表示しない機能の実験を注視することに決めました。引き続きより良い改善に努めつつ、注視していきます。

引用)@dannysullivanより意訳

ふわふわ

ちゃんと更新しておきます

Danny Sullivan氏がちゃんとツイートを更新していたので、私も更新しておきます。

今後私のブログで情報の更新が必要なものや間違っていたものがあれば、いつでも「お問い合わせ」よりご連絡くださいませ。


関連記事

目次の順序はランキングに影響する?

コラム等の記事を読んでいると、どの記事も面白いように「とは」「種類」「メリットデメリット」「使い方」「注意点」の順番で目次設定されていて、その通りのストーリー順序で記事化されています。これは以前にも私は触れています。しかし、この順序はSEO評価(検索順位が上がりやすいこと)に繋がるのでしょうか。私の ...(続きを読む)

検索結果タイトル生成アップデート

Googleは米国現地時間8月24日、Webサイトページを検索結果に表示する際、タイトルを生成する新しいシステムを導入したと発表しました。記事内容を和訳しながらご紹介したいと思います。 検索結果表示のタイトルについて 元々、ずいぶん前からタイトルの書き換えは起こっていました。私も以前記事にしていまし ...(続きを読む)

Googleが検索の仕組みを案内

もう何度も何度も何度もGoogleは案内してきていると思いますが、改めてGoogleは「Google検索の仕組み」ページのデザインをリニューアルして公開しました。合わせてThe Keywordでもその内容を案内していますので、和訳してご紹介します。 Google検索の仕組みについて 新しくGoogl ...(続きを読む)

構造化データテストツールは別モノへ

2020年の7月に構造化データテストツールが廃止予定であることをGoogleは予告していました。要はリッチリザルトテストツールに統合されるという話でした。そして8月9日に構造化データテストツールはSchema.orgのテストツールとして変貌しました。 そもそもどうだったの? もともと、構造化データの ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。