検索結果に回答のみを中止

先日、「検索結果に回答のみ」という記事内容をご紹介しましたが、その翌日に取りやめが決まったそうで…私自身バタバタしてなかなか更新できませんでしたが、改めて中止した内容をここに記載しておきます。

回答のみだけでなく

ふわふわ

どんな内容が中止に?

先日の繰り返しになりますが、Googleでの検索で、計算する検索や単位換算の検索、時間を確認する検索に関しては、ダイレクトアンサー枠でその回答のみを表示しており、一般検索結果や他の結果を一切表示しない実験を行っていました。

これはDanny Sullivan氏も言っていたように、あくまで試験導入にすぎませんでしたが、その試験結果として、この表示が相応しくはないという結論に至ったようです。

更新情報です!ありがたいことに、充分なデータとフィードバックを得て、我々は今回の回答しか表示しない機能の実験を注視することに決めました。引き続きより良い改善に努めつつ、注視していきます。

引用)@dannysullivanより意訳

ふわふわ

ちゃんと更新しておきます

Danny Sullivan氏がちゃんとツイートを更新していたので、私も更新しておきます。

今後私のブログで情報の更新が必要なものや間違っていたものがあれば、いつでも「お問い合わせ」よりご連絡くださいませ。


関連記事

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

WebフォントとSEO

最近、5Gや表示速度、Core Web Vitals等に対する世間での意識が高まっているせいか、「Webフォントってどう思います?」というご質問をよくいただきますので、私なりの意見をご紹介しておこうかと思います。 Webフォントとは 今さらご説明も不要かと思いますが、Webサイトに表示するテキストフ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。