1社で複数サイトを運用すること

1社で似たようなサイトを複数運用しているケースがまだまだ多く存在しているように見受けられます。例えば、対象エリアが違うだけの賃貸情報サイト、職種や業界が違うだけの求人サイト、相談切り口が違うだけの士業サイト等です。今回はこういったケースについて、私の持論も含め見解をご紹介したいと思います。

類似部屋

ふわふわ

複数サイトを運用している例とは

イチ企業が複数のサイト運用を行っていること自体はまるで問題が無いのですが、イチ企業がSEO上の幻想的利点を求めて類似サイトを複数運用しているケースがまだ存在しているのは事実ですし、それは問題だと思います。私の経験上、比較的中規模企業においてこういうケースが散見されがちでして、いくつか例を挙げてみたいと思います。

例1)1社で対象エリアが違うだけの賃貸情報サイトを複数運用

  • 文京区の賃貸マンション選び.com
  • 墨田区の賃貸マンション選び.com
  • 江東区の賃貸マンション選び.com

例2)1社で職種や業界が違うだけの求人サイトを複数運用

  • 医師の求人サイト.com
  • 非常勤医師の求人サイト.com
  • 研究医の募集サイト.com
  • 看護師の求人サイト.com

例3)1社で相談切り口が違うだけサイトを複数運用

  • 離婚相談.com
  • 債務整理.com
  • 弁護士求人.com

「確かにひと昔前までは、こんなサイトたくさんあったよね」と笑ってしまう人もいるかもしれませんが、今でも上記のようなサイト群を運用している企業があるのも事実です。私は幻想的利点と前述しましたが、実際に「カテゴリ毎にテーマの強いサイトがあった方が、各キーワード関連でSEO的に広い守備範囲が保てる」とか「こうすることで、1つのキーワードで1,2位を独占できる」といった考えがあり、この考えがSEO優位な運用だと思い込んでいるようです。また、さすがに上記のような典型的な例ではないにせよ、つまるところ上記と変わらないような切り口で複数サイト運用しているのも多く存在していると思います。

しかしGoogleの中の人もよく言っていますが、こういったケースには「なぜひとつのサイトにまとめないのか」という疑念が湧くのです。そして私から言わせれば「もし、SEO上これが本当に正しいと思っているのであればそれは間違いですよ」ということです。

ふわふわ

なぜいけないのか

いけない…というよりも、「正しいというのは間違い」という言い方のほうがニュアンスとしては適切かもしれません。なぜなら、SEO上のことだけを考えるならば、類似サイトを乱立させるより少なくとも1つのサイトにまとめた方が効果的だと考えられるからです。1社で類似サイトを複数運用するデメリットとしては(最低でも)以下が考えられます。

  • せっかくのサイトパワーが分散(ドメインが強くならない)
  • 検索結果の多様化から同じクエリで同じ運用元サイトをいくつも上位表示されない
  • 施策キーワードでサイト同士がカニバリゼーションを起こしやすい
  • SEO運用工数や改善チューニングが浅く広くなる

サイトパワーが分散されるのは当然です。せっかくのドメインに対してコンテンツ量や被リンク量も分散されてしまうでしょう。さらに、1サイト目を.co.jpで運用していて、2サイト目を.comで運用している例もあったりします。この場合、1サイト目も2サイト目も並列に扱うことになってしまい、.co.jpという信頼度の高いTLDにも関わらず、それを活かしきれていないケースもあります。そして、結局コーポレートサイトはまた別のドメインを使用することになるという…本末転倒な状況に陥ることだってあります。これではドメイン費も馬鹿になりません。なにより運営サイトとして、1つのブランド価値を大きく訴求できるチャンスが分散されてしまう懸念もございます。

それから、検索結果において上位表示1,2フィニッシュを得ることももうGoogleに期待しない方が良いでしょう。GoogleにはQDDと言って、検索結果を多角的に紹介しようとする働きがあります。実際、検索結果1ページには10枠のサイトページしか案内できません。その限られた枠数に同じ運営元のサイトページを複数出すことで、検索ユーザーへの選択肢を制限するということはGoogleにとって本意ではないわけです。ですので、同じ運営元で1,2フィニッシュを取ろうとする考えは改めた方が良いと思います。
また(それなら)運営元となる企業名を別名にして、サーバーやIPアドレスも変更させることで、別の運営元であるように演出すれば…という考えが起こると思いますが、それももはや意味がないと思います。似たような内容であれば、やはりGoogleからすれば複数サイトを上位表示させる必要も無いでしょう。検索上位表示されるのはオリジナルなコンテンツやサービスがあるサイトページだからです。それを2つ分考えるくらいなら、1つにしてもっと知恵を絞った方が良いはずです。

そして、その1,2フィニッシュを取ろうとするあまり、施策キーワードでサイト同士がカニバリゼーションを引き起こしやすいのも事実です。まさに「二兎を追う者は一兎をも得ず」です。いずれも山っ気を出したサイトのため差別化も図れなければパワーも分散され、団栗の背比べ状態になってしまいます。それが(結果的にあざとさに繋がったりもし)1つのキーワードで共食い状態になって正当な評価を受けられないことにもなります。

SEO運用工数や改善チューニングが広く浅くなる、というのは遠回しの言い方なだけで、要は複数サイトを運用していればその分、1つのサイトに対する運用が雑になるって話ですよね。1サイトあたりに深くコンテンツを追求するよりも、全体的にコーディングをチューニングする程度になってしまったりもします。だからと言ってそれぞれのサイトにそれぞれの担当者を就けても工数ばかりかかってしまいますよね。

ふわふわ

サブディレクトリで展開することをオススメ

こうした理由からも、私は類似サイトを乱立させるより、しっかりと1つの大きなサイトにした方が良いと判断するわけです。そしてその類似サイト群をサブディレクトリ以下で存在させるようにしつつ、UIを最適に統一してあげることで、サイトパワーは増していくでしょう。
サブディレクトリではなく、サブドメインで管理するという考えもありますが、サブドメインは一応別サイトという判断をされます。ですので、余程大きなサイトにならない限り、1つのサイトとして捉えられるには時間と労力が掛かるでしょう。実際にサブドメインも含めて1つのサイトとして捉えられている大手サイトは数多くありますが…まぁ、サブドメインをどうしても希望する場合は、管理上とサーバー容量上(表示速度上)で判断していく感じですかね。ケースバイケースです。また、サブディレクトリでもGoogle Search Consoleには個別登録できますので、それぞれでしっかり効果検証したい場合でも有効です。

私は「SEO会社にこうすると良いって言われたんだけど…」と言われるケースが何度かありましたので、ここに備忘録的に記載しました。


関連記事

202012コアアップデート

米国現地時間2020年12月3日にGoogleはコアアルゴリズムのアップデートを始めたと発表しました。今年1月と5月にコアアップデートをしましたので、7ヶ月ぶりくらいですね。結構間が空きました。 毎度おなじみの Later today, we are releasing a broad core a ...(続きを読む)

クロールの統計情報が刷新

Googleは米国現地時間11月24日に、Search Consoleにおけるクロール統計情報のUIと仕様を刷新したことを発表しました。Google Search Central Blogでも記事化されていますので和訳してご紹介します。 To help website owners better u ...(続きを読む)

Google検索セントラルブログへ

Googleは今まで検索に関するブログをWebmaster Central Blog(ウェブマスター向け公式ブログ)という名称で運営していましたが、この度、Webmaster(ウェブマスター)という名称を廃止し、developers.google.com配下で運用するようになりました。 新旧の違い ...(続きを読む)

古いコンテンツの削除ツールが刷新

リンク否認ツールに続き、古いコンテンツの削除ツールがリニューアルしました。GoogleがTwitterで発表しています。インターフェースの変更のようですが、サイトオーナー側で行う作業ではなく、第3者が行うツールですのであまり馴染みがないかと思います。でも何かと便利かもしれませんので、知っておくと良い ...(続きを読む)

コメント一覧(6件)

GOTO さん 2019/06/06 05:48 返信

なるほどと思う内容ですが、複数のサイトを運営するメリットとして、ポートフォリオを組んで、一つのサイトがアルゴリズムなど外的要因変動の影響から検索順位が下がったとしても、その他の影響がなければ、結果的にリスク分散できる。という理由ではないんですか?
一つのサイトに頼るのはある意味危険なように聞こえますが、どんなご意見をお持ちでしょうか?

清野@ふわふわビジネス さん 2019/06/06 10:23 返信

コメントありがとうございます!
おっしゃる通り、複数のサイトを運営するメリットは運営側から考えれば多岐に渡ると思います。運営側が自分たちのサイトのことだけを考えれば...ですね。運営元が同じにも関わらず不当にサイトページを乱立するよりは、1つにまとめることをGoogleは推奨していますので、「複数のサイトを運用するメリットはこういうこともあるんじゃないですか?」と他のサンプルを並べられましても、推奨することは記事の通りですので、ご回答としては以上になってしまうのですが...。

自分達だけの都合で考えれば、恐らくもっと複数サイトを運営するメリットもあるでしょうし、Googleが推奨しないステマのような、運営元不明確のサイトを作る人もいるでしょうが、世界に130兆ものWebページがある中で、不当な乱立サイトにリソースを割くことはユーザー目線からもGoogleは良しとしていないわけです。1つに注力せず、複数運営で接点を増やし、効果的なサイトを強化するという手法は一見合理的にも感じますが、インターネット社会全体においては運営のご都合主義なやり方だと思います。ですので、その辺に対するGoogleの取り締まり強化も感じます。綺麗事かもしれませんが、ミクロ単位で少しずつこういう考えを推奨していくことも個人的には使命だと思って書いています。

中山 さん 2020/07/26 18:41 返信

今まで、複数のサイトを分野毎に分けて乱立させてきたのですが、上記のご意見、もっともだと思いました。

今後は、おすすめされている様に、サイトを集約させたいと思っているのですが、この場合、今後は使わないサイトはどうすれば良いでしょうか?

1 思い切って捨ててしまう。ドメインの更新もしない?
2 現状のままで放置して、外部リンク効果を狙う?

今まで保有してきたサイトがもったいないという気持ちもありますので、悩んでいます。

    清野@ふわふわビジネス 2020/07/29 20:16 返信

    コメントありがとうございます。返信が遅れて申し訳ございません。
    サイトの状況や内容によって異なるので何とも言えませんが、私でしたらページの統廃合を1つずつ行います。
    Aというサイト(ここではA.jpとする)にBというサイト(ここではB.jpとする)を寄せたければ、Aの該当ページの施策キーワードを見出して、
    「施策キーワード△site:B.jp」でAの該当ページの対となるBの該当ページを見出し、コンテンツを比べます。
    Aのコンテンツの中に無いBのコンテンツがあれば、Aに追加させます。AとBに変わりが無ければBのページを捨てます。
    こんな感じで続けて行くと、最終的にBの中身がスカスカになると思います。そうした上でBを捨てます。
    あとはそもそもBのサイトにどれくらいアクセスやユーザーがいるのかも確認します。Google Analyticsで
    どこから来ているユーザーがどれくらいいるかによっても判断は変わると思います。
    一般検索からの流入は少ないけど、他の参照サイトや広告、SNS等からの流入は継続的にある、というのであれば
    Bは捨てずにリダイレクトしておいた方が良いですよね。
    BでSEO上成功しているページは既にAにコンテンツ移行しているはずですので、Bの要素のままランクインし続けて置きたければ
    リダイレクト設定します。その結果として、ドメインは残しておくかもしれません。
    ただ、BでSEO上成功しているページは既にAに移行済みですので、いずれAでランクインしてくると考えられますし
    思い切ってBを捨てるのもアリです。

    Bからの外部リンク効果は狙えないでしょう。運営元上、身内の推薦になるのでページランクはそもそも期待できません。
    ユーザーがそのリンクを本当に辿っているかの方が大事です。

    すみません。これ非常に大事な移行方法なので、かなりご説明がマニアックになっちゃうんです。
    もし本当にご入用でしたら、別途お問い合わせくださいませ。

    分野毎の場合は...単純に分野別にサブディレクトリとして展開し、トップページをホールディングスページ(造語ですw)みたいにしちゃうのも手ですね。

千葉 さん 2020/09/17 17:50 返信

はじめまして。法律事務所のサイト運営を任されているものとして非常に納得させられる記事でした。
現在、50~100記事程度のサイトをそれぞれ分野分け(相続・債務整理・離婚問題など)して約10サイトほどそれぞれ独自ドメインで運営していますが、じつはちょうど、一つのドメインにまとめようと考えていたところでした。
というのも、確かに法律分野では、それぞれの分野で独自ドメインで運営されているポータルサイトが上位表示されていることが多いのですが、ここ何回かのコアアップデートにより、単一ドメインで運営されているサイト、具体的には「リーガルモール」という法律サイトがかなり上位を占めるようになってきています。
もちろん1記事1記事のコンテンツの質が伴っていることが前提ですが、わざわざ分野ごとに独自ドメインを取得するのではなく、一つのドメインで「法律相談」というテーマを頂点としたサイトを制作していく方がSEOに強いのではないかと感じるようになってきました。
事実、このリーガルモール以外でも法律の分野で上位表示されているサイトの多くに、総合サイト(様々な法律分野が混じっているサイト。多くが法律事務所のサイト)が台頭してきています。
こういった点からも、複数ドメインでドメインパワーを分散させるよりも、一つのドメインにサイトを集約(結合)させて301リダイレクトをかけようという考えに至りました。

ここで一つ質問させて頂きたいのですが、1つのドメインにサイトを集約させる場合、wordpressのカテゴリで各分野を分けた方がいいのか、それとも、サブディレクトリで分けた方がいいのかを迷っております。
先ほどのリーガルモールではサブディレクトリではなくカテゴリで分野分けをしています。
私の考えでは、ビジュアル的に”それぞれ個別のサイト”のように見せたいのであればサブディレクトリ、そうでなければリーガルモールのようにカテゴリ分けでいいのかな?と考えております。
清野さんのこれまでのご経験から、SEO的にどちらの運営方法が良い、などのお考えがありましたがご教授いただけたら幸いです。

    清野@ふわふわビジネス 2020/09/17 19:03 返信

    千葉さま

    こんにちは。
    ご質問内容がいずれもサブディレクトリという見せ方としては同じですので、
    おそらく、WordPressならではの以下の方法についてご質問されているのかと思います。
    ①ワードプレスの1つのテーマでカテゴリー分けする手法。
    ②各分野でワードプレスのテーマを作って、サブディレクトリ化する手法。

    そして、私から申し上げますとご指摘の競合サイト(これもWPですね)はカテゴリー分けして
    展開しているようですが、この/category/という仮想ディレクトリは無駄なURLですので
    カスタムして削除したほうが良いですね。

    その上で、SEO上の見地で申し上げますと、単純に
    「1つのサイトなのに、サブディレクトリ単位でUIや内部リンク構造が破綻しているとGoogleが
    混乱して、正統な評価を受けづらいのではないか」という懸念があります。内部リンク構造が
    整わなくなっちゃいそうですよね。
    それよりもしっかりとパンくずで明記し(構造化データのマークアップ含め)内部リンク構造が
    整っているほうが正当な評価を受けやすいでしょう。

    また、ご質問に関する回答として一番の懸念は運用面です。
    ②にすると、それぞれでテーマやプラグインの更新管理を行うことになりますので管理が煩雑化
    するのではないでしょうか。

    ですので、今回の千葉さまのご質問に対する私の考えですと、①寄りになりますが、
    「サブディレクトリで運用しつつ(/category/不要)、カテゴリ単位で運用する。そしてそれぞれの
    カテゴリ内でテンプレート管理していくようWPをカスタムしていく」になります。

    そしてSEO上のアプローチとしては、トップページは指名検索程度の対応で
    後はサブディレクトリ単位で各ビッグワードとなる施策キーワードを考察していく、
    という感じですね。

    どうぞ宜しくお願い申し上げます。

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。