意外な流入クエリの成功事例

意外な流入クエリ」で私が仮説として”「よくある質問(FAQ)」コーナーを作って施策すれば良いのかな、と…。”と提案しました。そして、実際にご賛同いただいた企業様がいらっしゃいました。あれから約7ヶ月―。導入いただいて半年が過ぎた今、仮説はどうなったかご紹介します。
※ どういう仮説だったかをここでおさらいしますと長くなるので、「意外な流入クエリ」を再読くださいますと幸甚です。

良い感じ

ふわふわ

目下成功中!

サイトを立ち上げて、コンテンツページもままならなかったサイトだったのですが、仮説通り/faq/ディレクトリを作成し、新しく追加したコンテンツがどれくらい寄与したかをSearch Consoleで分かりやすく比較しました。

クエリを比較
 

流入数は大幅に増加しています。実施から半年後の8月(1ヶ月間)で比較しましたが、クエリ数も全体が124に対して、/faq/ディレクトリへのクエリ数は105と、9割近く占有しています。
細かいクエリを拾っている印象ですので、平均掲載順位もそこそこ高く、全体をけん引しています。

ふわふわ

SEOは縦にも横にも

このことからも分かるように、検索順位を上げるという縦軸のSEOだけでなく、クエリ数を増加させるという横軸のSEOも行っていくことで、結果的に縦横に伸びていき、一般検索からの流入を最大化できるわけです。

限定したビッグワードだけで(順位上昇だけを狙う)施策をするSEOですと、どうしても検索数自体やクリック率、順位変動等から流入数に大幅に影響します。しかしながら、こうした様々なクエリで施策をする縦横軸施策のSEOであれば、安定して様々な流入を期待できるわけです。

ふわふわ

ご検討ください

今回は私の仮説を実証できた結果を得られたので良かったです。
しかしながら、そもそもの母数が小さいサイト例でしたので、やはり様々な業界やアクセス数のサイトで検証していくことが必要です。

とは言っても、考え方ややり方自体はとても良い方向に進んでいる施策ですので、ぜひ皆様もお試しくださいませ。


関連記事

目次の順序はランキングに影響する?

コラム等の記事を読んでいると、どの記事も面白いように「とは」「種類」「メリットデメリット」「使い方」「注意点」の順番で目次設定されていて、その通りのストーリー順序で記事化されています。これは以前にも私は触れています。しかし、この順序はSEO評価(検索順位が上がりやすいこと)に繋がるのでしょうか。私の ...(続きを読む)

検索結果タイトル生成アップデート

Googleは米国現地時間8月24日、Webサイトページを検索結果に表示する際、タイトルを生成する新しいシステムを導入したと発表しました。記事内容を和訳しながらご紹介したいと思います。 検索結果表示のタイトルについて 元々、ずいぶん前からタイトルの書き換えは起こっていました。私も以前記事にしていまし ...(続きを読む)

Googleが検索の仕組みを案内

もう何度も何度も何度もGoogleは案内してきていると思いますが、改めてGoogleは「Google検索の仕組み」ページのデザインをリニューアルして公開しました。合わせてThe Keywordでもその内容を案内していますので、和訳してご紹介します。 Google検索の仕組みについて 新しくGoogl ...(続きを読む)

構造化データテストツールは別モノへ

2020年の7月に構造化データテストツールが廃止予定であることをGoogleは予告していました。要はリッチリザルトテストツールに統合されるという話でした。そして8月9日に構造化データテストツールはSchema.orgのテストツールとして変貌しました。 そもそもどうだったの? もともと、構造化データの ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。