スピードアップデート情報

※ 2018年7月3日現在での情報に改定しました。

今年1月にスピードアップデート導入の発表がありました。そして、いざ導入時期の7月になってみると…情報が追加されました。スピードアップデートは「表示速度があまりにも遅いサイトページが対象」ですが、「表示速度の改善に合わせて評価も徐々に改善できる」という情報が加わっています。

スピード

ふわふわ

参考記事

ふわふわ

どういうこと?

もともと当初の発表記事では以下のように記載されていました。

この“Speed Update” (と私たちは呼んでいます)は、ユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響し、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません。 そのページがどのような技術を用いて制作されたかに関係なく、すべてのページに同じ基準を適用します。

引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

つまり、本当に表示速度が遅いサイトページを対象に、それらのランキング評価を下げるというアルゴリズム定義でした。その後、Google金谷氏が以下のツイートをしています。

要は、例え表示速度が極端に遅く、ランキングが下げられても、表示速度を改善していけば、段階的にランキングも良くなっていくとのことです(理想的にはサイトオーナーは大幅に評価回復させたいと思うでしょうが…と捕捉しています)

↓このハングアウトでのジョン・ミューラー氏のコメントで「表示速度が速ければ速いほど評価が上がる」という解釈が広がってしまいましたが、それは間違いだったようです。

鈴木謙一氏も間違いを認めています(というよりは、ミューラー氏のあの発言ならそういう誤解を招きますよね…)。

ちなみにこのスピードアップデートの正確な導入日程は未定だそうですが、7月中に導入されるのは確かなようです。

ふわふわ

別に良いですけど…

いちいち「Googleの言ってることが紛らわしい!」と目くじらを立てる話でもないでしょうし、サイトオーナーにとってそもそも表示速度は「遅くならないようにする」のではなく「速くなるようにする」のが本筋ですから、真っ当にSEOと向き合っている人にとっては気にはならない話かもしれません。

でも、こうやって話がズレてしまうと、私のような立場の者が「今後Google側では○○な方針を行っていくようです」と言ったところで、「どうせそれまた解釈が変わるんじゃないの?」なんて返されてしまうようになったり…(笑)、意外と厄介なんですよね…。
結果、私が「いや、そもそもですね。目的と意図から考えれば…」なんてフォローじみた発言をしようものなら「正当化しようと屁理屈を並べている」とでも言いたげな顔をされたり…(笑)。まぁ、色んな方々がいらっしゃるので解釈も様々だとは思いますが、とりあえず表示速度は速くしていくようにしましょう。


関連記事

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

WebフォントとSEO

最近、5Gや表示速度、Core Web Vitals等に対する世間での意識が高まっているせいか、「Webフォントってどう思います?」というご質問をよくいただきますので、私なりの意見をご紹介しておこうかと思います。 Webフォントとは 今さらご説明も不要かと思いますが、Webサイトに表示するテキストフ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。