スピードアップデート情報

※ 2018年7月3日現在での情報に改定しました。

今年1月にスピードアップデート導入の発表がありました。そして、いざ導入時期の7月になってみると…情報が追加されました。スピードアップデートは「表示速度があまりにも遅いサイトページが対象」ですが、「表示速度の改善に合わせて評価も徐々に改善できる」という情報が加わっています。

スピード

ふわふわ

参考記事

ふわふわ

どういうこと?

もともと当初の発表記事では以下のように記載されていました。

この“Speed Update” (と私たちは呼んでいます)は、ユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響し、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません。 そのページがどのような技術を用いて制作されたかに関係なく、すべてのページに同じ基準を適用します。

引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

つまり、本当に表示速度が遅いサイトページを対象に、それらのランキング評価を下げるというアルゴリズム定義でした。その後、Google金谷氏が以下のツイートをしています。

要は、例え表示速度が極端に遅く、ランキングが下げられても、表示速度を改善していけば、段階的にランキングも良くなっていくとのことです(理想的にはサイトオーナーは大幅に評価回復させたいと思うでしょうが…と捕捉しています)

↓このハングアウトでのジョン・ミューラー氏のコメントで「表示速度が速ければ速いほど評価が上がる」という解釈が広がってしまいましたが、それは間違いだったようです。

鈴木謙一氏も間違いを認めています(というよりは、ミューラー氏のあの発言ならそういう誤解を招きますよね…)。

ちなみにこのスピードアップデートの正確な導入日程は未定だそうですが、7月中に導入されるのは確かなようです。

ふわふわ

別に良いですけど…

いちいち「Googleの言ってることが紛らわしい!」と目くじらを立てる話でもないでしょうし、サイトオーナーにとってそもそも表示速度は「遅くならないようにする」のではなく「速くなるようにする」のが本筋ですから、真っ当にSEOと向き合っている人にとっては気にはならない話かもしれません。

でも、こうやって話がズレてしまうと、私のような立場の者が「今後Google側では○○な方針を行っていくようです」と言ったところで、「どうせそれまた解釈が変わるんじゃないの?」なんて返されてしまうようになったり…(笑)、意外と厄介なんですよね…。
結果、私が「いや、そもそもですね。目的と意図から考えれば…」なんてフォローじみた発言をしようものなら「正当化しようと屁理屈を並べている」とでも言いたげな顔をされたり…(笑)。まぁ、色んな方々がいらっしゃるので解釈も様々だとは思いますが、とりあえず表示速度は速くしていくようにしましょう。


関連記事

Search Console Insightsがリリース

2020年8月にSearch Console Insightsのベータ版がリリースされていました。私はベータ版の対象者になっていたので、当時は詳細を紹介していました。これが米国現地時間2021年6月15日に正式にリリース紹介されましたので、あらためてご紹介します。ここ数日間をかけて徐々にロールアウト ...(続きを読む)

SEOが不要になる

私の個人的な意見です。個人的な意見というのは、確証が無い憶測での記事ということですので、ゆる~い感じでご覧いただければと思います。 SEOとはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」の訳ですが、このSEOについて、何か特別なマークアップ以外はもう考えなくて良く ...(続きを読む)

GSCのクエリフィルタリング機能更新

先日、Google Search Console内での検索パフォーマンスで正規表現フィルタが新機能として実装されたことをご紹介しましたが、その後この機能がアップデートされたと米国現地時間6月1日にGoogleは発表しました。発表内容は日本語ですが、ここでもご紹介します。 Googleからの発表内容 ...(続きを読む)

202106コアアップデート

Googleは米国現地時間6月2日にコアアップデートを行うことをツイートしました。前回が米国現地時間2020年12月3日でしたので、約半年後の告知となっています。コアアップデートの度にGoogleは2019年8月のブログ記事を引用して発表していますが、その記事の和訳は私のブログでこちらに記載していま ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。