続報「似ている商品」機能

つい先日「似ている商品」機能に関してこのブログで紹介させていただきました。Googleウェブマスター向け公式ブログでは、対象の商品ジャンルはハンドバッグとサングラスと靴ということでしたが、どうやら対象商品ジャンルが拡大されたようですので、私の珍発見と共にご紹介したいと思います。

生まれたて

ふわふわ

商品ジャンル追加?

恐らく、どんどん追加されていると思いますが、私が見る限り洋服や帽子、(ネックレス等の)装飾品、(ソファ等の)家具も追加されたようです。もうあらゆるジャンルに適用されていますね。玩具等はまだのようですが、今後物販に関わるモノは全て適用されると推察できます。

そんな中、私はあるTV番組のある登場人物名で画像検索した結果(検索動機は探らないでくださいw)、俳優さんの衣装に「似ている商品」機能が実装されているのを発見しました。

画像検索結果

スタイルのアイデアまで提案してくれています(笑)。

ふわふわ

精度が高いと解釈するか否か

パッと見、笑いと共にGoogleのこの「似ている商品」機能における精度の杜撰さを感じる人がいるかもしれません。でも、私は感心してしまいました。

前回もお伝えしましたように、「似ている商品」としてレコメンド表示させるにはschema.orgによる商品の構造化データマークアップが必要です。そのマークアップを受けて(検知して)Google側で「似ている商品」として表示させるわけです。

では、逆に起点となる画像はどうでしょうか。当然、今回のそもそもの画像の方には商品の構造化データマークアップはされていません。それでもこの「似ている商品」機能が発動したわけです。

発動元となっている画像では確かに“グレーの被り物”をしていますし、“服装をコーディネイト”していますので、似ている品物を表示させることも、他のスタイルアイデアを表示させることも理に適っていますよね…。

つまり、Googleには目があるというわけです。これは機能の精度が高いと解釈することもできますよね。

ふわふわ

利便性は?

今回、ユーザーとして不当に(笑)本機能を体験しましたが、全体的にこの機能はユーザーとしても使い勝手が良いですよね。

例えば「ゴールド△ダイヤモンド△ネックレス」が欲しくて、なんとなく画像検索しながら知見を高めたいと思った時、芋づる式に色々な画像を見ることで、どういったものがどれくらいの値段で存在するか、市場感覚を掴むことが出来ますからね。後は画像検索の更新頻度が高くなって情報鮮度が上がれば、非常に優れた機能だと思います。

ちなみに私はこの大仏カツラ…要りません(笑)。


関連記事

目次の順序はランキングに影響する?

コラム等の記事を読んでいると、どの記事も面白いように「とは」「種類」「メリットデメリット」「使い方」「注意点」の順番で目次設定されていて、その通りのストーリー順序で記事化されています。これは以前にも私は触れています。しかし、この順序はSEO評価(検索順位が上がりやすいこと)に繋がるのでしょうか。私の ...(続きを読む)

検索結果タイトル生成アップデート

Googleは米国現地時間8月24日、Webサイトページを検索結果に表示する際、タイトルを生成する新しいシステムを導入したと発表しました。記事内容を和訳しながらご紹介したいと思います。 検索結果表示のタイトルについて 元々、ずいぶん前からタイトルの書き換えは起こっていました。私も以前記事にしていまし ...(続きを読む)

Googleが検索の仕組みを案内

もう何度も何度も何度もGoogleは案内してきていると思いますが、改めてGoogleは「Google検索の仕組み」ページのデザインをリニューアルして公開しました。合わせてThe Keywordでもその内容を案内していますので、和訳してご紹介します。 Google検索の仕組みについて 新しくGoogl ...(続きを読む)

構造化データテストツールは別モノへ

2020年の7月に構造化データテストツールが廃止予定であることをGoogleは予告していました。要はリッチリザルトテストツールに統合されるという話でした。そして8月9日に構造化データテストツールはSchema.orgのテストツールとして変貌しました。 そもそもどうだったの? もともと、構造化データの ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。