続報「似ている商品」機能

つい先日「似ている商品」機能に関してこのブログで紹介させていただきました。Googleウェブマスター向け公式ブログでは、対象の商品ジャンルはハンドバッグとサングラスと靴ということでしたが、どうやら対象商品ジャンルが拡大されたようですので、私の珍発見と共にご紹介したいと思います。

生まれたて

ふわふわ

商品ジャンル追加?

恐らく、どんどん追加されていると思いますが、私が見る限り洋服や帽子、(ネックレス等の)装飾品、(ソファ等の)家具も追加されたようです。もうあらゆるジャンルに適用されていますね。玩具等はまだのようですが、今後物販に関わるモノは全て適用されると推察できます。

そんな中、私はあるTV番組のある登場人物名で画像検索した結果(検索動機は探らないでくださいw)、俳優さんの衣装に「似ている商品」機能が実装されているのを発見しました。

画像検索結果

スタイルのアイデアまで提案してくれています(笑)。

ふわふわ

精度が高いと解釈するか否か

パッと見、笑いと共にGoogleのこの「似ている商品」機能における精度の杜撰さを感じる人がいるかもしれません。でも、私は感心してしまいました。

前回もお伝えしましたように、「似ている商品」としてレコメンド表示させるにはschema.orgによる商品の構造化データマークアップが必要です。そのマークアップを受けて(検知して)Google側で「似ている商品」として表示させるわけです。

では、逆に起点となる画像はどうでしょうか。当然、今回のそもそもの画像の方には商品の構造化データマークアップはされていません。それでもこの「似ている商品」機能が発動したわけです。

発動元となっている画像では確かに“グレーの被り物”をしていますし、“服装をコーディネイト”していますので、似ている品物を表示させることも、他のスタイルアイデアを表示させることも理に適っていますよね…。

つまり、Googleには目があるというわけです。これは機能の精度が高いと解釈することもできますよね。

ふわふわ

利便性は?

今回、ユーザーとして不当に(笑)本機能を体験しましたが、全体的にこの機能はユーザーとしても使い勝手が良いですよね。

例えば「ゴールド△ダイヤモンド△ネックレス」が欲しくて、なんとなく画像検索しながら知見を高めたいと思った時、芋づる式に色々な画像を見ることで、どういったものがどれくらいの値段で存在するか、市場感覚を掴むことが出来ますからね。後は画像検索の更新頻度が高くなって情報鮮度が上がれば、非常に優れた機能だと思います。

ちなみに私はこの大仏カツラ…要りません(笑)。


関連記事

Search On 2020の内容

米国現地時間10月15日にGoogleがオンライン開催したSearch On 2020。このフォローアップ記事がThe Keywordに掲載されていますので、和訳しながらご紹介したいと思います。結構長いので、挫けず頑張ります...。 The Keywordより ブログ掲載されている内容をまずは和訳し ...(続きを読む)

文節(passages)単位でマッチング

Googleは検索クエリに対するマッチングとして、ただのページ単位での概念でなく、コンテンツの一節のみでも最適な回答になっていると判断した場合、検索上位に影響してくる旨を発表しました。Search Onのイベント内で発表したようですが、Twitterでもフォローアップしていましたので、ご紹介したいと ...(続きを読む)

今後のコンテンツと目次

Googleのニューラルマッチングシステムの技術により、検索クエリを通して検索者を理解する概念が高まっています。検索者を理解する概念というのは、つまり「どんな人によるニーズか」という概念です。そして、その概念が、(今度はRankBrainによって概念化された)コンテンツとどうマッチングして検索ランキ ...(続きを読む)

鼻歌検索

いよいよGoogle検索を通して鼻歌で曲を探すことができるようになりました。(Googleアシスタント等に入力される)音声検索で音の連鎖でマッチングした結果を表示するようです。米国現地時間10月15日にGoogleが発表しました。 Googleの発表内容 The Keywordで発表されたGoogl ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。