検索位置情報が強化?

昨年末頃から、ベニスアップデートが強まったというか…何となくO2Oクエリ(Online to Offlineクエリ:実店舗等を促すようなクエリ)で順位変動が激しいような印象を受けていますので、ちょっとご紹介したいと思います。

地図

ふわふわ

ベニスが強化?

2014年12月頃に強化されたベニス・アップデート(地域依存性の高いキーワード検索が行われた時に、検索利用者の現在地に関連する情報を優先表示するアルゴリズムの更新)ですが、ここ数ヶ月で、以下のようなクエリでの検索変動が見受けられます。

  • 「賃貸」等の不動産系
  • 「保険窓口」「法律相談」等の訪問先系
  • 「○○ 求人」等の就職先系

私はこういったクエリを勝手にO2Oクエリと呼んでいます(笑)。

こういったクエリにおいて、従来であれば(そのクエリでSEO施策をしているサイトの)トップページがランクインしていましたが、最近では(そのクエリでSEO施策をしているサイトの)検索位置情報の該当エリアページがランクインするようになりました。

つまり、例えば新宿のIPアドレスで「賃貸」と検索するのは、「賃貸△新宿」と検索しているのと同じような検索結果になるということです。もちろん実際に検索いただければまだまだ検索結果が違うこともお分かりいただけますが、以前と比較すると類似してきています。

結果、O2Oクエリの場合、エリアを検索語句に入れなくても、検索位置情報の該当エリアページのSEO力が弱いページは検索順位が下落し、検索位置情報の該当エリアページのSEO力が強いページが検索順位上昇しています。

ベニスによるサンプル①

ベニスによるサンプル②

ベニスによるサンプル③

クエリ種別単位で検索順位変動時期は異なりますが、大体2016年12月中旬~2017年2月中旬にかけて変化しているのが分かります。

ふわふわ

今後考えられる施策要素

エリア語句を含まないO2Oクエリでの検索順位上昇を狙うのであれば、商圏に合わせて各エリアの該当ページをしっかりとオリジナルに作り込んでいくことで、例えば ○○○.jp/tokyo とか ○○○.jp/tokyo/shinjuku 等のページがランクインするようにコンテンツと内部リンク構造を整えていく必要があるのではないかと考えています。

少なくとも、各エリアを自動生成でページ化するようなサイトでは、今後こういったクエリでのサイト集客が見込みづらくなってくると思いますのでお気を付けください。


関連記事

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

About This Result機能の更新情報

まだ日本には導入されていませんが、既に英語圏では「About This Result(この検索結果について)」機能が実装されています。今回はこの機能によって知り得る情報に新しい情報が追加されたとのことで、The Keywordでその説明がされています。この「About This Result」機能は ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。